メインコンテンツにスキップ
お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
Workflows

一般的なワークフローエラーのトラブルシューティング

更新日時 2022年 7月 19日

対象製品

Marketing Hub Professional, Enterprise
Sales Hub Professional, Enterprise
Service Hub Professional, Enterprise
Operations Hub Professional

ワークフローダッシュボードから、登録されたレコードでエラーが発生したワークフローのリストを表示します。そこから、ワークフローに移動してエラーを修正できます。

レコードが登録されていない理由を知りたい場合は、代わりにワークフローの登録に関するトラブルシューティングの詳細をご覧ください。  

エラーのあるワークフローを特定する 

エラーのあるワークフローを表示するには:

  • HubSpotアカウントにて、[自動化] > [ワークフロー]の順に進みます。
  • いずれかのワークフローにエラーがある場合、[ワークフローにエラーがある]タブに赤いインジケータが表示されます。ワークフローを表示するには、[エラーのあるワークフロー]タブをクリックします。 

  • 以下の一般的なワークフローエラーを確認してください。エラーは、ワークフローの設定方法または登録されたレコードの問題によって引き起こされる可能性があります。
    • ワークフローに関連付けられたエラーを修正するには、右上の[編集]をクリックしてワークフローエディターにアクセスします。
    • レコードに関連付けられたエラーを修正するには、レコードの名前をクリックしてオブジェクトレコードにアクセスします。

このタブから手動でワークフローを削除したり、ワークフロー内の既存のエラーを削除することはできません。[ワークフローにエラーがある]タブからワークフローを削除するには、ワークフロー内のすべてのエラーを解決する必要があります。ワークフローが今後7日間にわたって新しいエラーが発生しない場合、[エラーが発生したワークフロー]タブから表示されなくなります。

ワークフローエディタでのワークフローのアラートとエラーを理解する

ワークフローエディターから、変更が必要なアクションやエラーが発生したアクションを確認できます。

  • HubSpotアカウントにて、[自動化] > [ワークフロー]の順に進みます。
  • Workflows with errors ]タブクリックします。 
  •  ワークフローにカーソルを合わせ、[ 編集]をクリックします。
  • ワークフローエディタの左上にある[アラート]をクリックします。エラーや変更が必要なワークフローアクションのリストが表示されます。  


  • アラートの詳細を表示するには、アクションに関連する変更またはエラーをクリックします。
  • 右側のパネルで、選択したアクションに必要な変更または最近のエラーを表示します。
    • 必要な変更:アクションを正しく実行するために必要な変更を確認します。たとえば、[メールを送信]アクションで自動メールを公開するなどです。 
    • 履歴の最近のエラー:先週のエラーをエラータイプでグループ化して確認します。
      • このワークフローのすべてのエラーを表示するには、[履歴のすべてのエラーを表示]をクリックします。アクションログが表示され、すべてのエラーが表示されます。
      • 特定のエラーのインスタンスを表示するには、先週[発生回数]をクリックします。アクションログは、この特定のエラーのインスタンスにフィルタリングされて表示されます。
     

既存のエラーを消去することはできません。アクションのすべてのエラーを解決する必要があります。今後7日間、アクションに新しいエラーが発生しない場合、アクションのパネルから削除され、アラートから削除されます。  

一般的なワークフローエラー 

次に、発生する可能性のある一般的なワークフローエラーと、解決のための典型的な手順を示します。ワークフローまたはレコードを更新したら、連絡先を再度手動でワークフローに登録してみることができます。 

ERROR エラーの意味 エラーを解決する手順
取引先責任者/会社/取引がターゲットレコードに関連付けられていないため、プロパティを設定できませんでした Setプロパティ値またはCopyプロパティ値アクションが実行しようとしていますが、更新する関連レコードがありません。

たとえば、取引先責任者ベースのワークフローとコピープロパティ値アクションを使用して、業界のプロパティを取引先責任者の関連会社にコピーしているが、取引先責任者に関連会社がない場合などです。 
個々のレコードについては、再度登録する前に、登録したレコードをターゲットレコードに手動で関連付けることができます。このエラー

を回避するために、登録トリガーにAND条件を追加して、関連付けられたターゲットレコードを持つレコードのみが登録されるようにすることができます。たとえば、取引先責任者ベースのワークフローでは、会社IDが既知であるという基準を使用できます。 


連絡先は会社IDに関連付けられていません 上記と同様に、取引先責任者ベースのワークフローで[会社のプロパティの値をコピー]アクションを使用している場合、このエラーが発生しますが、取引先責任者には関連会社がありません。 
ライフサイクルステージは逆に設定されていたため、更新できませんでした Setプロパティ アクションは、レコードの既定のライフサイクルステージプロパティを目標到達プロセスのさらに下の値にのみ設定できます。

このエラーは、ワークフローがリードから加入者など、レコードのライフサイクルステージプロパティを逆に設定しようとしている場合に発生します。ライフサイクルステージの使用について

詳しくは、こちらをご覧ください。 
レコードのライフサイクルステージを現在のライフサイクルステージに関係なく特定の値に設定するには、まず[クリアプロパティ値] アクション使用ます。 


非マーケティング連絡先であるため、連絡先にメールが送信されませんでした  ワークフローの[メールを送信]アクションは、マーケティング連絡先でのみ実行できます。マーケティング担当者について

詳しくは、こちらをご覧ください。 

このワークフローに既存のマーケティング連絡先のみを登録して電子メールで送信するには、登録トリガーにAND条件を追加して、マーケティング連絡先のマーケティング連絡先ステータスプロパティのみを持つ連絡先を登録できます。

このメールをワークフローに登録されているすべての連絡先に送信するには、[メールの送信]アクションの前に[マーケティング連絡先のステータスを設定]アクションを追加して遅延させることができます。このアクションは、マーケティング連絡先の数を増やし、請求に影響を与える可能性があることに注意してください。 


以前にこのサブスクリプションタイプから配信解除済み このエラーは、次の2つの理由で発生する可能性があります。 
  • 以前に手動でメールの購読を解除した連絡先。 
  • このポータルはGDPR機能を有効にしており、連絡先は電子メールの必須サブスクリプションにオプトされていません。   
この場合、解決策はエラーの原因に依存します。
この受信者への電子メールは以前にバウンドしました この連絡先のメールアドレスに以前送信されたメールは返信されませんでした。電子メールのバウンスの種類

詳細については、こちらをご覧ください。  
連絡先のメールアドレスが有効であることを確認します。その場合は、レコードからハードバウンスを手動で削除して、もう一度メールを送信してみてください。

自動メールを再送信することはできませんが、次のことができます。
このメールはHubSpotによってレビューされているため送信されませんでした  HubSpotの自動セキュリティツールは、このメールを確認するためにフラグを立てました。  EメールはHubSpotのコンテンツモデレーションチームによって審査されます。この審査には最大48時間かかる場合があります。 
  • EメールがHubSpotの許容使用ポリシーに違反していない場合、Eメールは自動的に送信されます。
  • 電子メールがHubSpotの許容使用ポリシーに違反していると判断された場合、電子メールは停止されます。  
このメールはHubSpotによってブロックされているため送信されませんでした  確認の結果、このメールはHubSpotの許容使用ポリシーに記載されているポリシーに違反していると判断されました。  HubSpotの許容使用ポリシーに違反する可能性のあるコンテンツを削除するには、メールを確認して更新してください。自動メールを更新した

後、特定の連絡先にメールを送信する場合は、次のことができます。 
受信者はエンゲージメントが少ないため、抑制されました 次のいずれかでグレイメール抑制が有効になっています。
  • 特定の自動化された電子メール
  • アカウントのマーケティングメール設定 

HubSpotのグレイメールとエンゲージされていない連絡先の詳細については、こちらをご覧ください。 

エンゲージされていない連絡先に電子メールを送信するには、グレイメール抑制がオフになっていることを確認してください。

まず、ワークフローの自動電子メールの[送信]タブで[エンゲージされていない連絡先に送信しない]チェックボックスがオフになっていることを確認します。


 その後、アカウントのマーケティングメールのサブスクリプション設定で[エンゲージしていない連絡先に送信しない]スイッチがオフになっていることを確認します。 

過去に実行されたため、アクションはスキップされました ワークフローは、日付または日付プロパティの取引先責任者ベースのワークフローのセンターであり、取引先責任者は、アクションの設定された日付が過ぎた後に登録されました。

たとえば、ワークフローが11月11日に電子メールを送信するように設定されているが、連絡先が11月12日の実行日以降に登録されている場合。   
特定の日付にトリガされるアクションを持つワークフローの場合は、このエラーを無視できます。登録された連絡先は、次の使用可能なアクションにスキップされます。顧客

の誕生日や記念日に電子メールをトリガーするなど、繰り返しの目的を持つワークフローの場合、ワークフローを毎年繰り返すように設定できます。これにより、顧客はワークフローに登録し、いつ登録されたかに関係なくすべてのワークフローアクションを実行できます。  

時間枠外設定.[新しい日時]に予定を変更しました ワークフロー設定を実行するアクションの回数が特定のタイムフレームに設定されていますが、登録されたレコードはこのタイムフレーム外でアクションに達しています。 ワークフローアクションをいつでも実行できるようにするには、ワークフローエディタで次の手順に従います。
  • [設定]タブをクリックします。
  • [アクションを実行する時間]で、[いつでも]を選択します。 

あるいは、特定の時間枠でのみ実行するアクションを希望する場合は、エラーを無視することができ、アクションは次の対象となる日時に実行されます。 

 

Was this article helpful?
This form is used for documentation feedback only. Learn how to get help with HubSpot.