メインコンテンツにスキップ
お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。

有料シートと権限を管理する

更新日時 2023年 8月 31日

以下の 製品でご利用いただけます(別途記載されている場合を除きます)。

すべての製品とプラン

HubSpotアカウントのスーパー管理者であれば、ユーザーのアクセスレベルを設定するためにシートを割り当てることができます。これにより、データやアセットの参照のみを必要とするユーザーには無料の参照のみのアクセスを付与し、HubSpotを日常的に使用するユーザーには有料のフルアクセスを付与することができます。また、各ユーザーの権限をカスタマイズして、特定のツールや機能に対して細かくアクセス権を付与できます。

ご利用のサブスクリプションレベルによって、割り当て可能なシートの既定数が決まります。以下では、シートを割り当てた新規ユーザーの作成、既存ユーザーのシート管理、シートの追加購入、契約レベルのアップグレードの方法について説明します。 

注:この記事は、HubSpotの新しい価格モデルのオーストラリア・ニュージーランドパイロット版に参加しているユーザー向けです。

ユーザーを追加および管理する

「ユーザーの追加と編集」権限および「請求の変更」権限の両方を持つユーザーは、配信登録に含まれる有料機能へのアクセス権を他のユーザーに付与できます。ユーザーにアクセス権を与えるたびに、1つのシートを割り当てることになります。

ユーザーを追加する

  • HubSpotアカウントにて、メインのナビゲーションバーに表示される設定アイコンsettingsをクリックします。
  • 左のサイドバーメニューで、[ユーザーとチーム]に移動します。
  • 右上の[ユーザーを作成]をクリックします。
  • ユーザーは、次のどの方法でも追加することができます。
    • 追加するユーザーのEメールアドレスを[Eメールアドレスを追加]フィールドに入力します。複数のユーザーを同時に追加する場合は、Eメールアドレスをカンマまたはスペースで区切って入力します。
    • CSVファイルからユーザーをインポートします。Excelにユーザーの「Eメールアドレス」が記入された列を追加し、ファイルをCSV形式で保存します。[CSVファイル]をクリックしてから、インポートするCSVファイルをドラッグ&ドロップするか、[ファイルを選択]をクリックしてコンピューターのファイル一覧から選択します。
    • Salesforceとの連携を有効にしている場合(「Professional」および「Enterprise」の場合のみ)、Salesforceからユーザーをインポートできます。[Salesforceレコード]をクリックします。既定では、全てのSalesforceユーザーがインポートの対象として選択されます。インポートしないユーザーの横にあるチェックボックスをオフにします。

注:

  • 1つのCSVインポートで追加できるユーザー数は100人までです。100人を超えるユーザーをインポートする場合は、複数回に分けてインポートする必要があります。
  • 複数のユーザーを追加した場合は、選択したユーザー権限が全てのユーザーに一括で適用されます。

 

  • [次へ]をクリックします。
  • ユーザーのアクセスレベルの設定」ページで、「シートを割り当てる」をクリックしてセクションを展開します。
  • シート指定ドロップダウンメニューをクリックし、ユーザーの正しいシートタイプを選択します:
    • Core Seat:所有するすべての機能とツールにアクセスできる。マーケティングハブ , CMS Hub , オペレーションHub , Sales Hub Starter(Sales Hub ・ Starter , ServiceHub Starterまたは、プラットフォーム機能を共有する。コアシートは有料シートです。提供されるアクセスレベルは、ご使用の最上位エディションのHubに基づいて決まります。
    • 表示のみのシート:ユーザーは、HubSpotアカウントに含まれる一部のツールを表示できます。閲覧専用シートは有料シートではないため、ユーザーはアカウント内の情報を作成、公開、編集、保存、削除することができず、アカウントアクセス権限やスーパー管理者権限を持つことはできません。このシートタイプは、レポートを閲覧したり、データを収集したり、管理作業を行ったりするために、HubSpotには時々アクセスするだけでよいユーザーに適しています。
    • 販売またはサービスシート ( Sales Hub(Sales Hub またはサービスHubProfessionalまたはEnterpriseのみ):コアシートの機能とツール、および1対1の顧客コミュニケーションを促進する追加の販売・サービスツールを利用することができます。
    • パートナーシート:パートナーおよびプロバイダーの従業員は、クライアントのアカウントにあるすべての機能にアクセスできます。これは無料のシートで、ソリューション・パートナーまたはプロバイダーの従業員を追加する場合にのみ利用できます。
      • パートナーシートを持つユーザーには、Partner Admin権限テンプレート権限セットアップ中にを割り当てることができます。この権限テンプレートは、Super Admin 権限テンプレートのすべての重要な機能に、マルチアカウント従業員管理機能を追加したものです。ソリューション・パートナーまたはプロバイダーの社員をスーパー管理者からパートナー管理者に移行する方法の詳細については、こちらをクリックしてください。
      • ソリューションパートナーがスーパー管理者のままであれば、HubSpotアカウントでは通常のクライアントと同じように扱われます。つまり、Sales Hub & Service Hub機能へのアクセスなど、パートナーシートによるパートナー独自の特典を請求できなくなります。

注:

 

select-a-seat

  • 次に、[アクセス範囲を狭くする方法を選択]をクリックします。次のいずれかの権限設定オプションを選択します。
    • [アクセス範囲を狭くしない]:ユーザーには、選択されたシートに基づくHubSpotの既定の権限が付与されます。
    • テンプレートから始める:ユーザーは、ユーザーの職務機能に基づいてテンプレート化された権限セットを割り当てることができます。
      • [既定の権限セットを使用してアクセス範囲を狭くする]をクリックして、テンプレート選択セクションを展開します。
      • [テンプレートを選択]ドロップダウンメニューをクリックし、既定の権限セットを選択します。
      • [権限を使用してアクセス範囲を狭くする]をクリックして、選択したテンプレートの権限カスタマイズセクションを展開します。必要に応じて、権限セットをさらにカスタマイズします。
    • [ゼロから始める]:HubSpotの権限の内訳を確認し、新しいユーザーに許可するアクセスをカスタマイズします。

choose-how-to-narrow-access

  • [アクセス権を確認]をクリックして、確認セクションを展開します。さらに変更が必要な場合は、前のセクションに戻ります。
  • [次へ]をクリックします。
  • 既定ではHubSpotから新しいユーザーに対し、パスワード設定リンクが記載された招待Eメールが送信されます。ユーザーがすでに別のアカウントでHubSpotパスワードを設定している場合、[これらのユーザーがHubSpotに追加されたときに招待Eメールを送信しません。これらのユーザーは引き続きログインしたアカウントにアクセスできます。]チェックボックスをオンにすることにより、招待Eメールの送信を省略できます。
  • 権限を確認してから、[ユーザーを作成]をクリックします。
  • 招待リンクの送信、ユーザーのチームへの追加、プリセット設定を使用したユーザーのセットアップなどのユーザーの設定ができます。
    • 新規ユーザーに招待リンクを送信するには、[招待リンクをコピー]をクリックします。新規ユーザーがアカウントをセットアップする際には、ユーザーの設定時に追加されたものと同じEメールアドレスを使用する必要があります。
    • 新しいユーザーをチームに追加するには、[ユーザーをチームに追加]のドロップダウンメニューを使用します。
    • プリセット設定を使用して新規ユーザーをセットアップするには、[プリセットを使用してユーザーをセットアップ]で、[プリセットを使用してユーザーをセットアップ]をクリックし、[プリセット]ドロップダウンメニューをクリックします。プリセットの作成の詳細をご確認ください。

新しいユーザーに、パスワードを設定してログインできる招待Eメールが送信されます。ウェルカムEメールが5分以内に新しいユーザーに届かない場合は、トラブルシューティング手順を参照してください。ユーザーを作成する際に[これらのユーザーがHubSpotに追加されたときに招待Eメールを送信しません。これらのユーザーは引き続きログインしたアカウントにアクセスできます。]チェックボックスをオンにした場合、ユーザーにはEメールが送信されません。

ユーザーがアカウントに追加されて、自分のパスワードを設定すると、リードの割り当て通知などの通知を受信できるようになります。ユーザーはログインし、通知プロファイルと設定をセットアップして、通知を管理できます。

既存のユーザーを管理する

既存ユーザーのシートと権限を管理し、アカウント内のツールへのアクセス権を変更または取り消すことができます。

  • HubSpotアカウントにて、メインのナビゲーションバーに表示される設定アイコンsettingsをクリックします。
  • 左のサイドバーメニューで、[ユーザーとチーム]に移動します。
  • [ユーザー]タブには、ユーザー、所属するチーム、アクセスレベルとシートタイプ、最終アクティブ日の一覧が表示されます。ユーザーのアクセス設定を編集するには、そのユーザー名前をクリックします。
  • 必要に応じて、ユーザーの設定を変更します。 
    • チームまたはプリセットでユーザーを追加または削除するには、名前のドロップダウンメニューをクリックします。
    • ユーザーの権限履歴の表示、ユーザーのパスワードのリセット、ユーザーのスーパー管理者の役割の解除、ユーザーの無効化、またはアカウントからのユーザーの削除を行うには、[アクション]ドロップダウンメニューをクリックし、実行するアクションをクリックします。

edit-user

    • ユーザーのシート割り当てを変更するには、[シートを割り当てる]をクリックしてセクションを展開します。シート指定ドロップダウンメニューをクリックして、シートを変更することができます。シートの割り当てを完全に解除するには、[表示専用シート]をクリックします。サブスクリプションで追加シートを購入またはシートを削除する方法をご確認ください。

edit-user

  • [保存]をクリックします。

シートの請求を管理する

有料シートを追加または削除する

「請求の変更権限」を持つユーザーは、有料シートを追加または削除して、ユーザーに割り当てることができるシートの数を変更できます。有料シートが削除されると、次のサブスクリプション期間が開始される更新日以降に請求内容が調整されます。現在ユーザーに割り当てられているシートは、アカウントから削除することができません。有料シートの割当てを解除する方法をご確認ください。

シートを追加または削除する際には、請求と支払いの影響の詳細をご確認ください。詳細については、HubSpotの営業チームにお問い合わせください。

ユーザーシートを追加または削除するには、次のようにします。

  • HubSpotアカウントにて、メインのナビゲーションバーに表示される設定アイコンsettingsをクリックします。
  • 左のサイドバーメニューで、[ユーザーとチーム]に移動します。
  • 上部メニューの「シート」タブをクリックします。自分のアカウントに登録されているユーザーのシート割り当て、招待状況、最終アクティブ日を確認できます。特定のユーザーを表示するには、テーブルの上部にある検索バーとフィルターを使用します。

add-or-remove-seats

  • シートを追加する場合:
    • 購入したいシートの種類の下にある「シートを追加する」をクリックします。
    • シート購入ページで、上矢印をクリックしてシート数を増やし、「今すぐ購入する」をクリックします。

add-seats

  • 未割り当てのシートをアカウントから削除する場合:
    • 未割り当てのシートを削除する」をクリックすると、「アカウント& 請求」画面の「契約」タブに移動します。
    • サブスクリプション名またはシートタイプの横にある[未割り当てのシートを削除]をクリックします。
remove-unassigned-seats-account-and-billing
    • ダイアログボックスで、矢印を使用して、削除する未割り当ての有料シートの数を指定します。「現在のサブスクリプション」には、現在所有しているシートの数が示され、[自動更新]ボックスには、次のサブスクリプション期間の開始時に有効になる請求の調整が反映されます。

how-many-seats-do-you-want-to-remove

    • 変更を確定する場合は、[シートを削除する]をクリックします(#)。
    • 変更を示す確認が表示されます。[閉じる]をクリックしてダイアログボックスを閉じます。
    • シートの削除を予約すると、予約の横に確認が表示されます。シートの削除を取り消すには、[この削除をキャンセル]をクリックします。[この削除をキャンセル]をクリックして、この削除を取り消すことを確定します。

注:ダウングレード発効日前にキャンセルした有料シートを再度割り当てると、ダウングレードはキャンセルされます。

サブスクリプションを購入またはアップグレードする

HubSpotの価格表ページでは、各サブスクリプションティアで提供される全サービスの一覧の確認、製品トライアルの開始、アカウントのアップグレードができます。

注:既存のアカウントに参加する場合は、チームのスーパー管理者に依頼して、チームに追加してもらうようにしてください。

  • ご使用のHubSpotアカウントで、右上に表示されているアカウント名をクリックし、[価格と機能]をクリックすると、アカウント内のアップグレードオプションが表示されます。HubSpotアカウントをお持ちでない場合は、HubSpotの価格表ページをご覧ください。
  • 各プラットフォームソリューションと製品の価格オプションを見るには、左のナビゲーションタブをクリックして、ご希望のオプションを探してください。
  • 個別のサブスクリプションの購入またはサブスクリプションのアップグレードをご希望の場合は、[今すぐ購入]または[営業担当者に相談する]をクリックしてください。
products-and-plans-example

 

  • のサブスクリプションバンドルおよび製品追加オプションの購入またはアップグレードのため。Marketing Hub(Marketing Hub , Sales Hub(Sales Hub , サービスHub , CMS Hub であり、またオペレーションHubバンドル作成 ]タブで、各製品と追加オプションの横にあるチェックボックスをクリックします。[今すぐ購入]または[営業担当者に相談する]をクリックして、購入プロセスを開始できます。

select-products-and-add-ons

  • [今すぐ購入]をクリックすると、チェックアウトプロセスが開始されます。画面の指示に従って、購入を完了します。[営業担当者に相談する]をクリックした場合は、HubSpotの営業担当者に、電話またはメッセージでサブスクリプションについて相談できます。

注:クレジットカードは、購読期間中に請求期間に応じて課金されますので、有効なカードを登録しておく必要があります。購入後、アカウントの設定でクレジットカード情報を更新できます。

 

この記事はお役に立ちましたか?
こちらのフォームではドキュメントに関するご意見をご提供ください。HubSpotがご提供しているヘルプはこちらでご確認ください。