メインコンテンツにスキップ
お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
Reports

カスタムレポートビルダーでマーケティングEメールを分析する(BETA)

更新日時 2023年 1月 21日

In Beta

対象製品

Marketing Hub Professional, Enterprise
Sales Hub Professional, Enterprise
Service Hub Professional, Enterprise
Operations Hub Professional, Enterprise
CMS Hub Professional, Enterprise

カスタムレポートビルダーでマーケティングメールを分析する際、CRMレポートとともに、開封率やクリック率などのメールパフォーマンス指標にアクセスできます。

レポートの作成

  • HubSpotアカウントにて、[レポート] > [レポート]の順に進みます。
  • 右上の「レポートの作成」をクリックします。
  • Build from scratch セクションで、Custom Report Builderをクリックします。 
  • データソースドロップダウンメニューに、3つのマーケティングEメールソースが表示されます。
    • マーケティング用Eメール。件名キャンペーン名、送信者の詳細など、Eメールのプロパティーデータ。
    • マーケティングEメール活動。個々のマーケティングEメールイベント。
    • マーケティングEメール分析:複数の Eメールイベントのデータ表。

select-email-marketing-data-source-1(セレクト・メール・マーケティング・データ・ソース)。

  • マーケティング Eメール分析」を選択します。次に、レポートに使用するその他のデータソースを選択します。データソースの選択についてはこちらをご覧ください。
  • 左側のパネルで、検索バーを使用し、参照ドロップダウンメニューをクリックするか、フィルタフィールドアイコンをクリックし、追加したいフィールドのあるデータソースを選択します。プロパティーにカーソルを合わせ、[アクション]をクリックします。verticalMenuプロパティーの詳細と説明を表示および編集するには、[ アクション ]をクリックします。
  • マーケティングEメールの解析プロパティーは以下の通りです。
    • バウンス日:マーケティング Eメールが最初にバウンスされた日。
    • 配信日:マーケティングEメールの初回配信日。
    • 初回クリック日:マーケティングEメールのリンクが最も早くクリックされた日。
    • 初回開封日:マーケティングEメールを最も早く開封した日。
    • 初回返信日:マーケティングEメールに最も早く返信があった日。
    • 最終クリック日:マーケティングEメールの直近のリンククリックの日付。
    • 最終開封日:マーケティングEメールを直近で開封した日付。
    • 最終返信日:マーケティングEメールに直近で返信した日。
    • マーケティング Eメールのバウンス数:マーケティングEメールのバウンスの全体数です。
    • マーケティング Eメールのクリック数:マーケティングEメールのクリック数の全体数。
    • マーケティング E メール開封数:マーケティングEメールの全体的な開封数です。
    • マーケティング E メール返信数:マーケティングEメール返信の全体数。
    • マーケティング Eメール送信数:マーケティングEメール送信の全体数。
    • Marketing email unique clicked:マーケティングEメールがクリックされたユニークな回数。
    • マーケティング E メール開封数:マーケティングEメールの開封数をユニークにカウントしたもの。
    • Marketing email unique replied:マーケティングEメールの返信のユニークカウント。
    • 送信日:マーケティングEメールが送信された日。
  • 左サイドバーからチャンネルのスロットにフィールドをクリックしてドラッグし設定タブで、またはverticalMenuアクション > [X]に追加します。
  • レポートのビジュアライゼーションを設定します。
  • レポートを保存します。

カスタムレポートビルダーを使ったレポート作成についてはこちらをご覧ください。

レポート例

カスタムレポートビルダーでマーケティングEメールを分析する方法を以下にご紹介します。

予算別キャンペーン開封率

以下の設定により、キャンペーンの開封率を予算別に表示します。

  • チャートの種類:エリア
  • X軸:納品日。
  • Y軸:マーケティングEメールの開封率。
  • 内訳:キャンペーン予算

予算別オープンレート

時間帯別Eメールパフォーマンス率

以下の設定で、1日のうち時間帯別のEメールのパフォーマンス率を表示します。

  • チャートの種類:ピボットテーブル
  • 行数 : 納品された日付で、日付部分が Hour of dayになっているもの。
  • 値:マーケティングEメール配信率、マーケティングEメール開封率、マーケティングEメールクリック率、マーケティングEメール返信率。
  • フィールド:キャンペーン名。

時間帯別Eメールパフォーマンス率

クリック率上位10社のターゲットアカウント

以下の設定により、クリック率上位10件のターゲットアカウントを表示します。

  • チャートの種類:ピボットテーブル
  • :会社名。
  • 値:マーケティングEメール配信率、マーケティングEメール開封率、マーケティングEメールクリック率。
  • フィルター:対象アカウントはTrueに等しい。

トップ10-ターゲット・アカウント

 

Was this article helpful?
This form is used for documentation feedback only. Learn how to get help with HubSpot.