メインコンテンツにスキップ
お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
Tickets

HubSpotの既定のチケットプロパティー

更新日時 2022年 8月 12日

対象製品

Service Hub Professional, Enterprise

HubSpotでは、新しいチケットの作成に必要な詳しい情報を取得するため、既定のチケットプロパティーを多数設定しています。自社のビジネスニーズに応じた情報を取得するために、カスタムのチケットプロパティーを作成することもできます。

HubSpotの 既定のコンタクトプロパティー既定の会社プロパティー既定の取引プロパティーについて詳細をご確認ください。また、プロパティーを管理する方法(内部名の表示方法、新しいカスタムプロパティーの作成方法など)についてもご確認ください。

チケット情報

  • カテゴリー:顧客がヘルプを求めた主な理由。
  • クローズ日:チケットがクローズされた日付。
  • 作成日:チケットが作成された日付。
  • ユーザーID:チケットを作成したユーザーによって作成されます。この値はHubSpotによって自動的に設定され、変更することはできません。
  • 初回エージェント応答日:エージェントからの最初の応答があった日付。
  • HubSpotチーム:チケット担当者に関連付けられているチームの名前。
  • 前回のアクティビティー日:メモ(コメント)、コール、Eメール、ミーティング、タスクが最後にチケットに記録された日付。
  • 前回の連絡日:コール、Eメール、ミーティングが最後にチケットに記録された日付。
  • 前回の顧客応答日:顧客が最後に応答した日付。
  • 前回の変更日:チケットのいずれかのプロパティーが最後に変更された日付。
  • 次回のアクティビティー日:コンタクトに対して次に予定されているアクティビティーの日付。コンタクトレコードに記録されたユーザーアクションに基づいて自動設定されます。
  • 関連付けられた会社数:チケットに関連付けられている会社の数。これはHubSpotによって自動的に更新されます。
  • 連絡の回数:関連付けられたコンタクトへのコール、関連付けられたコンタクトへのEメール送信、および関連付けられたコンタクトとのミーティング設定の回数。コンタクトレコードのタイムラインに基づいて自動設定されます。
  • 担当者割り当て日:「HubSpotの担当者」がコンタクトに割り当てられた直近の日付。これはHubSpotによって自動的に設定され、セグメンテーションやレポートに使用できます。
  • パイプライン:当該チケットを含むパイプライン。
  • 優先度:当該チケットに対して必要な注目度。
  • レコードID:チケットの一意の識別子。このフィールドは自動的に設定され、編集できません。これは、インポートまたはAPIを介してチケットを更新するときに使用できます。
  • ソース:チケットの送信に使用された当初のチャネル。
  • チケットの説明:当該チケットの問題に関する詳しい説明。
  • チケット名:チケットの要約。 
  • チケット担当者:チケットの担当者。コミュニケーションの受信トレイに自動割り当てルールが設定されている場合、チケット担当者はコミュニケーション担当者と同じになります。 
  • チケットのステータス:当該チケットが位置するパイプラインステージ。
  • 最初の応答SLAの期日までの時間: SLAに基づいてチケットの最初の応答からチケットに応答する期日までの時間。このプロパティは、受信トレイでSLAを設定した場合にのみ表示されます。
  • 最初の応答SLAチケットステータスまでの時間:チケットに対する最初の応答のSLAに基づくチケットのステータス。このプロパティは、受信トレイでSLAを設定した場合にのみ表示されます。次のオプションがあります。
    • アクティブSLA:チケットの最初の応答にSLAが設定されていますが、現在、 期限切れ、期限切れ、完了としてマークされていません。
    • 期限が近づいています:チケットのSLAを満たすために、最初の応答はすぐに完了する必要があります。
    • 期限切れ: SLAに基づいてチケットへの最初の応答が期限切れになっています。
    • SLAが時間どおりに完了しました:チケットの最初の応答がSLAの時間枠内で発生しました。
    • SLA完了が遅れました:チケットの最初の応答は、SLAの時間枠の外で発生しました。
    • アクティブSLA:チケットを閉じる時間にSLAが設定されていますが、現在、期限切れ、 期限切れ、完了としてマークされていません。
    • 期限が近づいています:チケットのSLAを満たすために、チケットはまもなく閉鎖されます。
    • 期限切れ: SLAに基づいてチケットを終了する時間が遅れています。
    • SLAが時間どおりに完了しました:チケットはSLAの時間枠内でクローズされました。
    • SLA完了が遅れました:チケットはSLAの時間枠外でクローズされました。
  • 初回エージェント応答までの時間:チケットが作成されてからエージェントが最初に応答するまでに要した時間。