お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
Contacts

コンタクト、会社、取引、またはチケットレコードのタイムラインでアクティビティをカスタマイズ

更新日時 1月 23, 2019

コンタクト、会社、取引、チケットレコードでタイムラインをカスタマイズして、特定のタイプのアクティビティーを表示

  • タイムラインの右上にある[Filter activity (アクティビティを絞り込む)]ドロップダウンメニューをクリックします。
  • タイムラインにアクティビティタイプを含めるには、対応するチェックボックスを選択します。[select all (すべて選択)]チェックボックスをオンにして、すべてのアクティビティタイプを選択します.

ご注意ください:絞り込みされたアクティビティは個別のユーザーに設定され、そのオブジェクトのすべてのレコードに適用されますが、他のオブジェクトには適用されません.たとえば、取引レコードタイムラインでアクティビティを絞り込むと、他のすべての取引レコードに同じ絞り込みが適用されますが、コンタクト、会社、またはチケットレコードには影響はありません。

タイムライン上部のタブをクリックすると、すべてのタイムラインアクティビティ、コメント、E メール、コール、タスクをすばやく絞り込むことができます。