Contacts

コンタクト、企業、取引のレコードにコール、Eメール、ミーティングのログを手動で記録するにはどうすればよいですか?

更新日時 September 28, 2018

free

レコードを特定し、アクティビティーの記録機能を使用することで、HubSpot Salesまたは、HubSpot Marketing BasicProfessionalEnterpriseのアカウントで、コンタクト、企業、取引のレコードにコール、Eメール、ミーティングのログを記録することができます。

  • 以下の手順に従って、コンタクト、企業、取引のページを開きます。
    • HubSpot Marketing BasicProfessionalEnterpriseのアカウントにて、[Contacts(コンタクト)] [Contacts(コンタクト)]または[Companies(企業)]の順に選択します。
    • HubSpot CRM FreeSales StarterSales Professional のアカウントにて、ナビゲーションメニューの[Contacts(コンタクト)][Companies(企業)][Deals(取引)]のいずれかをクリックします。
  • コンタクト名/企業名/取引名をクリックします。
  • レコードの上部にある[Log activity(アクティビティーのログを記録)]タブをクリックします。

  • [Log a call(コールのログを記録)][Log an email(Eメールのログを記録)][Log a meeting(ミーティングのログを記録)]のいずれかを選択します。 
  • テキストボックスをクリックして、アクティビティーの内容を入力します。コールのログを記録する場合は、[Select an outcome(成果を選択)]ドロップダウンメニューを使ってコールを分類することができます。

  • ミーティングのログを記録する際には、コールとミーティングのタイプのカスタマイズを有効にしている場合は、[Select call type(コールのタイプを選択)]または [Select meeting type(ミーティングのタイプを選択)]も選択できます。 

  • 右上の日付時間をクリックして、アクティビティーの日付と時間を変更します。
  • アクティビティーは[Associated with(関連付け)]セクションに表示されるレコードのタイムラインに表示されます。[Add a contact/company/deal(コンタクト/企業/取引を追加)]ドロップダウンメニューで関連するコンタクト、企業、取引を追加するか、[x]アイコンをクリックして関連するコンタクト、企業、取引を削除します。この機能について詳しくは、こちらをご覧ください。
  • 設定が終わったら、[Log activity(アクティビティーのログを記録)]をクリックします。

  • 記録されたアクティビティーはコンタクト、企業、取引のレコードのタイムラインに表示されます。過去のアクティビティーのログを編集または削除する場合は、タイムラインでアクティビティを見つけて、[Edit(編集)]をクリックして変更を行うか、または[Actions(アクション)] [Delete(削除)]をクリックして、タイムラインからアクティビティーを削除します。

  • 記録したアクティビティーは、セールスダッシュボードの[Productivity(プロダクティビティー)]の数字にも反映されます。

iOSとAndroidモバイルアプリの場合

  • お使いのiOSまたはAndroidモバイルアプリにて、[Contacts(コンタクト)]または[Companies(企業)]を開きます。
  • コンタクト名または企業名をタップします。
  • [Timeline(タイムライン)]タブにて、[Add note, activity, or task(コメント、アクティビティーまたはタスクを追加)]をタップします。
iOS Android
  • コメント、アクティビティー、タスクの情報を入力して、[Save(保存)]をクリックします。