Contacts

ワークフローを非アクティブにすると、そのワークフローのコンタクトはどうなりますか?

更新日時 December 1, 2016

ワークフローには一時停止ボタンはありません。そのため、ワークフローを非アクティブにすると、既にそのワークフローに登録されていたコンタクトはワークフローの処理が続行され、アクションがスケジュールされますが、実際にはアクションは何も実行されません

コンタクトが既にワークフローに登録されていて、そのワークフローを非アクティブにした場合:

  • コンタクトでワークフローの処理が続行され、そのワークフローに設定していたすべてのアクションのスケジュールが設定されますが、ワークフローが非アクティブの間はどのアクションも実行されません

例:コンタクトでワークフローのアクション1が完了し、2日後にアクション2を実行するようにスケジュールが設定されます > ワークフローを非アクティブにします > 2日が経過して、アクション2がスケジュールされた時刻になります > ワークフローが非アクティブのままなので、そのコンタクトのアクション2は実行されず、次のアクション、スケジュール設定された遅延に進み、すべてのアクションがなくなったらそのワークフローは完了となります。

非アクティブなワークフローの履歴
非アクティブなワークフローの履歴

例:コンタクトでワークフローのアクション1が完了し、2日後にアクション2を実行するようにスケジュールが設定されます > ワークフローを非アクティブにします > 1日経過したら、ワークフローをアクティブに戻します > もう1日経過するとアクション2がスケジュールされた日時になります > ワークフローがアクティブなので、そのコンタクトのアクション2は実行され、次のアクション、スケジュール設定された遅延に進み、すべてのアクションがなくなったらそのワークフローは完了となります。

アクションがスケジュールされたときにワークフローがアクティブ
アクションがスケジュールされたときにワークフローがアクティブ

ワークフローが非アクティブで、まだワークフローに入っていないコンタクトが、ワークフローにと登録される開始条件を満たしている場合:

  • 非アクティブなワークフローの開始条件を満たしているコンタクトは、そのワークフローに登録されません

例:開始条件が「MQL(Marketing Qualified Lead)のリストに参加」のワークフローを非アクティブにします > 1 日後、コンタクトがそのリストに参加します > 開始条件を満たしていても、非アクティブなので、そのコンタクトは登録されません。

非アクティブで開始条件に合致
非アクティブで開始条件に合致

特定のワークフローを再度使用する予定がない場合、最も良い方法は、ワークフローを削除して、コンタクトが追加されないようにすることです。

関連記事: