Contacts

コンタクトのインポートに失敗し、エラーが返される原因について

更新日時 December 26, 2017

必要条件

マーケティング: , ,
セールス: 無償, Starter

この記事では、コンタクトリストのインポートエラーで考えられる原因について説明します。

  • インポートするコンタクトリストは、HubSpotのインポートツールが対応しているファイル形式(.csv)にする必要があります。
  • 1つの.csvファイルでインポートできるコンタクトは最大250,000件です。ファイルサイズに制限はありませんが、インターネット接続の速度によっては大きいサイズのファイルをアップロードできないため、インポートリクエストがタイムアウトすることがあります。 
  • インポートする.csvファイルには、必ず各コンタクトのEメールアドレスを含めてください。HubSpot CRMを有効にしている場合は、Eメールアドレスを含めないでコンタクトをインポートすることも可能です。ただし、Eメールアドレスがないコンタクトは自動で重複排除されないため、ご注意ください。
  • IPアドレス作成日の値はインポートできません。
  • .csvファイルのすべての列に、その列がコンタクトのどのプロパティーを指しているかを示すヘッダーが必要です
  • HubSpot内に対応するプロパティーまたはプロパティー値がない列をインポート対象として選択した場合は、その情報を格納するプロパティーを列内に作成する必要があります。
  • インポートを続行するには、[リストの有効性を確認]画面の質問に対する回答が、すべて[はい]となっていなければなりません。
  • .csvファイルが、以下のいずれかの方法でUTF-8エンコードされていることを確認してください。 推奨は1つめの方法です。Excelでは、UTFエンコード機能が想定どおりに機能しないことがあるためです。
    • 方法1
      • Excelでファイルを開きます。
      • ファイル]>[名前を付けて保存]を選択します。
      • ファイル名を入力し、ファイルの種類として[Unicodeテキスト(*.txt)]を選択します。 
      • 保存]をクリックします。
      • Windowsのメモ帳を使ってファイルを開きます。
      • タブ文字をすべてコンマに置換します。
      • ファイル]>[名前を付けて保存]を選択します。
      • ファイル名を入力して[文字コード]を[UTF-8]に変更します。
      • ファイル名の拡張子を.txtから.csvに変更します。 
      • 保存]をクリックします。
      • ファイルのアイコンがMS Excelのアイコンになっていることを確認します。
      • Excelで先ほど保存した.csvファイルを開き、データを確認します。ファイルをExcelで保存し直さないでください。文字コードのエラーの原因となります。データに間違いがある場合は、上記の手順をやり直してください。
    • 方法2
      • ファイルをExcelで確認するには、CSVファイルを開いて[ファイル]>[名前を付けて保存]をクリックします。
      • 付けたいファイル名を入力します。
      • 名前を付けて保存]の[ファイルの種類]ドロップダウンで[CSV(コンマ区切り)]が選択されていることを確認します。
      • ウィンドウの下部にある[ツール]ボタンをクリックし、[Webオプション]を選択します。
      • エンコード]タブに移動します。
      • このドキュメントを保存する形式]ドロップダウンで[Unicode(UTF-8)]を選択します。
    • Googleドキュメントを使用してエンコードすることも可能です。

上記の手順を実施してもインポートできない場合は、HubSpotポータルの右下隅にある[ヘルプ]ボタンをクリックしてお問い合わせください。