お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
Contacts

コンタクトのインポートエラー

更新日時 1月 8, 2019

コンタクトのインポートエラーをトラブルシューティングする際は、以下の点にご注意ください。

  • 1ファイルあたり最大 250,000件のコンタクトをインポートできます。インポートファイルは 150 MB未満でなければなりません。
  • 自動的に重複したコンタクトを削除したい場合は、インポートするファイルの各コンタクトにEメールアドレスを含める必要があります
  • IP アドレスまたは作成日の値はインポートできません。
  • ファイル内のすべての列には、その列が参照するコンタクトプロパティを示すヘッダーが必要です
  • インポート用に選択した列のいずれかが、HubSpot のプロパティーまたはプロパティー値に対応していない場合、その列の情報を格納するプロパティを作成する必要があります。
  • インポートを続行するには、[詳細]画面ですべてのステートメントのチェックボックスを選択する必要があります。 
  • 以下のいずれかの方法を使用して、ファイルが UTF-8 にエンコードされていることを確認してください。Excel では UTF エンコードが期待どおりに動作しない場合があるため、メソッド1 が優先されることに注意してください。
    • メソッド 1
      • Excel でファイルを開きます。
      • [ファイル]>[名前を付けて保存]に移動します。
      • ファイルに名前を付け、ファイルの種類として[Unicode テキスト(*.txt)]を選択します。 
      • [保存]をクリックします。
      • メモ帳でファイルを開きます。
      • すべてのタブ文字をカンマで置換します。
      • [ファイル]>[名前を付けて保存]に移動します。
      • ファイルに名前を付け、エンコードUTF-8に変更します。
      • ファイル名拡張子を.txt から.csvに変更します。 
      • [保存]をクリックします。
      • ファイルのアイコンを確認します。MS Excel アイコンとなっているはずです。
      • Excelで新しい.csv ファイルを開き、データを確認します。Excel でファイルを保存しないでください。保存してしまうと、エンコードの問題がまた発生します。いずれかのデータが誤っている場合は、詳述された手順をもう一度実行します。
    • メソッド 2
      • Excel で確認するため、.csvファイルを開き、[ファイル]>[名前を付けて保存]をクリックします。
      • ファイル名を入力します。
      • [ファイルの種類]の横にあるドロップダウンメニューをクリックし、CSV (カンマ区切り)が選択されていることを確認します。
      • ウィンドウの下部にある[ツール]ボタンをクリックし、[Web オプション]を選択します。
      • [エンコード]タブに移動します。
      • [このドキュメントを保存する形式]で、ドロップダウンメニューをクリックし、Unicode (UTF-8)を選択します。
    • Google ドキュメント経由でファイルをエンコードすることもできます。

インポートがまだ成功しない場合、HubSpot サポートにご連絡ください。