Content Strategy

コンテンツ戦略ツールにある単語数が少なすぎるブログ記事とは何ですか?

更新日時 December 18, 2017

必要条件

マーケティング: , ,
セールス: N/A

コンテンツ戦略ツールで、一部のブログ記事が単語数が少なすぎると分類されることがあります。この分類は、実際の単語数を表しているのではなく、内容の質や、キーワードを適切に使っているかどうかを表しています。

単語数が少なすぎるブログ記事を確認するには、コンテンツ戦略ツールで、トピッククラスタの右上の[Optimizations(最適化)]ボタンをクリックします。

単語数が少なすぎるという分類は、内容の薄いコンテンツとしてGoogleが定めている基準に基づいています。Googleでサイトの検索ランクを上げるためには、キーワードを取り入れたコンテンツや、オリジナルのコンテンツが必要です。SEOを向上させる目的で、単語を大量に盛り込んだ質の低いコンテンツを使うと、単語数不足として分類されます。Googleによると、質の低いコンテンツに該当するのは次のようなコンテンツです。

  • 自動生成されたコンテンツ:人間ではなく自動処理で作成されたコンテンツです。自動生成のページには、SEOを向上させる目的で、多種多様なキーワードが含まれています。自動生成されたコンテンツについてのGoogleの説明はこちらのページにあります。 
  • 誘導ページ:内容が酷似しているページを検索結果に大量に表示してユーザーを誘導しようとするページです。ユーザーは検索を実行すると、複数の異なる検索結果から同じページに誘導されることになります。誘導ページについてのGoogleの説明はこちらのページにあります。
  • 無断複製されたコンテンツ:定評のある別のソースから流用したコンテンツのことです。訪問者にとっては、信頼できるオリジナルのコンテンツに比べると、有益さで劣ります。無断複製されたコンテンツについてのGoogleの説明はこちらのページにあります。
  • 内容の薄いアフィリエイトサイト:独自のコンテンツが非常に少なく、広範囲のサイトに向けて配信を行っているネットワークから得たコンテンツを掲載しているサイトです。ユーザーにとっては、検索結果に表示されるさまざまなサイトのどれを開いても情報が同じで、独自のコンテンツがほとんどないということが起こり得ます。アフィリエイトサイトについてのGoogleの説明はこちらのページにあります。 

上に挙げた特徴に該当するブログ記事は、単語数が少なすぎる記事と分類される可能性があります。これを回避するには、訪問者にとって魅力があり信頼できるコンテンツをブログ記事に取り入れ、キーワードを適切に配置すると共に、関連性が高い独自の情報を掲載しましょう。