conversations

ボットを作成する

更新日時 November 26, 2018

free

ボットを使用すると、訪問者がウェブサイトでのチャットを通じてあなたに連絡したときの自動応答を設定できます。この記事では、新しいボットを作成し、ボットテンプレートをカスタマイズして、ウェブサイトでボットを公開する方法を説明します。

: ボットツールは、HubSpot で新しいナビゲーションメニューにオプトインしたユーザーが利用できます。オプトインするには、アカウントの右上にあるアバターまたは写真をクリックして、[新しいメニューを試す] をクリックしてください。 

ボットを作成する

新しいボットを作成するには、次の手順を実行します。

  • HubSpotアカウントにて、[コミュニケーション] > [ボット]の順に進みます。
  • 右上の [ボットを作成] をクリックします。
  • 左側のサイドバーメニューで、作成するボットのタイプを選択します。そのボットのテンプレートのプレビューが画面右側に表示されます。

: サポートボットを作成できるのは、 Service Hub ユーザーのみです。

  • 一番上にある鉛筆アイコン編集をクリックして、ボットに名前を付けます。
  • 右上の鉛筆アイコン編集をクリックして、ドロップダウンメニューからサポートされている言語を選択します。
  • [ボットを作成] ボタンをクリックします。

create-a-new-bot

この既定のテンプレートは、訪問者から基本的な情報を収集するためのものであり、必要に応じて一風変わったメッセージを表示したりエージェントにつないだりできます。ボットが送信する各メッセージはこのページに表示され、コミュニケーションの流れを判断するためのルーティングロジックも表示されます。 

メッセージは、ボットエディターで個々のニーズに合わせて変更できます。

  • ボットメッセージまたはアクションのいずれかをクリックして適切なサイドバーエディターを開き、[設定] タブで変更します。
    • ニックネーム: このボットメッセージのニックネームを入力します。
    • メッセージ: 最初のボットメッセージのコンテンツを入力します。パーソナライゼーションを使用して、既知の訪問者のコンタクトレコードから詳細を取得できます。
    • + メッセージの吹き出しを追加: このボットメッセージの一部として複数のメッセージの吹き出しをポップアップする場合は、ここに別の吹き出しを追加できます。
    • ユーザー入力を収集: このチェックボックスを使用して、ボットが次のボットメッセージに移る前に応答を待機することを示します。ボットシーケンスの最初のメッセージでは、既定でこのオプションが選択されている点に注意してください。
    • HubSpot のプロパティーに保存: このドロップダウンメニューを使用して、特定のコンタクトのプロパティーで訪問者の応答からの値をコンタクトレコードに入力します。
    • プロパティーがすでに存在する場合はこのアクションをスキップ: このチェックボックスを使用して、訪問者のコンタクトレコードですでにこのプロパティーが入力されている場合はこのアクションをスキップします。
    • 簡単な返信: 訪問者がメッセージに応答するためにクリックできる回答を追加します。簡単な返信を追加するには、文言の入力を開始して Enter キーを押し、それぞれを保存します。
    • 自由なテキスト入力を無効化: このオプションは、訪問者が [簡単な返信] で事前に設定したオプションしか選択できないようにする場合に使用します。

edit-messages-setting

  • [接続] タブをクリックして、コミュニケーションのフローを設定します。
  • 有料ユーザーであれば、[条件を追加] をクリックしてボットメッセージに条件付きロジックを追加できます。

: Sales Hub StarterService Hub StarterMarketing Hub Starter をお使いの場合、および無料ユーザーは、ボットのコミュニケーションフローにカスタム条件を追加できません。

    • 最初のドロップダウンメニューをクリックして、ユーザーの応答、または訪問者が既知のコンタクトである場合はコンタクトのプロパティー値に基づいて条件を設定します。
    • 次の 2 つのドロップダウンメニューを使用して、ユーザーの応答またはコンタクトのプロパティーのロジックを設定します。
  • 次に、[条件を満たさない場合、次へ移動] ドロップダウンメニューをクリックして、訪問者が設定された条件に合致しない場合に表示するメッセージを選択します。
  • [保存] をクリックして、このボットメッセージへの変更を保存します。
bot-message-conditions add-bot-action
  • [設定] タブをクリックして、ボットの設定を行います。
    • 表示名: ボットが自己紹介に使用する名前を入力します。ボットのアバターの上にカーソルを置き、[写真を変更] をクリックして写真を編集します。
    • エラー応答: この応答は、リクエストを完了できない場合にユーザーに表示されます。
    • セッションタイムアウト: 操作が行われなくなってからチャットセッションが初期状態にリセットされるまでの時間。
    • メッセージ間のタイピングの遅延: 各メッセージをエンドユーザーに送信する間の遅延時間。
    • 言語: ボットの表示に使用する言語
    • 日付および数値の形式: ボットで使用される日付と時刻の形式。bot-settings-with-language-settings
  • ニーズに合わせてボットをカスタマイズしたら、右上にあるスイッチをクリックしてオン成功に切り替えて、メッセージのいずれかに接続することができます
  • このボットを接続するメッセージの横にあるラジオボタンをクリックし、[接続] をクリックします。
activate-bot-select-message
  • 右上に表示される接続済みメッセージの名前をクリックすると、ボットが接続されているメッセージの設定を確認できます。

enable-bot

サポートされている言語とタイムゾーン 

ボットツールでは、以下の言語がサポートされています。

  • 英語
  • スペイン語 
  • フランス語 
  • ドイツ語 
  • 日本語 

以下の言語は現在のところベータ版です。

  • ポルトガル語
  • チェコ語
  • スペイン語 - メキシコ
  • デンマーク語
  • フィンランド語 
  • イタリア語
  • オランダ語 
  • ノルウェー語
  • ポーランド語 
  • スウェーデン語
  • 中国語 (簡体字) 
  • 中国語 (繁体字) 

ここで選択した言語が、ボットメッセージとアクションの表示に使用する言語となります。ただし、訪問者がメッセージを送信するときに英語以外の言語を使用すると、ボットツールはすべての日付/時刻の表現や、名前、数値の範囲、「はい」や「いいえ」の繰り返しを完全に抽出できるとは限らないことを覚えておいてください。
bot-in-french

たとえば、訪問者が英語でメッセージを送信し、「tomorrow at three PM (明日の午後 3 時)」のような日付/時刻の表現を使用した場合、ボットツールはこれを「8/03/2018 at 3:00 PM」のような形式に解釈できます。しかし、訪問者が英語以外の言語の日付/時間の表現を使用した場合、ボットツールはこの日時を訪問者のメッセージから抽出して変換することはできません。

ボットのパフォーマンスを分析する

ボットツールの [パフォーマンス] タブを使用して、ボットのパフォーマンスを分析します。各ボットのパフォーマンスを横並びで比較して、どのボットのコミュニケーション完了率が最も高いかを判断します。訪問者による各ボットアクションの使用の内訳を確認することもできます。 

  • HubSpotアカウントにて、[コミュニケーション] > [ボット]の順に進みます。
  • 分析するボットの名前をクリックします。
  • ボットエディターで、[パフォーマンス] タブをクリックします。
  • [日付範囲] ドロップダウンメニューをクリックして、特定の時間帯を基準にデータを絞り込みます。 
  • レポートの一番上で、開始、完了、または中止されたボットコミュニケーションの合計数を確認します。bot-performance
  • その下で、[アクション完了] チャート視覚化でデータを分析します。 
    • チャート視覚化の一番上で、測定指標をクリックしてレポートに表示するデータをカスタマイズします。bots-performance-filter-actions
    • ダッシュボードにこのレポートを追加するには、[+ ダッシュボードに保存] をクリックします。 
    • [選択されたアクション] ドロップダウンメニューをクリックして、チャート視覚化で特定のボットアクションのデータを表示します。表示するアクションの横にあるチェックボックスを選択します。action-completion-report
  • チャート視覚化の下で、テーブルを使用して各ボットアクションの詳細な内訳を確認します。各アクションが開始された回数、正常に完了した回数、トリガーの失敗回数を確認します。