お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
CMS-Blog

外部ブログの RSS-to-E メールブログサブスクリプションを設定する

更新日時 2月 20, 2019

対象製品

Marketing Hub  Professional, Enterprise
Basic

HubSpotでブログをホスティングしていなくても、HubSpot を使って自分のブログの E メールベースのサブスクリプション (RSS) を提供できます。

  1. サブスクリプションタイプを作成する
  2. カスタムプロパティを作成する
  3. 外部ウェブサイトのサブスクリプションフォームを作成する
  4. ブログサブスクライバーの動的なリストを作成する
  5. 新規 RSS Eメールを作成する

サブスクリプションタイプを作成する

コンタクトはすべての E メールへのサブスクリプションを別々に管理します。これにより、すべてのサブスクリプションタイプをサブスクライブ解除することなく、1 つのサブスクリプションタイプのみをサブスクライブ解除できます。ブログサブスクリプション E メールのサブスクリプションタイプを作成するには、次の手順を実行します。

  • HubSpotアカウントにて、ナビゲーションバーに表示される[設定アイコン settings]をクリックします。
  • 左のサイドバーメニューから、[マーケティング] > [Eメール]の順に移動します。

カスタムプロパティを作成する

次に、外部ブログのカスタムコンタクトプロパティーを作成します。これは、これらのブログサブスクリプション E メールを受信するコンタクトを管理するためにサブスクリプションフォームで使用されます。[フィールドタイプ] ドロップダウンメニューをクリックして、[1 つのチェックボックス] を選択します。次に[作成] をクリックします。

外部ウェブサイトのサブスクリプションフォームを作成する

次に、外部ブログページに埋め込める E メールのサブスクリプションフォームを作成して、訪問者が簡単にサブスクライブできるようにします。

  • HubSpotアカウントにて、[マーケティング] > [リードの獲得] > [フォーム]の順に進みます。
  • [フォームを作成] ボタンをクリックします。
  • [フォームフィールドを追加] の下で、検索バーを使用して作成したプロパティーを検索し、プロパティー をクリックしてフォームに追加します。このフォームを外部ブログページに埋め込むことができます

ブログサブスクライバーの動的なリストを作成する

次に、ブログサブスクライバーの動的なリストを作成します:

  • HubSpot アカウントにて、[コンタクト] > [リスト]の順に進みます。
  • [リストを作成] をクリックします。
  • 左上の鉛筆 アイコンをクリックし、このリストの名前を入力してから、ドロップダウンメニューをクリックして、[動的リスト] を選択します。 
  • リストフィルターを [コンタクトのプロパティー] に設定し、作成したプロパティーを選択して、[次に一致する][はい] に設定します。   
  • [完了] をクリックします。
  • 右上の [保存] をクリックします。

ブログ E メールをサブスクライブしている既存のコンタクトのリストがすでにある場合は、スプレッドシートからリストをインポートできます。コンタクトの E メールアドレスが入った [E メール] の列と、サブスクリプションステータスのプロパティーのプロパティーラベルに一致するヘッダーが入った列を必ず含めるようにしてください。サブスクリプションステータスのプロパティー列のすべての行の値として「はい」 を入力します。

新規 RSS Eメールを作成する

次に、ブログサブスクライバーに送信される RSS E メールを作成します。RSS Eメールは単純な E メールテンプレートですから、ブログの RSS フィードなど、特定のフィードの最新アイテムが含まれるようにカスタマイズすることができます。E メール本文モジュールが含まれている限り、この E メールにはどの E メールテンプレートでも使用できます。

  • HubSpotアカウントにて、[マーケティング] > [Eメール]の順に進みます。
  • [E メールを作成] をクリックします。
  • ダイアログボックスで、[クラシックエディター] を選択します。
  • RSS E メールのテンプレートを選択します。
  • ダイアログボックスで、RSS E メールに名前を付け、[RSS E メールを作成] チェックボックスをオンにします。
  • E メールエディターで、左側のサイドバーの [モジュールを編集] アイコンをクリックし、[E メール本文] を選択します。
  • [RSS フィード URL] テキストフィールドに RSS フィード URL を入力して、フィードのサンプルプレビューを表示します。
  • 各 RSS E メールの記事の数を設定したり、[項目のレイアウト/スタイル] テキストボックス内でフィードのスタイルをカスタマイズすることもできます。

注:各送信には、前回の E メール送信以降の新しい投稿のみが選択された最大件数分含まれます。たとえば、RSS E メールに表示する投稿の最大数を 5 件に設定し、翌週に公開した投稿が 3 件のみだった場合、次回の E メール送信にはこの 3 件の新しい記事のみが含まれ、前週からの 2 件の投稿は取得 されません。 

  • [詳細フィードオプション] をクリックして作成者行をカスタマイズし、フィードの画像の最大幅を設定します。 
  • 必要に応じて E メールをさらに編集し、送信者の詳細を追加します。 

  • [設定] タブをクリックします。
  • [サブスクリプションタイプ] ドロップダウンメニューをクリックして、作成したサブスクリプションタイプを選択します。必要に応じて、その他の設定変更 (ウェブバージョン、キャンペーンなど) を行います。
  • [受信者] タブをクリックして、作成したリストを選択します。
  • [スケジュール] タブをクリックし、RSS E メールの送信頻度と送信日時を選択します。[週次] または [月次] を選択すると、曜日または日付を選択するように求められます。

  • 右上の [公開] をクリックします。RSS E メールは、前回の送信後に新しいエントリーが追加されたサブスクライバーに、毎日、毎週、または毎月送信されます。