お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
CMS-Blog

HubSpot でブログサブスクリプションオプションを設定する

更新日時 4月 25, 2019

対象製品

Marketing Hub  Professional, Enterprise
Basic

HubSpot でブログサブスクリプションオプションを設定することで、読者は新しいブログ記事に関するインスタント通知、日次通知、週次通知、月次通知をオプトインできます。サブスクライバーにソーシャルメディアでフォローしてもらうこともできます。フォローした人は、Twitter や Facebook に自動公開されたブログ記事を読むことができるようになります。 

HubSpot でブログサブスクリプションオプションを設定するには、次の手順を実行します。

ブログサブスクリプションフォームをセットアップする

HubSpot ブログサブスクリプションフォームは、HubSpot で新しいブログを作成すると自動的に作成されます。デフォルトの HubSpot ブログサブスクリプションフォームを設定するには、次の手順を実行します。サブスクライバーに別の HubSpot フォームを通じてブログ通知をオプトインさせるには、ブログサブスクリプションフィールドをフォームに追加します。
  • HubSpotアカウントにて、[マーケティング] > [リードの獲得] > [フォーム]の順に進みます。
  • ブログのフォームの名前をクリックして編集します。デフォルトでは、ブログサブスクリプションフォームは「[ブログ名] の通知をサブスクライブ」という名前になります。
  • フォームに入ったら、右の [通知頻度] フィールドをクリックします。
  • 左のサイドバーメニューの [フィールドオプション] セクションで、[オプションを追加] をクリックしてフォームフィールドにサブスクリプションオプションを追加します。削除する既存のオプションの上にカーソルを置き、[削除] をクリックします。 

add-options-remove

注:
  • 完了したら、右上の [公開] をクリックします。

ブログサブスクリプション設定を有効にする

  • HubSpotアカウントにて、ナビゲーションバーに表示される[設定アイコン settings]をクリックします。
  • 左のサイドバーメニューで、[ウェブサイト] > [ブログ] の順に進みます。
  • [修正するブログを選択] ドロップダウンメニューを使用して、設定するブログを選択します。ブログが 1 つしかない場合は、ドロップダウンメニューに 1 つのオプションしか表示されません。
HubSpot のヘルプ記事のスクリーンショット
  • [サブスクリプション] タブをクリックします。
  • [ブログサブスクライバー通知 E メールを有効にする] スイッチをクリックしてオンに切り替えます。
  • クリックして、ブログの周波数スイッチをオンに切り替えます。:

注意: 選択した通知頻度オプションは、 ブログのサブスクリプションフォームのフィールド値に一致する必要があります。

    1. インスタント通知: サブスクライバーには、最新の記事を公開するとすぐにその記事の公開を知らせる E メールが届きます。通知が実際に送信されるまでには 15 分間の「猶予時間」があるため、この間に記事の公開を取り消した場合、通知 E メールは送信されません。
    2. 日次通知: サブスクライバーには、ブログ記事の日次ダイジェストが届きます。ダイジェストごとの記事の最大数と、通知が送信される時刻を設定できます。この E メールには、前回の通知 E メール以降の新しい投稿が、設定した最大件数まで含まれます。
    3. 週次通知: サブスクライバーには、ブログ記事の週次ダイジェストが届きます。ダイジェストごとの記事の最大数と、通知が送信される日と時刻を設定できます。この E メールには、前回の通知 E メール以降の新しい投稿が、設定した最大件数まで含まれます。
    4. 月次通知: サブスクライバーには、ブログ記事の月次ダイジェストが届きます。ダイジェストごとの記事の最大数と、通知が送信される日と時刻を設定できます。この E メールには、前回の通知 E メール以降の新しい投稿が、設定した最大件数まで含まれます。

注:インスタントブログ通知を有効にすると、過去 12 時間以内に公開されたブログ記事について E メールが送信されます。日次、週次、または月間通知を有効にすると、その期間内に公開された既存のブログ記事が含まれます。

一旦E メール通知のサブスクリプションタイプを選択したら、RSS フィードの設定を構成します。

  • RSS フィードの記事数: - RSS フィードに表示する記事数を入力します。各 RSS E メールには、前回の E メールの送信以降の新しい投稿のみが、選択した最大件数まで含まれます。
  • RSS にサマリーを表示する:チェックボックスを選択して、RSS フィード内のブログ記事コンテンツのプレビューを表示します。
  • E メールでサマリーを表示:RSS E メールでブログ記事コンテンツのプレビューを表示するチェックボックスを選択します。。

settings-rss-feed

ブログ通知 E メールをセットアップして公開する

[E メールステータス]列で、有効にした通知 E メールが完了または 未完了かどうかが表示されます。

  • [E メールリンク]列で、送信する不完全な通知 E メールの編集をクリックします。または、デフォルトの E メールが削除された場合は、[作成]をクリックします。

set -up -blog -email -サブスクリプション

  • E メールエディターで [詳細を編集] をクリックします。 
  • ドロップダウンメニューから新しい送信者名 E メールアドレスを選択します。

  • 既定では、ブログ通知 E メールは [最新のブログエントリヘッドラインをEメールの件名として使用] に設定されます。このチェックボックスをオフにした場合、カスタムの E メール件名を作成できます。
  • [E メールサマリーの表示] 設定が有効になっている場合、ブログ記事のメインボディーの本文は、[続きを読む] タグの本文に引き込まれます。
  • E メールの本文をクリックして、ブログコンテンツモジュールのオプションを編集します。左のエディターで、[記事表示オプション] のいずれかを選択して RSS E メールのレイアウトを選択します。ブログフィードのレイアウトおよびスタイルは、[項目のレイアウト/スタイル]エディターでカスタマイズできます。エディターで移動してカスタマイズできるように、自動入力された RSS トークンが表示されます。

blog-subscription-email-body

  • [高度な設定] をクリックして、[作成者行] のテキストを編集します。E メールコンテンツモジュールの幅に合わせてサムネイル画像の最大幅を設定することも、カスタムの最大幅をピクセル単位で設定することもできます。[保存してモジュールリストに移動] をクリックして、E メール本文への変更を保存します。

    blog-email-advanced-settings

  • E メールの編集が完了したら、[スケジュール] タブに移動して、右上の [公開] または [更新] をクリックします。

  • 送信する各ブログ通知 E メールの公開が完了したら、[保存] をクリックしてブログサブスクリプション設定を適用します。 

注: ブログサブスクリプション E メールは E メール送信数の上限にカウントされます。