COS-General

HubSpotでリバースプロキシをセットアップできますか?

更新日時 November 29, 2016

リバースプロキシにより、メインドメインの相対URLパス経由で、サブドメイン上のコンテンツにアクセスできるようになります。

技術的な観点では、外部エンジニアのサポートを受けてリバースプロキシをHubSpotにセットアップすることはできます。ただし、これは、HubSpotがサポートしているプロセスまたは実装ではありません。そのソリューションの提供も行っておりません。

リバースプロキシの実装は、EメールやCTAといったさまざまなHubSpotツールに悪影響を及ぼす可能性があります。リバースプロキシは、処理速度、セキュリティ、COSのCDN機能を犠牲にする側面もあります。リバースプロキシは、インバウンドマーケティングを成功へと導く唯一のパスではありません。ベストプラクティスという視点から考えれば、この点にも十分に気を付ける必要があります。

回避策として、外部サーバーを使って、リバースプロキシをセットアップするという方法があります。たとえば訪問者が www.yoursite.com/blog/articleにアクセスしようとすると、あなたの会社のサーバーはHubSpotからblog.yoursite.com/articleのページを取得します。続いて、外部サーバーが(HubSpotからあなたの会社のサーバーが取得した)コンテンツを訪問者に送信するので、訪問者からは、そのブログコンテンツがあなたの会社のサーバーから提供されているように見えます。この回避策は、社内のIT関連担当者や開発担当者などによってテストを受ける必要があります。