お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
Dashboard

チームのプロダクティビティーレポート

更新日時 6月 13, 2019

HubSpotのサブスクリプションによって、アナリティクスツールに含まれるセールスチームとサービスチームのプロダクティビティーレポートを使用してチームのパフォーマンスをトラッキングできます。

 

既定のプロダクティビティ―レポート

このレポートでは、かけられたコールの数、CRM から送信されたメールの数、CRMアドレスにBCCを使用してCRM に記録された e メールの数、コンタクトのレコードのアクティビティとして記録された e メール、行われたミーティング、作成されたコメント、期間中のタスク、及び選択されたユーザーの数が、カウントされます。

  • HubSpotアカウント上で、左上に表示されるHubSpotのロゴをクリックし、ダッシュボードへ移動します。
  • ダッシュボードの上部にあるドロップダウンメニューを使用してチームメンバーと期間によって絞り込みます。

  • プロダクティビティレポートで、統計情報のいずれかにマウスポインターを合わせて 「Quick view(クイックビュー)]をクリックすると、そのカテゴリ内の特定のアクティビティのリストが表示されます。

注:選択した期間中にいずれかのカテゴリ(コール、Eメール、ミーティング、コメント、またはタスク)でアクティビティがなかった場合、そのカテゴリはプロダクティビティーレポートに表示されません。

 

セールスチームとサービスチームのプロダクティビティーレポート(Sales Hub ProfessionalおよびEnterprise、またはService Hub ProfessionalおよびEnterpriseのみ)

Sales Hub ProfessionalまたはEnterprise のユーザー、あるいはService Hub ProfessionalまたはEnterpriseのユーザーは、アカウントでチームのプロダクティビティーレポートを使用してチームのパフォーマンスをトラッキングできます。

セールスチームのプロダクティビティーレポートでは、セールスチームの取引、ミーティング、コールにおけるパフォーマンスをトラッキングします。

  • HubSpotアカウントにて、[レポート] > [アナリティクスツール]の順に進みます。
  • [Sales Team Productivity(セールスチームの生産性)]を選択します。
  • 左上で、[Date range(日付範囲)]および[Frequency(頻度)]ドロップダウンメニューを使用して、特定の期間にデータを絞り込みます。選択した日付範囲は1 週間、または頻度が週次に設定されている場合、既定の開始日は日曜日ですsales-team-productivity-date-time-filters
  • [Deals(取引)]タブで、以下の手順に従ってチームのパフォーマンスに関するレポートを作成できます。
    • レポートの左上にある ドロップダウンメニューをクリックして、次の指標によってデータを絞り込みます。
      • 取引の件数
      • 予想額
      • 最終金額
      • 平均セールスアクティビティ数
      • クローズまでの平均日数
      • 金額fitler-report-by-metric
    • [Team(チーム)]および[Pipeline(パイプライン)]ドロップダウンメニューを使用して、特定のチームまたはパイプラインの指標をドリルダウンします。
    • [Split by(分割基準)]ドロップダウンメニューをクリックし、所有者別またはチーム別にデータを分割します。
    • チャート視覚化で[Split by won and lost(勝敗別に分割)]チェックボックスを選択し、指定した期間中に成立してクローズされた取引と失敗してクローズされた取引の内訳を確認します。 split-by-won-and-lost
  • [Meetings(ミーティング)]タブと[Calls(コール)]タブで、[Team(チーム)]ドロップダウンメニューを使用して、特定のチームが予約したミーティング数または行ったコール数を絞り込みます。

サービスチームのプロダクティビティーレポートでは、チケット全体でのサービスチームのパフォーマンスを報告できます。 

  • HubSpotアカウントにて、[レポート] > [アナリティクスツール]の順に進みます。
  • [Service Team Productivity(サービスチームの生産性)]を選択します。
  • 左上で、[Date range(日付範囲)]および[Frequency(頻度)]ドロップダウンメニューを使用して、特定の期間にデータを絞り込みます。
  • 表の左上隅にあるドロップダウンメニューをクリックし、次のチケットベースの指標を選択してデータを絞り込みます。
    • クローズされたチケット
    • エージェントの初回返信までの平均時間
    • クローズまでの平均時間
  • [Team(チーム)]および[Pipeline(パイプライン)]ドロップダウンメニューを使用して、特定のチームまたはパイプラインの指標をドリルダウンします。

セールスチームのプロダクティビティーレポートとサービスチームのプロダクティビティーレポートの両方をダッシュボードに追加して、他のチームメンバーと共有することができます。レポートの右上隅にある[Add to dashboard(ダッシュボードに追加)]をクリックします。 add-productivity-report-to-dashboard

データ内訳テーブルの右上にある[列を編集]をクリックして、表示される指標を編集 します。レポートに含める指標の横にあるチェックボックスを選択してから、[Save(保存)]をクリックします。

sales-team-productivity-table