Become a HubSpot power user — join us for HubSpot Training Day 2017.

Deals

取引をCRMにインポートする方法

更新日時 February 13, 2017

必要条件

ソフトウェア: HubSpot セールス
サブスクリプション: 無償

インポートするファイルはCSV形式で、データのインポート先のプロパティ(取引名、パイプライン、金額など)を示す見出し行が含まれている必要があります。

こちらに取引データのインポート用ファイルのサンプルを用意しましたので、必要に応じてご利用ください。

注:現時点では、取引データをCRMにインポートする際に重複データのチェックは行われません。また、既存の取引データを変更する形で取引データをインポートすることもできません。

CSV形式の取引データをインポートするには、以下の手順に従います。

  • [取引]を選択します。
  • [アクション]>[取引をインポート]を選択します。
  • [新しいインポートを開始]を選択します。
  • [何をインポートしますか?]ページで[CSVファイル]を選択します。
  • 続いて表示されるページで[取引]を選択します。

  • ファイル選択用のリンクをクリックして目的のファイルを選択するか、ファイルを直接ドラッグ&ドロップします。
  • ファイルの指定が完了したら、画面の右下にある[Upload]ボタンをクリックします。

Deal_Import_2.png

  • [インポートの詳細]ページでインポート名を入力し、[続いてプロパティをマッピングする]ボタンをクリックします。

Deal_Import_3.png

  • [列をマップ]ページで、CSVファイルの見出し行とHubSpotの取引プロパティを関連付けて、HubSpotにインポートするプロパティのチェックボックスをオンにします。
  • HubSpot内に一致するプロパティがある見出しについては、自動的にプロパティが選択された状態になっています。HubSpot内に一致するプロパティが存在しない見出しについては、最も近い既存のプロパティをドロップダウンから選択するか、新規のプロパティを作成できます。

Deal_Import_4.png

  • [インポート完了]ボタンをクリックします。

注:現時点では、インポートする取引にコンタクトや会社を自動的に関連付けることはできません。コンタクトや会社は、取引のインポート後に手動で関連付ける必要があります。

 
Free HubSpot Sales Software Training Learn HubSpot CRM & HubSpot Sales Tools from the experts at HubSpot Academy.