Deals

見積もりの使用

更新日時 November 26, 2018

対象製品

Sales Hub
sales-pro-enterprise
Professional, Enterprise

見積もりは、製品の価格情報を含む Web ページを購入者に提供する Sales Hub Professional および Enterprise のユーザー用の機能です。 

見積もりの作成

  • HubSpotアカウントにて、 [セールス] > [取引]の順に進みます。
  • 取引レコードの左側にある見積もりカードで、[見積もりを作成] をクリックします。 

: 見積もりを作成する前に、取引に製品を追加する必要があります。HubSpot と Shopify の統合を使用している場合、Shopify から同期された取引の見積もりは作成できません。この場合、取引レコードには見積もりカードが表示されません。 

create-quote-from-deal-record

見積もりを作成する手順を説明します。

詳細 

見積もりの詳細を入力します。 

  1. 見積もり名: 見積もりのタイトル。 
  2. 有効期限: 見積もりの有効期限が切れる日付。見積もりの有効期限が切れると、プロスペクトはリンクにアクセスできなくなりますが、コンタクト情報は参照できます。
  3. 購入者へのコメント: 購入者が知っておくと役に立つ追加情報。[スニペットを挿入] をクリックしてスニペットを選択します。
  4. 備考: 購入者が知っておくべき規則または規制。[スニペットを挿入] をクリックしてスニペットを選択します。
  5. ブランディング: HubSpot アカウントのブランディング設定で設定されている会社のロゴと色。 

見積もりの詳細をカスタマイズしたら、[次へ] をクリックします。

quotes-details購入者情報 

見積もりを作成するコンタクトと企業を選択します。

  • [コンタクトを追加] をクリックします。ダイアログボックスで、見積もりに表示するコンタクトの横にあるチェックボックスをオンにします。[保存] をクリックします。   
  • [会社を追加] をクリックします。ダイアログボックスで、会社を検索し、見積もりに表示する会社の横にある [選択] をクリックします。 
  • コンタクトと会社を選択したら、[次へ] をクリックします。

add-contact-quote

お客様の情報 

お客様と会社に関する情報が正確であることを確認します。完了したら、[次へ] をクリックします。

quotes-your-info製品 

見積もりのページに表示される製品を確認します。

  • さらに製品を追加するには、[製品を追加] をクリックします。 
  • 製品を編集するには、製品にマウスを合わせて [アクション] > [編集] の順にクリックします。
  • 製品を削除するには、[アクション] > [削除] の順にクリックします。

ここで変更を行うと、取引レコードに表示されている製品が更新されます。 

[合計] セクションには、税金と手数料を追加するオプションがあります。 

  • 税金を追加するには、[+税金を追加] をクリックします。税金の名前を入力し、右側の [米ドル] フィールドに値を入力します。 
  • 手数料を追加するには、[+手数料を追加] をクリックします。手数料の名前を入力し、右側の [米ドル] フィールドに値を入力します。 

追加した税金や手数料は、[米ドル] フィールドの右側にあるゴミ箱アイコンをクリックすると削除できます。合計は、小計に料金と手数料を加算して自動的に計算されます。

完了したら、[次へ] をクリックします。

quotes-products-taxes-fees

署名と支払い 

見積もりの署名オプションを選択します。 

  • 署名がありません - 見積もりを承認するために署名は必要ありません。 
  • プリント署名用のスペースを含める - 印刷された見積もりのコピーで手書きの署名を使用します。  
  • 電子署名を使用 - デジタル署名を使用して見積もりに署名します。 
[電子署名を使用] を選択する場合は、プロスペクトのチームから必要な署名と、お客様のチームの誰が見積もりに副署名する必要があるのかを決定します。
  • 署名が必要なコンタクトの E メールの横にあるチェックボックスを選択します。 
  • [副署名者] ドロップダウンメニューをクリックし、チームメンバーの名前を選択します。  e-signature-required-sig-countersigners

署名オプションを設定したら、Stripe 統合を使用して見積もりから直接顧客に請求する場合は、[接続済みの Stripe アカウントを使用する] をクリックしてオンに切り替えます。

プレビュー 

見積もりのプレビューを確認したら、[見積もりを終了] をクリックします。[すべての見積もりに承認が必要です] 設定が有効になっている場合は、[見積もりを要求] をクリックします。 

finish-quote

注: 見積もりのプレビューはアカウント言語で表示されますが、訪問者にはブラウザーの言語設定に基づいて見積もりが表示されます。たとえば、訪問者のブラウザーの言語設定がフランス語である場合、見積もりページにはフランス語で生成された見積もりが表示されます。

見積もりの共有

見積もりは複数の方法で共有できます。

  • ダイアログボックスで、[コピー] をクリックして見積もりページの URL をコピーします。新しいブラウザーに URL を貼り付けて見積もりページを表示し、見積もりページを表示する URL を送信できます。 
  • ダイアログボックスで、[見積もりを含む E メールを作成] をクリックします。HubSpot でコンタクトのタイムラインに移動し、見積もりページへのリンクを表示する [E メール] タブが自動的に開きます。

quote-copy-email

  • コンタクト、会社、または取引レコードから、[E メール] タブをクリックします。次に、[見積もり] ドロップダウンメニューをクリックして見積もりを選択します。ドロップダウンメニューに見積もりが表示されるには、そのコンタクトまたは会社レコードに関連付けられている取引に作成された見積もりがあることが必要です。select-quote-from-crm-communicator

見積もりページの URL を使用して、コンタクトはブラウザーに見積もりを表示したり、印刷したりすることができます。

見積もりのエクスポート 

HubSpot から既存の見積もりをすべてエクスポートすることができます。

  • HubSpotアカウントにて、ナビゲーションバーに表示される[設定アイコン settings]をクリックします。
  • 左側のサイドバーメニューで、[セールス]>[製品と見積もり]の順に進みます。 
  • [見積もり] タブをクリックし、[エクスポート] をクリックします。export-quotes
  • ダイアログボックスが表示されたら、[ファイル形式] ドロップダウンメニューをクリックし、受信するファイルのタイプを選択します。E メールを入力し、[エクスポート] をクリックします。
  • 見積もりデータのダウンロードリンクが指定した E メールアドレスに送信されます。

見積もりの電子署名 (Sales Hub Enterprise のみ)  

電子署名は、特定のドキュメントの条件に合意する人物の電子表現です。電子署名は米国、カナダ、欧州連合、英国、その他多数の国において有効で合法です。手書きの署名と同じ法的効力を持ちます。

HubSpot の電子署名機能は HelloSign を利用しています。ユーザーは、HubSpot 内の通常の見積もり作成プロセスで電子署名を使用するために HelloSign のアカウントを作成する必要はありません。

見積もりに電子署名するには、ブラウザーで見積もりリンクを開くか、取引レコードから直接見積もりにアクセスします。

  • HubSpotアカウントにて、 [セールス] > [取引]の順に進みます。
  • 取引の名前をクリックします。
  • 左側の見積もりカードで、署名を必要とする見積もりを見つけ、[アクション] > [副署名] の順にクリックします。 countersign-quote
  • 見積もりの一番下にある [登録] をクリックします。 click-sign-on-quote
  • ダイアログボックスで、E メールアドレスの横にある [確認] をクリックします。 verify-email-dialog-box
  • 認証 E メールがお客様の受信トレイに送信されます。E メールアカウントにサインインして、認証 E メールを見つけます。[確認して署名] をクリックします。 verify-and-sign-quote
  • 見積もりの一番下までスクロールし、名前の横にある署名フィールドをクリックします。または右上の [開始する] をクリックして、署名フィールドをクリックします。 
  • ダイアログボックスで、署名を作成します。完了したら、[挿入] をクリックします。sign-quote-with-hello-sign
  • [続ける] をクリックします 
  • 契約条件を確認したら、[同意します] をクリックします。 
  • [閉じる]をクリックします。 

プロスペクトが見積もりに署名したかどうか確認するには、取引レコードの見積もりカードに移動します。[アクション] > [署名済みの見積もりをダウンロード] をクリックして、署名済み見積もりのコピーをダウンロードして印刷します。署名を待っている場合は、[アクション] > [署名を表示] をクリックして、誰が署名をする必要があるかを確認します。 

: 各ユーザーは、HubSpot アカウントで月間 30 件の署名を使用できます。 

見積もりの承認 (Sales Hub Enterprise のみ - ベータ版)

営業マネージャーは、プロスペクトに見積もりを送信する前に、見積もりの条件を確認または割引率を承認する必要があります。見積もりの承認設定を有効にし、プロスペクトと見積もりを共有する前にユーザーの承認を要求します。この機能は現在ベータ版です。 

  • HubSpotアカウントにて、ナビゲーションバーに表示される[設定アイコン settings]をクリックします。
  • 左側のサイドバーメニューで、[セールス] > [製品と見積もり] の順に進みます。 
  • [見積もり] タブをクリックします。 
  • [すべての見積もりで承認が必要] をクリックしてオンに切り替えます。all-quotes-require-approvals
  • ダイアログボックスで、[承認者] ドロップダウンメニューをクリックし、すべての見積もりを承認するユーザーを選択します。 

: 見積もりを承認できるのは Sales Hub Enterprise のユーザーのみなので、承認者は各 HubSpot アカウントに 1 人しかいません。

  • [承認者を設定してワークフローを作成] をクリックします。choose-a-quotes-approver

この設定を有効にすると、アクティブな 3 つのワークフローが自動的にアカウントに追加されます。ワークフローには、「見積もりで承認が必要な場合」「見積もりで変更がリクエストされた場合」「見積もりが承認された場合」という名前が付けられます。これらの見積もりベースのワークフローをワークフローツールでカスタマイズできます。

見積もりベースのワークフローでは、見積もりが署名されたら自動的に取引ステージが更新されるようにしたり、コンタクトにフォローアップする必要がある場合にチームに内部通知を送信したりするアクションを追加できます。詳細は、見積もりベースのワークフローの使用を参照してください。

見積もりベースのワークフローをカスタマイズしたら、見積もりから直接変更をリクエストしたり、見積もりを承認したりできます。すべてのタスクとプロパティ値の更新は、ワークフローの自動化を通じて自動的に行われます。変更をリクエストまたは見積もりを承認するには、次の手順を実行します。

  • 見積もりの上部にある [変更をリクエスト] をクリックします。
  • ダイアログボックスで、テキストフィールドにコメントを入力し、[変更をリクエスト] をクリックします。   request-changes-dialog-box
  • 見積もりを調整し、公開する準備ができたら、見積もりの右上にある [承認して公開] をクリックします。 

見積もりの削除

見積もりを削除するには、次の手順を実行します。

  • HubSpotアカウントにて、 [セールス] > [取引]の順に進みます。
  • 見積もりを作成した取引の名前をクリックします。
  • 見積もりカードで、アカウントから削除する見積もりの横にある [削除] をクリックします。見積もりが署名または支払い済みの場合は削除できません。 delete-quote
  • 表示されるダイアログボックスで、[はい、見積もりを削除します] をクリックします。