Email Notifications

HubSpot CRMのEメール連携に関するFAQ

更新日時 September 28, 2018

free

ここでは、HubSpotとEメールの受信トレイの連携(接続)に関してよくあるご質問と回答をご紹介します。受信ボックスを連携している場合、CRMを介してEメールを送信する必要があり、HubSpot Salesの機能をご利用いただく必要があります。受信トレイの連携について詳しくは、こちらをご覧ください。

CRMに受信トレイを接続することによって、どのようなことができますか?

受信トレイの連携後、HubSpot CRMでは関連するEメールの返信のログを受信ボックス内に自動的に記録し、CRMにも記録します。また、連携している受信トレイの送信済みフォルダーで、CRMから送信されたEメールを追跡することもできます。

受信トレイの連携後、CRMはどのようにしてログを取る返信メールを認識しますか?

受信トレイを連携すると、送信元のEメールアドレス、受信者のEメールアドレス、件名、Eメールの本文など、Eメールに関する情報にHubSpotはアクセスできるようになります。これらの情報は、IMAP経由でEメールのメタデータの直接処理によって収集されます。

すべての「返信」メールには元のメールの一意の参照ID番号が含まれているため、HubSpot CRMはCRMから送信したEメールまたはCRMに記録されている(BCCで送信された)Eメールへの返信メールである受信メールを追跡することができます。以前にCRMにログが記録されているEメールスレッド、またはCRMから送信したEメールスレッドのEメールの本文のみが読み込まれて保存されます。 

CRMにはどのような情報のログが記録されますか?

CRMのコンタクトレコードにEメールのログを記録したり、そのような記録されているEメールから返信メールを受け取ると、そのEメールをCRMのコンタクトレコードの一部として表示できるよう、コンタクトのEメールアドレス、名前、件名、および本文がHubSpot CRMに保存されます。そのEメールは保存されて、CRMにBCCで送信または転送されたように表示されます。CRMの外部に送信された添付ファイルはコンタクトのレコードには保存されませんのでご注意ください。

HubSpot CRMは、CRMを介して送信したEメールの本文に対してどのようなことを行いますか?

HubSpot CRMは、CRMで受信者のコンタクトレコードにEメールを表示するためにのみEメールのテキストを使用します。HubSpotは、その情報をチーム以外の人と共有や販売をしたり、分析目的でEメール本文を匿名で収集することもありません。 

連携している受信トレイに関して、HubSpotはどのようなセキュリティ対策を実施していますか?

HubSpotは個人情報の送信または保存を行う際には、厳重に情報の保護を行っています。たとえば、お客様のコンピューターとデータのやり取りをする際はデータを暗号化し、最高水準のセキュリティ対策を行ってネットワークへの不正または意図しないアクセスを防止しています。HubSpotにおけるデータの保護について詳しくは、https://www.hubspot.jp/securityをご覧ください。