Email

HubSpot Eメールツール:ベストプラクティス

更新日時 December 1, 2016

Eメールマーケティングキャンペーンを可能な限り成功させたいのであれば、Eメールテンプレートとコンテンツのベストプラクティスに従うことで、Eメールの到達率を確実にし、受信者のエンゲージメントを向上さることができます。

Eメールテンプレートの作成

テンプレートはシンプルにする

Eメールキャンペーンは、Eメールの外観ではなく、メッセージに集中するべきです。ウェブサイトと同じように、コンテンツが常に重要になります。

Eメールの幅を600ピクセル以下に維持する

こうすることにより、OutlookなどのEメールクライアントのユーザーは、縦のプレビューウィンドウでEメールを表示できるようになります。HubSpotのEメール設定で、本文の幅を設定できます。

CAN-SPAMルールに従う

すべてのEメールには、企業名と住所のほかに購読解除オプションを含める必要があります。HubSpotでは、この要素が含まれていない限り、Eメールテンプレートを保存できません。HubSpot内でCAN-SPAM情報を設定する方法に役立つ以下のドキュメントをご覧ください。

HubSpotテンプレートビルダーでテンプレートを作成する
さまざまなEメールクライアントで一貫性を保つコーディングをするには、各クライアントのHTMLとCSSの微妙な違いを理解する必要があります。そのすべての手間を省いて、HubSpotでは組み込みのツールを使用してEメールを作成でき、主要なEメールクライアントで見栄えがよく、モバイル対応のレスポンシブデザインにすることができます。

コード対応ソフトウェアを使用する

外部のカスタムコードをリッチテキストモジュールにコピーして貼り付ける場合は、メモ帳やSublime Textのようなシンプルなテキストエディターを使用します。Wordやその他のライブ反映機能エディターからコンテンツをコピーすると、一般的に不要なコードが追加され、特定のEメールクライアントでEメールが正しく表示されなくなります。代わりにHubSpotのEメールエディターでコンテンツを作成してください。

テーブルを使った設計

テーブルを使ったウェブページの設計、もはやベストプラクティスではありませんが、Eメールを設計する場合は重要になります。複数のEメールクライアントでデザインを正しくレンダリングする唯一の方法になります。テーブルのサイズは必ずソースコード内で調整し、Eメールの応答に対応させます。

インラインCSSを使用する

GmailやHotmailなどブラウザーベースのEメールサービスは、DOCTYPE、BODY、HEADタグを取り除いてしまうため、代わりにインラインCSSを使用します。

ユーザー追加画像
ユーザー追加画像

CSSのショートハンドを避ける

CSSのショートハンドの例:

正しいCSSの例:

外部または内部のCSSクラスやIDを避ける