お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
Email

Marketing Hub Starter E メールアカウントの設定を管理する

更新日時 2019年 4月 8日

対象製品

Marketing Hub  Professional, Enterprise
Basic

既定の設定を確認して HubSpot の E メール機能を利用できるよう、最初の E メールを送信する前に E メールの設定をレビューしてください。 

ご注意ください。ここで説明する設定は Marketing Hub Starter アカウントに適用されます。これらのアカウントに該当しない場合は、Marketing Hub Professional および Enterprise マーケティング E メールアカウントのセットアップ方法をご確認ください。

  • HubSpotアカウントにて、ナビゲーションバーに表示される[設定アイコン settings]をクリックします。
  • 左のサイドバーメニューから、[マーケティング] > [E メール] の順に移動します。
  • マーケティング E メールには次の設定があります。


設定

[設定] タブでは、E メールの既定のサイズ、色、E メールフッター情報を設定します。

フッター

E メールフッターには、ビジネスの住所が表示されます。この情報は、すべてのマーケティング E メールのフッターに自動的に取り込まれます。

マーケティング E メールを送信するには、次のフィールドが必要です。

  • オフィス所在地名
  • 会社名
  • 住所
  • 市区町村
  • 都道府県

HubSpot のヘルプ記事のスクリーンショット

必要な E メールフッター情報の詳細と、HubSpot で E メールフッターを管理する方法をご確認ください。


ページパーソナライズの既定値

コンタクトと会社のパーソナライズトークンのグローバル既定値を設定します。パーソナライズトークンのグローバル既定値を設定する方法をご確認ください。

  • [既定を編集] をクリックし、[コンタクトのプロパティーの既定設定] または [会社のプロパティーの既定設定] を編集します。
  • 表示されるダイアログボックスでプロパティーを検索して選択し、既定値を入力します。
  • [保存] をクリックして変更を適用します。 

Apply-default-values-to-email-personalization-tokens-from-Content-Settings


ダブルオプトイン

ポップアップフォームのダブルオプトイン設定を管理します。この追加の確認ステップで、フォームから作成されたすべての新しいコンタクトの E メールアドレスを検証することで、E メールの到達可能性が大幅に向上します。ダブルオプトインの仕組みをご確認ください。

  • フォーム送信を介して作成された新しいコンタクトに確認 E メールを送信するには、[ダブルオプトイン] トグルをオンに切り替えます
  • [送信者] ドロップダウンメニューを使用して、ダブルオプトイン E メールの [送信者アドレス] を選択します。
  • [ダブルオプトインの言語] を使用して既定の言語を選択します。
  • ダブルオプトイン E メールの[件名]を入力します。

プレビューが表示され、ダブルオプトイン E メールが受信者にどのように表示されるかを確認できます。

 

サブスクリプションタイプ

E メールサブスクリプションタイプとは、オプトインしたサブスクライバーが受信するコンテンツのタイプを要約するものです。既定では、アカウントにマーケティング 情報という E メールサブスクリプションタイプが設定されます。新しいサブスクリプションタイプを作成するには、次の手順に従います。

  • [サブスクリプションタイプを作成] をクリックします。
  • サブスクリプションタイプの名前と社内向けの説明を入力します
  • [有効] チェックボックスにオンにします。これにより、新しく作成したサブスクリプションタイプが E メール設定ページに表示されます。
  • E メールサブスクリプションタイプの公開プレビューを入力します。この情報は E メール設定ページに表示されます。

サブスクリプションタイプを作成して管理する方法およびサブスクリプションタイプがコンタクトのプロパティーに与える影響などについてご確認ください。

GDPR 機能が有効になっていて、[コミュニケーションに法的根拠があるコンタクトへのマーケティング E メールの送信のみを許可します] ボックスがオンになっている場合、ステータスが [オプトイン] のコンタクトにのみ E メールを送信できます。