お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
Email

マーケティング E メールのパフォーマンス指標を理解する

更新日時 1月 23, 2019

対象製品

Marketing Hub Professional, Enterprise
Basic
  • HubSpotアカウントにて、[マーケティング] > [Eメール]の順に進みます。
  • E メールの名前をクリックします。
  • [パフォーマンス] タブまたは [受信者] タブをクリックします。

[パフォーマンス] タブの測定指標

ユーザー追加画像
ユーザー追加画像
  • 送信済み - E メールメッセージ送信対象として選択したコンタクトから、不適格な (以前にハードバウンスされた、またはサブスクライブ解除し) コンタクトを除いた数。
  • 開封率 - 開封率とは、E メールが配信された人のうち、開封した人の割合です。
  • クリック率 - クリック率とは、E メールが配信された人のうち、E メール内のリンクをクリックした人の割合です。
  • クリックスルー率 - これは、E メールを開封した人のうち、E メール内のリンクをクリックした人の割合です。
  • 成功した配信 - E メールメッセージが配信された旨がサーバーから通知された、E メールアドレスの数。通常は、送信済みからハードバウンスとソフトバウンス (保留) を除いた数です。
  • バウンス - バウンスした E メールの合計数。この統計情報をクリックして、[受信者] タブで詳細を確認できます。
  • サブスクライブ解除数 - 特定の E メールをサブスクライブ解除 (オプトアウト) したコンタクトの数。これらのコンタクトは、今後のキャンペーンで不適格とマークされます。この統計情報をクリックして、[受信者] タブで詳細を確認できます。
  • スパムレポート - E メールをスパムとしてマークしたか、E メールを受信トレイから迷惑メールフォルダーにドラッグしたコンタクトの数。この統計情報をクリックして、[受信者] タブで詳細を確認できます。

[受信者] タブの測定指標

ユーザー追加画像
ユーザー追加画像
  • 送信済み - 選択した受信者リスト上のコンタクトの合計数から、ブロック済み受信者数 (除外リスト) を除いた数。E メールメッセージに複数の受信者リストが含まれている場合は、1 人に同じ E メールメッセージが何通も送られないよう、システムがコンタクトの最終リストをまとめ上げ、重複を削除する点に注意してください。
  • 配信済み - E メールメッセージが配信された旨がサーバーから通知された、E メールアドレスの数。
  • 開封済み - 開封済みであり、かつ「画像の表示」を有効にしていた E メールの件数。すべての E メールクライアントのうち、既定で画像を表示するものは約半分しかないため、この指標は実態に即した値というよりも、大まかな指針を示すインジケーターとして役立つことに注意してください。
  • クリック済み - E メールに記載されたリンクのうち、[サブスクライブ解除] リンクまたは [サブスクリプション設定] リンク以外のリンクをクリックした一意の受信者の数。
  • バウンス - 送信時にバウンスした選択済み E メールの合計数。バウンスは、バウンスの性質に応じてより詳細なカテゴリに絞り込まれます。
    • ハードバウンス - ハードバウンスとは、そのアドレスが無効であり、今後は送信しないようにする必要があることを示しています。E メールの送信先が不明なユーザーだった場合や、E メールのコンテンツが送信先のスパムフィルターに引っかかった場合、または他のコンタクトが多すぎてサーバーが E メールをスパムと判断した場合などが考えられます。コンタクトの E メールがハードバウンスを返すと、将来の E メールで不適格とマークされます。コンタクトは有効だが E メールのセキュリティーフィルターが原因でバウンスする場合、送信側 IP アドレスをホワイトリストに登録してレコードのバウンスを解消するようにコンタクトに依頼することができます。
    • ソフトバウンス - ソフトバウンスは、一時的な問題により、E メールが目的の受信者に届かなかったことを意味します。その E メールは、正常に配信されるか永続的な問題が生じるまで、最長で 72 時間、再送信が続けられます。送信中のあらゆる時点でソフトバウンスを返した E メールアドレスの合計数がカウントされます。ソフトバウンスを返した受信者は、それ以降も E メール送信対象に含まれます。[繰延] もソフトバウンスであり、同様に最長 72 時間にわたって E メールメッセージの再送信が試みられます。
  • サブスクライブ解除済み - 特定の E メールをサブスクライブ解除 (オプトアウト) したコンタクトの数。これらのコンタクトは、今後のキャンペーンで不適格とマークされます。
  • スパムレポート - E メールをスパムとしてマークしたか、E メールを受信トレイから迷惑メールフォルダーにドラッグしたコンタクトの数。送信した E メールをスパムとしてマークしたコンタクトは、以降のすべての E メールから自動でサブスクライブ解除されます。[スパムとしてマーク済み] は、E メールメッセージが絞り込まれてコンタクトのスパムフォルダーまたは迷惑メールフォルダーに入る、という意味ではありません。
  • [未送信] (または、不適格) - サブスクライブ解除済み、スパム、ハードバウンスのいずれかの理由により、送信前に除外されたコンタクトの数。[ドロップ済み] と表示されることもあります。この用語は基本的に、コンタクトがすでに不適格になっているので E メールが送信されなかったことを意味します。

バウンスが返されたコンタクト、サブスクライブ解除したコンタクト、およびあなたの会社の E メールメッセージをスパムとしてマークしたコンタクトに E メールメッセージを再送信しないようにするために、特別な対策を講じる必要はありません。HubSpot 側で自動的に対策が講じられます。バウンスを返したコンタクトまたはサブスクライブ解除したコンタクトは、アカウント内に保持されるので、データを保守できます。ただし、これらのコンタクトは、今後のキャンペーンにおける送信対象から自動的に除外されます。

E メールの配信可能性の改善の詳細を確認してください。