Become a HubSpot power user — join us for HubSpot Training Day 2017.

Email

Eメール統計情報とはどういう意味ですか。

更新日時 December 5, 2016

  • [Content(コンテンツ)] > [Email(Eメール)]の順にクリックし、送信済みEメールメッセージを選択し、詳細情報を表示します。
  • [Email Details(Eメール詳細)]で[Performance(パフォーマンス)]タブまたは[Recipients(受信者)]タブをクリックします。
  • マウスポインタをグラフ上およびサブタブ上に置くと、Eメール統計情報の説明が表示されます。

Eメール関連用語の一覧

[Performance(パフォーマンス)]タブページには次の情報が表示されます。

ユーザー追加画像
ユーザー追加画像
  • [Sent(送信済み)] - Eメールメッセージ送信対象として選択したコンタクトから、不適格なコンタクト(過去にハードバウンスされたコンタクトまたは購読解除済みのコンタクト)を除いた数。
  • [Delivered(配信済み)] - Eメールメッセージが配信された旨がサーバーから通知された、Eメールアドレスの数。通常は、送信済み件数からハードバウンス件数とソフトバウンス件数(保留)を除いた数です。
  • [Opened(開封済み)] - 開封済みであり、かつ"画像表示"が有効になっていたEメールメッセージの件数。すべてのEメールクライアントのうち、既定で画像を表示するものは約半分しかありません。したがって、この指標は実態に即した値というよりも、大まかな指針を示すインジケータとして役立つことに留意してください。
  • [Clicked(クリック済み)] - Eメールメッセージに記載されているリンクのうち、購読解除リンクまたは購読設定リンク以外のリンクをクリックした一意の受信者の数。
  • [Contacts Lost(離れたコンタクト)] - 購読解除済み、スパム扱い、ハードバウンスのいずれかの理由により、今回の送信時に不適格としてマークされたコンタクトの数。

[Recipients(受信者)]タブページには、次の詳細情報が表示されます。

ユーザー追加画像
ユーザー追加画像
  • [Selected(選択済み)] - 選択した受信者リスト上のコンタクト数から、ブロック済み受信者数(除外リスト上のコンタクト数)を除いた数。次の点に留意してください。Eメールメッセージに複数の受信者リストが含まれている場合、1人に同じEメールメッセージが何通も届かないようにするため、重複する受信者を削除した最終的な受信者リストにまとめられます。
  • [Not Sent(未送信)](例:不適格) - 購読解除済み、スパム、ハードバウンスのいずれかの理由により、送信前に除外されたコンタクトの数。[Dropped(ドロップ済み)]と表示されることもあります。この用語は基本的に、コンタクトが既に不適格になっているのでEメールが送信されなかったことを意味します。
  • [Hard Bounce(ハードバウンス)] - ハードバウンスとは、Eメールアドレスが無効になっており、再送信すべきでないことを意味します。ハードバウンスが返される理由としては、Eメールメッセージの送信先が不明なユーザーである、Eメールの内容がコンタクトのスパムフィルタに引っかかった、送信対象であるコンタクトの数が多すぎるためEメールメッセージがスパムであると判断された、などが考えられます。あるコンタクト宛のEメールメッセージに対してハードバウンスが返された場合、そのコンタクトは不適格としてマークされ、次回の送信対象から除外されます。
  • [Soft Bounce(ソフトバウンス)] - ソフトバウンスは、一時的な問題により、Eメールメッセージが目的の受信者に届かなかったことを意味します。正常に配信されるか永続的な問題が生じるまで、最長72時間にわたってEメールメッセージの再送信が試みられます。この値は、送信時にソフトバウンスが返されたEメールアドレスの数です。ソフトバウンスを返した受信者は、引き続きEメールメッセージ送信対象に含まれます。[Deferred(延期済み)]もソフトバウンスであり、同様に最長72時間にわたってEメールメッセージの再送信が試みられます。
  • [Unsubscribed(購読解除済み)] - 特定のEメールメッセージを購読解除(オプトアウト)したコンタクトの数。これらのコンタクトは、今後のキャンペーンに対して不適格としてマークされます。
  • [Marked as Spam(スパムとしてマーク済み)] - あなたの会社のEメールメッセージを手動でスパムとしてマークしたコンタクトの数。コンタクトがあなたの会社のEメールメッセージをスパムとしてマークすると、あなたの会社のすべてのEメールメッセージが自動的に購読解除されます。[Marked as Spam(スパムとしてマーク済み)]は、Eメールメッセージがコンタクトのスパムフォルダまたは迷惑メールフォルダに入る、という意味ではありません。関連記事「スパムに対する苦情とはどのようなものですか?」および「Eメールがスパムと思われないようにするにはどうすればいいですか?」を参照してください。

バウンスが返されたコンタクト、購読解除したコンタクト、およびあなたの会社のEメールメッセージをスパムとしてマークしたコンタクトにEメールメッセージを再送信しないようにするために、特別な対策を講じる必要はありません。このことは重要です。HubSpot側で自動的に対策が講じられます。バウンスを返したコンタクトまたは購読解除したコンタクトは、アカウント内に保持されるので、データを保守できます。ただし、これらのコンタクトは、今後のキャンペーンにおける送信対象から自動的に除外されます。