CRM

商談情報に基づいてコンタクトをセグメント化するにはどうしたらよいですか?

更新日時 November 28, 2016

マーケターにとって、最も重要なアセットの1つがリードや顧客に関する詳細情報です。CRMをHubSpotと統合している場合、HubSpot CRMで商談またはオポチュニティオブジェクトのデータに基づいてリストをセグメント化するには、次のいずれかの方法を使用します。

  • HubSpot CRMを使用する

  • オポチュニティの同期がオンになっているSalesforceインテグレーションを使用する

  • 商談UIが有効な商談APIを使用する

上記のいずれかの方法でCRMをHubSpotと統合している場合、HubSpotのリストセグメンテーションで新しい[Deal Property(商談プロパティ)]オプションを使用できます。

ユーザー追加画像
ユーザー追加画像

リストセグメンテーション内では、商談要件を追加して、特定の商談をさらにセグメント化できます。

ユーザー追加画像
ユーザー追加画像

これで、同じ商談を多くのバリエーションでセグメント化できます。

ユーザー追加画像
商談情報を使用して作成したリストの活用方法をいくつかご紹介します。
  • 最新の商談ステージが、[Closed Date(クローズ日)]が6か月以上前で、[Closed Lost(クローズ済みの失敗商談)]としてマークされている全員のリストを作成し、再エンゲージメントキャンペーンを作成します。

  • 最新の商談ステージが[Demo Scheduled(デモをスケジュール済み)]以上になっているコンタクトのリストを作成し、それらのコンタクトをワークフローの抑制リストに追加します。こうすることにより、セールスサイクルの後半で営業担当者からのみコンタクトするようにします。

  • ハイバリューコンタクト(ステージが[Closed Won(クローズ済みの獲得商談)]の商談および金額が大きい商談を持つコンタクト)のリストを作成し、それらのコンタクトに特別なプロモーションを提供します。