お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
Integrations

HubSpot APIキーへのアクセス

更新日時 2019年 8月 16日

お使いのアカウントでスーパー管理者アクセス権がある場合は、統合設定でHubSpot APIキーにアクセスできます。HubSpot APIキーを開発者に提供することにより、お使いのHubSpotアカウントで情報をやり取りするAPIを開発者が作成できるようになります。

HubSpot APIキーで可能になるアクセスにより、セキュリティ上の理由によってHubSpot APIキーのローテーション定期的に検討する必要があります。HubSpot APIキーのローテーションをするには、既存のAPIキーを無効にして新しいものを生成する必要があります。

これによりダウンタイムが生じて作業が必要になる可能性がありますが、悪意のある統合が既存のAPIキーでHubSpotの情報にアクセスするのを防ぐことにより、セキュリティレイヤーを追加することができます。

  • HubSpotアカウントにて、右上に表示される[アカウント名]をクリックし、[統合]をクリックします。
  • 左のサイドバーメニューで、[統合]>[API キー] の順に進みます。
  • アカウントのキーが生成されていない場合は、[APIキーを生成] をクリックします。
  • すでに API キーを生成している場合は、[Show key (キーを表示)] をクリックしてキーを表示します。

api -key

  • キーが表示されたら、[コピー] をクリックしてキーをコピーします。キーを貼り付けて、れそを開発者に提供したり、それを自分の統合で使用したりできます。
  • HubSpot APIキーをローテーションするには、次のようにします:
    • [無効化] をクリックして、キーを無効にします。無効化されたこのHubSpot APIキーを使用するAPIコールが失敗するようになり、このキーを使用するアプリケーションは情報にアクセスできなくなります。
    • [APIキーを生成] をクリックして、新しいHubSpot APIキーを生成します。
    • [コピー] をクリックし、自分の統合で使用されている無効化されたAPIキーを、この新しいAPIキーに置き換えて、情報にアクセスできるようにします。
  • [監査ログ]セクションに、APIキーを閲覧、作成、または無効化したユーザーのログが表示されます。