Lead-Flows

リードフローを作成

更新日時 October 23, 2018

free

リードフローツールを利用すると、新規リードをアトラクトする(惹き付ける)リード獲得フォームを簡単に作成することができます。リードフローは、HubSpotでホスティングされているウェブサイトの全ページ、ランディングページ、ブログ記事について作成できます。HubSpotでホスティングされていないページについてもリードフローを追加したい場合、そのサイトにHubSpotのトラッキングコードをインストールする必要があります。

リードフローの新規作成

  • HubSpotアカウントにて、[マーケティング] > [リードの獲得] > [リードフロー]の順に進みます。
  • 画面右上の[Create lead flow(リードフローを作成)]をクリックします。

タイプ

[Type(タイプ)]タブでは、作成するリードフローのタイプを選択します。

  • [Pop-up box(ポップアップボックス)]:注意喚起力に優れたオプションです。ソーシャルチャネルの宣伝、Eメールリストの拡充、重要なコンテンツの提供に最適です。  
  • [Dropdown banner(ドロップダウンバナー)]:期間限定のオファー(セール、ウェビナーなど)の宣伝や、ブログの読者登録促進に適しています。 

  • [Slide-in box left(スライドインボックス(左))]または[Slide-in box right(スライドインボックス(右))]:自社コンテンツの宣伝やブログの読者登録促進に効果的なオプションです。

リードフローのタイプを選択したら、画面上部のタイトル横にある鉛筆アイコンをクリックして、作成するリードフローの名前をカスタマイズすることができます。完了したら、[Next(次へ)]をクリックします。 

コールアウト

[Callout(コールアウト)]のタブでは、訪問者の注意を喚起するコールアウト(またはCTA、Call-to-Action)を追加し、オファーについての簡単な説明を追加することができます。コールアウトには、次のようなカスタマイズが可能です。

  1. [Featured image(サムネイル画像)]コールアウトとフォームの各ステップで表示するサムネイル画像を選択できます(任意)。
  2. [Callout text(コールアウトテキスト)]:ウェブページに表示されるリードフローの見出し部分に表示する文字列を設定します。
  3. [Callout body(コールアウトボディ)]:オプションで、その他の文字情報追加する際に利用します。
  4. [Callout button text(コールアウトボタンテキスト)]作成するリードフローに応えて訪問者がクリックするボタンに表示する文字列を設定します。
  5. [Theme color(テーマカラー)]:作成するリードフローの全体を通じて使用するテーマカラーを設定します。設定には、あらかじめ用意された色見本から1種類をクリックする方法、16進数のカラーコード横に表示される色見本をクリックしてグラデーション上で色を選択する方法、16進数コードをカスタム入力する方法があります。

左側のサイドバーで設定をカスタマイズすると、その設定が右側のプレビュー画面に反映されます。このように、それぞれの段階でインタラクティブなプレビューを確認しながら、作成するリードフローの設定を行っていきます。   

コールアウトのテキストとカラーの設定が完了したら、[Next(次へ)]をクリックします。

HubSpotのヘルプ記事のスクリーンショット

フォーム

[Form(フォーム)]タブでは、リードフローのボタンを訪問者がクリックすると表示される内容を設定します。これには次の内容が含まれます。
  1. [Form body(フォーム本文)]:リードフローによって提供する価値について詳しくアピールするテキストを追加できます。本文テキストは、リードフローのコールアウト段階に追加することもできます。
  2. [Included fields(含まれるフィールド)][+ Add another form field(別のフォームフィールドを追加)]をクリックすると、フォームに含まれるフィールドを追加できます。リードフローは、次の各フィールド形式に対応しています。単行テキスト、複数行テキスト、ドロップダウンメニュー、単一チェックボックス、数値、日付選択カレンダー。鉛筆アイコンをクリックすると、フィールドのラベルを編集したりプレースホルダーテキストを追加したりすることで、訪問者への見せ方をカスタマイズできます。Eメールのフィールドには、ブロックするEメールアドレスやドメインを設定できます。
  3. [Form button text(フォームボタンテキスト)]:フォームボタンに表示される文字列を変更したい場合は、ここで設定します。初期状態では、[Callout(コールアウト)]のタブで設定されたテキストが自動で反映されます。
  4. [Language(言語)]:フォームの言語を設定します。フォームフィールドのラベルなど、フォームの編集不可能な部分の言語を変更できます。現在は、英語以外にフランス語、スペイン語、日本語、ドイツ語、ポルトガル語(ブラジル)に対応しています。  

フォームのカスタマイズが完了したら、[Next(次へ)]をクリックします。

HubSpotのヘルプ記事のスクリーンショット

サンキュー

[Thank you(サンキュー)]のタブでは、訪問者がフォームに記入して送信すると表示されるお礼のメッセージを設定できます。リッチテキストエディターを使って、提供するリソースやダウンロード用コンテンツへのリンク、簡易なフォーマットのテキストを設定できます。

新しいページへの移動、ファイルのダウンロード、チームとのミーティング設定、カレンダーへのイベント情報追加といったアクションに訪問者をリダイレクトするには、[Add a button(ボタンを追加)]のチェックボックスをクリックしてリダイレクトボタンを追加します。リードフローを送信した後に訪問者がクリックできるリダイレクトボタンに表示されるボタンテキストは、カスタマイズすることができます。

リダイレクトボタンは、次のタイプのアクションに対応しています。

  • HubSpot以外のURLへのリダイレクト:訪問者は外部のウェブサイトにリダイレクトされます。[Non-HubSpot URL(HubSpot以外のURL)]のテキストフィールドに、外部ページのURLを入力します。
  • HubSpotのページまたはブログ記事へのリダイレクト:訪問者はHubSpotでホスティングされているウェブページまたはブログ記事にリダイレクトされます。[Choose a HubSpot page or blog post(HubSpotページまたはブログ記事を選択)]のドロップダウンメニューを使って、公開されているHubSpotページまたはブログ記事からリダイレクト先を選択します。
  • [Download a file(ファイルをダウンロード)]:訪問者は新しいファイルにリダイレクトされます。[Browse files(ファイルを参照)]をクリックして、画面右のファイルマネージャーからファイルを選択します。新しいファイルをアップロードするには、[Add file(ファイルを追加)]をクリックしてGoogle DriveまたはDropboxからファイルを選択するか、新しいファイルをアップロードします。
  • [Schedule a meeting(ミーティングをスケジュール)]:訪問者がミーティングリンクを利用して、チームメンバーとのミーティングをスケジューリングできます。[Meeting Link(ミーティングリンク)]のドロップダウンメニューをクリックして、表示されるミーティングリンクからリダイレクト先を設定します。
  • [Add a calendar event(カレンダーイベントの追加)]:訪問者のGoogleカレンダーまたはOutlookカレンダーに、新しいイベントを追加することができます。イベントの日付、時刻、詳細を入力します。

完了したら、[Next(次へ)]をクリックします。 

lead-flow-thank-you-redirect

フォローアップ

[Follow up(フォローアップ)]のタブでは、フォームに記入送信した訪問者に送信するフォローアップEメールを作成できます。[Create follow-up email(フォローアップEメールを作成)]をクリックします。 

:無料版をお使いの場合は、Eメールセットアップウィザードを実行してリードフローのダブルオプトイン機能を有効にする操作が必要です。

フォローアップEメールの詳しい設定をカスタマイズします。
  • [Sender(送信者)][Sender(送信者)]のドロップダウンメニューをクリックし、一覧化されるアカウントの中からフォローアップEメールの送信者を選びます。
  • [Subject(件名)]:Eメールの件名を入力します。
  • [Email body(Eメール本文)]:コンタクトとのエンゲージメントを持続させることに役立つメッセージを設定します。
  • [Edit email footer(Eメールのフッターを設定)]:フッターに記載される会社名や住所などの設定をカスタマイズできます。

lead-flow-follow-up-email

フォローアップEメールの設定が完了したら、[Next(次へ)]をクリックします。 

オプション

[Options(オプション)]タブでは、次のカスタマイズが可能です。 

  1. [Lead flow location(リードフローの場所)]:ターゲティングルールを設定して、作成するリードフローを表示させるウェブページをコントロールします。設定にはウェブサイトのURLまたはクエリパラメーターを使用できます。リードフローを表示させないページを指定することもできます。
    • ウェブサイトURLを使用する方法には、[is all pages(すべてのページ)]、[is(これらのURLに完全一致するページ)]、[begins with(これらで始まるURLのページ)]の3種類のオプションがあります。例えば、[is(これらのURLに完全一致するページ)]を選択してwww.website.comのURLを設定した場合、リードフローはこのURLに完全一致するページのみに表示されます。 
    • クエリパラメーターを使用する方法では、特定のパラメーターが指定の値になる場合にリードフローが表示されます。例えば、utm_campaign="spring_promotion"と設定すると、キャンペーンパラメーターの値が"spring promotion"になっているすべてのページでリードフローが表示されます。 
    • [Add an exclusion rule(除外ルールを追加)]を使用すると、指定するページ(プライバシーポリシーなど)でリードフローが表示されないようにすることができます。
  2. [Flow triggers(フロートリガー)]:ここで選択するユーザーアクションがトリガーとなって、リードフローが表示されます。
    • [Page scroll(ページスクロール)]を選択すると、訪問者がサイト内のページを半分までスクロールした時点でリードフローが表示されます。
    • [Elapsed time(経過時間後)]を選択すると、ページにアクセスしてから指定の秒数(最短7秒)が経過した時点でリードフローが表示されます。
    • [Exit intent(離脱意図があるとき)]を選択すると、訪問者のマウスポインターがブラウザーウィンドウの外に出た時点でリードフローが表示されます。注:離脱意図のオプションは、ポップアップボックスタイプのリードフローを選択した場合にのみ利用できます。
  3. [Small screen sizes(画面サイズ(小))][Disable lead flow on small screen sizes(画面サイズ(小)のリードフローをオフにする)]の横にあるチェックボックスをクリックすることで、モバイルデバイスへのリードフローの表示を無効にすることができます。リードフローはモバイル向けに最適化されていますが、HubSpotではGoogleが2017年1月に実施した変更を受けて、モバイルへのリードフロー表示を無効にする設定を推奨しています。
  4. [Show dismissed lead flow(却下されたリードフローをもう一度表示するまでの期間)]:以前リードフローを却下した訪問者に再度同じリードフローを表示するまでにどれだけ間隔をあけるかを設定できます。ドロップダウンメニューをクリックして、希望する間隔を選択します。  
  5. [Add contacts to Salesforce campaign(コンタクトをSalesforceキャンペーンに追加)]:HubSpotでSalesforceとの連携機能を使用している場合、このリードフローを送信するすべてのコンタクトを特定のSalesforceキャンペーンに関連付けることができます。 
  6. [Add contacts to GoToWebinar(コンタクトをGoToWebinarに追加)]GoToWebinarとの連携によって、リードフローを送信するすべてのコンタクトを特定のウェビナーに登録します。
  7. [Email notifications(コンタクトを獲得したときにEメール通知を送信)]:リードフローから訪問者の情報が送信されたことを通知するEメールの受信者を設定します。
  8. [Send opt-in email(オプトインEメールを送信)]:リードフローのダブルオプトイン設定を管理します。
  9. [Push new contacts to your email provider (optional)(新規コンタクトをEメールプロバイダーにプッシュ(任意))][Manage in settings(設定で管理)]をクリックすると、獲得したコンタクトをプッシュするEメールプロバイダーを設定できます。リードフロー作成画面の外でEメールプロバイダーの設定を管理するには、画面右上に表示されるHubSpotアカウントのドロップダウンメニューから[Settings(設定)]に移動し、左側のサイドバーメニューで、[Marketing(マーケティング)] > [Email service provider(Eメールサービスプロバイダー)]の順に選択します。

[Next(次へ)]をクリックして最後のステップに進みます。 

lead-flow-options

プレビュー

 [Preview(プレビュー)]タブでは、リードフローエディターが生成するインタラクティブなプレビューを使ってリードフローの各段階の表示とアクションを確認できます。各種のデバイスでリードフローがどのように表示されるかを確認するには、[Desktop(デスクトップ)][Tablet(タブレット)][Mobile(モバイル)]のボタンを順にクリックしてインタラクティブなプレビューを切り替えます。

リードフローのプレビューが完了したら、画面右上の[Publish(公開)]ボタンをクリックして、作成したリードフローの運用を開始します。まだ公開せず、ここまでの設定を保存しておくには、[Save(保存)]ボタンをクリックします。