お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
Lists

リストおよびワークフローでのURLクエリ文字列パラメーター

更新日時 1月 22, 2019

対象製品

Marketing Hub  Professional, Enterprise
Basic

トラッキングURLを使用して特定のソースやキャンペーンからの訪問をトラッキングする場合や、URLに値を含めて渡す場合、ウェブサイトのURLにクエリ文字列パラメーターを追加します。一部の外部CMSシステムでは、ページ上に特定のコンテンツを表示するためにもクエリ文字列パラメーターを使用しています。

HubSpotは、コンタクトレコードに保管する訪問済みURLからUTMパラメーターを削除します(例えば、www.domain.com/page?utm_source=stringの場合)。したがって、ページビューに基づいてリストやワークフローの条件を設定し、その条件にUTMパラメーターを含めると、クエリ文字列にUTMパラメーターが含まれているページを表示したコンタクトは、リストまたはワークフローに追加されません。HubSpotは、コンタクトレコードに保管する訪問済みURLからUTM以外のパラメーターは削除しません(例えば、www.domain.com/page?stringの場合)。

以下のシナリオでは、3人のコンタクトが同じページの異なるバージョンを表示しています。それぞれ、異なるクエリ文字列を使っているか、あるいはクエリ文字列を使っていないURLを使用しています。各シナリオで、コンタクトが条件を満たしているかどうかをリストツールとワークフローツールが判断する際に、どのようにクエリ文字列を処理するかを説明します。

  • コンタクト1は、トラッキングURL「http://www.domain.com/pricing?utm_source=email」が設定されているEメールキャンペーンの一部として用意されている価格設定ページを表示しています。
  • コンタクト2は、別のキャンペーンの一部として用意されている価格設定ページを表示しています。このページは、別のクエリ文字列「http://www.domain.com/pricing?specialdiscount」でトラッキングされています。
  • コンタクト3は、ウェブサイト内を移動して自然に見つけた価格設定ページを表示しています。このページにはクエリ文字列なしで到達したため、URLは「http://www.domain.com/pricing」になっています。
シナリオ1:Eメールキャンペーンの一部として用意されている価格設定ページを表示したコンタクトを抜き出すために、[Contact has visited URL containing(コンタクトが過去に次を含むURLを訪問した)]リスト演算子を「/pricing?utm_source=email」に設定したリストまたはワークフローを作成します。

list-1
URL内の文字列

訪問済みURLはUTMパラメータを削除した状態でコンタクトレコードに保管されますが、このリストで探すのは、この指定されたクエリ文字列を含むURLを訪問したコンタクトです。

  • コンタクト1はリストまたはワークフローに追加されません。これは、コンタクトレコード上では、コンタクト1が表示したURLから「?utm_source=email」が削除されているためです。つまり、リストまたはワークフローの条件で評価されるのは、コンタクト1が表示したURLの「/pricing」の部分だけとなります。このパラメーターは条件「/pricing?utm_source=email」と一致しません。
  • コンタクト2はリストまたはワークフローに追加されません。これは、コンタクト2が表示したURLに含まれるのは「/pricing?specialdiscount」であり、UTM以外のクエリ文字列パラメータはコンタクトレコードから削除されないためです。このパラメーターは条件「/pricing?utm_source=email」と一致しません。
  • コンタクト3はリストまたはワークフローに追加されません。コンタクト3が表示したURLには「/pricing」しか含まれていないためです。このパラメーターは条件/pricing?utm_source=email」と一致しません。
シナリオ2:別のキャンペーンの一部として用意されている価格設定ページを表示したコンタクトを抜き出すために、[Contact has visited URL containing(コンタクトが過去に次を含むURLを訪問した)]リスト演算子を「/pricing?specialdiscountl」に設定したリストまたはワークフローを作成します。
list4
  • コンタクト1はリストまたはワークフローに追加されません。これは、コンタクトレコード上では、コンタクト1が表示したURLから「?utm_source=email」が削除されているためです。つまり、リストまたはワークフローの条件で評価されるのは、コンタクト1が表示したURLの「/pricing」の部分だけとなります。このパラメーターは条件/pricing?special discount」と一致しません。
  • コンタクト2はリストまたはワークフローに追加されます。これは、コンタクト2が表示したURLに含まれるのは「 /pricing?specialdiscount」であり、UTM以外のクエリ文字列パラメーターはコンタクトレコードから削除されないためですこのパラメーターは条件/pricing?specialdiscount」と一致します。
  • コンタクト3はリストまたはワークフローに追加されません。コンタクト3が表示したURLには「/pricing」しか含まれていないためです。このパラメーターは条件/pricing?specialdiscount」と一致しません。

シナリオ3:「/pricing」が含まれ、クエリ文字列パラメーターは含まれていないURLを表示したコンタクトを抜き出すためのリストまたはワークフローを作成します。

list-2
  • 3人のコンタクトのすべてがリストまたはワークフローに追加されます。全員がURLに「/pricing」が含まれるページを表示したためです。このシナリオでは、クエリ文字列を使用してページを表示したかどうかは関係ありません。
シナリオ4:Eメールキャンペーン自体のURL?utm_source=email.」を訪問したコンタクトを抜き出すためのリストまたはワークフローを作成します。

ページビューに基づいてリストを作成する際に、[Contact has visited exact URL(コンタクトが過去に次のURL(完全一致)を訪問した )]演算子を使用すると、HubSpotはURLからUTMパラメーターを削除します。したがって、このリストまたはワークフローは実際には、URL「http://www.domain.com/pricing」を表示したコンタクトを探すことになります。

list-3

  • コンタクト1はリストまたはワークフローに追加されます。これは、コンタクトレコード上では、コンタクト1が表示したURLから「?utm_source=email」が削除されているためです。つまり、リストまたはワークフローでの条件で評価されるのは、コンタクト1が表示したURLhttp://www.domain.com/pricing」となります。このURLは条件と完全に一致します。
  • コンタクト2はリストまたはワークフローに追加されません。コンタクト2が表示したURLからはクエリ文字列が削除されず、URLは「http://www.domain.com/pricing?specialdiscount」のままとなるためです。このURLは条件http://www.domain.com/pricing」と一致しません。
  • コンタクト3はリストまたはワークフローに追加されます。これは、コンタクト3が訪問したURLは「http://www.domain.com/pricing」であるためです。このURLは条件と完全に一致します。