お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
Meetings

プロスペクトは、HubSpot ミーティングで誤った確認時間を受け取ります。

更新日時 2019年 3月 28日

プロスペクトや顧客がミーティングを一度だけ予約しようとしている場合がありますが、別の時間に予約確認を受け取ることがあります。

たとえば、プロスペクトが2017年2月3日の午前10時(東部標準時)開始の15分間のミーティングを予約しようとしたのに、受信した確認Eメールには、予約時刻が2017年2月3日の午後3時(協定世界時)として記載されているといった場合があります。この場合、プロスペクトが予期しない形式/タイムゾーンの時刻を確認していることになります。

このエラーは、Google によってトリガーされます。:

  1. プロスペクトはHubSpotミーティングを使用してお客様とのミーティング時間を予約します。
  2. HubSpotミーティングにより、このイベントがGoogleカレンダーで確認されます。
  3. Googleカレンダーからプロスペクトに確認Eメールが送信されれます。
  4. おそらく、プロスペクトはHotmailやYahooなどのEメールサービスプロバイダーを使用しているものと考えられます。GoogleはプロスペクトのEメールアドレスに基づいてそのプロスペクトのタイムゾーンを識別しようとしますが、ダイムゾーンを検出できなければ、デフォルトで標準のUTC(協定世界)に設定します。
  5. プロスペクトはUTCで表記された予約時刻の確認Eメールを受け取ります。