お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
Meetings

ミーティングリンクカレンダーの空き状況を外部から予約するのはなぜですか?

更新日時 2月 11, 2019

Outlook 365 または Gmail カレンダーによってミーティングを使用している場合、予定の時間帯に退席中仮の予定、空きなどを指定している場合、ミーティングツールによって予約できます。予約できないのは、予定ありとしてマークされたカレンダーの時間帯のみです。

Outlook 365 と Gmail で、目的の予定を設定する手順について以下に示します。

Outlook 365:

予定ありの時間帯を予約できないようにするには、カレンダーイベントの [Show as (次の予定を表示)][予定あり] に設定してください。これは、特にスケジュール設定されたカレンダーイベントと [終日] カレンダーイベントで機能します。 

いずれかの統合されたカレンダー (会議など) で終日イベントがある場合で、さらにこのイベントの時間帯で会議には対応可能であるように表示したい場合は、このイベントを [空き] として表示するように設定します。

注: Outlook 365 カレンダーの終日イベントは、Outlook 365 カレンダーが別のタイムゾーンに設定されている場合でも、HubSpot アカウントのタイムゾーンに基づいてミーティングリンクに反映されます。 

Gmail

予定ありの時間帯を予約できないようにするには、カレンダーイベントの [Show as (次の予定を表示)][予定あり] に設定してください。これは、特にスケジュール設定されたカレンダーイベントと [終日] カレンダーイベントで機能します。

いずれかの統合されたカレンダー (会議など) で終日イベントがある場合で、さらにこのイベントの時間帯で会議には対応可能であるように表示したい場合は、このイベントを [予定なし] として表示するように設定します。

注:HubSpot では、ミーティングの対応可否について、Google カレンダーの作業時間は考慮されません。