Become a HubSpot power user — join us for HubSpot Training Day 2017.

Reports

アトリビューション(属性)レポートを作成するには、どうすればよいですか。

更新日時 November 28, 2016

アトリビューション(属性)レポートとは何ですか。

Attribution Report(アトリビューション(属性)レポート)を参照すると、ファネル全体を通してどのマーケティングエフォートがコンバージョンに貢献しているかを比較的簡単に理解できます。このレポートを使用すると、貢献したサイトのコンバージョン数が最も多いソース、ページURL、リファラーを特定できます。アトリビューション(属性)レポートで、訪問者の移動履歴を詳しく確認し、どのチャネルが最も有効かを知ることができます。

現在、アトリビューション(属性)レポートは、Enterprise版のお客様専用で、Professional版のお客様には簡易版を提供しています。以下のスクリーンショットと説明は、Enterpriseパッケージ版用です。

アトリビューション(属性)レポートを作成する方法

アトリビューション(属性)レポートの作成にあたっては、レポートに掲載する情報を決めておく必要があります。以下は一般例です。

  • つながったコンバージョン数が最も多いソース(コンテンツのマーケティング方針を把握するために掲載)。
  • コンタクトがコンバート前に訪問したページ。
  • サイトに最も多くの訪問者をコンバートしたブログ記事。


アトリビューション(属性)レポートをビルドする方法

1.[Reports(レポート ] > [Reports Home(レポートのホーム)]の順に選択します。
2.ボタンをクリックし、[Create a new Report(新規レポートを作成)] > [Attribution Report(アトリビューション(属性)レポート)] > [Start from Scratch(最初から作成)]の順に選択します。
3.アトリビューション(属性)レポートに名前を付けます(ユーザーがカスタム名を追加しない場合、タイトルも自動的に作成されます)。
4.リストを作成するか、レポートの新規リストを作成します。
5.コンバージョンタイプとレポートの期間を選択します。選択された期間にコンタクトが完成したプロパティを選択します。これは、コンタクトデータベースのどの日付プロパティでも構いません。このことは、いくつかのシステムプロパティでも同様です。

Attribution_report_create_new

6.インタラクションスコアリングタイプを選択します。このレポートでトラッキングされているコンバージョンプロパティにつながったインタラクションのスコアを付ける方法を選択します。

Attribution_report_scoring_type
  • By URL(URL別):コンバージョンに貢献したページのURL。
    • All Interactions(すべてのインタラクション):表示されたすべてのページ。
    • First Touch(最初の接触):それまでの全履歴の中で最初に表示されたページ。
    • Last Touch(最新の接触):直近のサイト訪問時に最初に表示されたページ。
    • Last interaction(最新のインタラクション):コンタクトがコンバートされたページ。
    • First and last Interaction(最初と最近のインタラクション):最初に表示されたページと最後に表示されたページ(両ページを均等に重み付け)。
    • Simple Decay(シンプルディケイ):直近のページになるほど大きく重み付けをした、最近閲覧した6ページ。
  • By Referrer(リファラー別):コンバージョンに寄与した参照元ページのURL。
    • All sessions(すべてのセッション):コンタクトをウェブサイトに導いたとき表示されたすべての外部ページ。
    • First Touch(最初の接触)コンタクトをウェブサイトに導いたとき、最初に表示された外部ページ。
    • Last Touch(最新の接触)コンタクトの直近の訪問でリファラーとなった外部ページ。
    • Last interaction(最新のインタラクション):コンタクトがコンバートされたページにコンタクトを導いたページ。
    • First and last Touch(最初と最新の接触):コンタクトをウェブサイトに導いたとき、最初に表示されたページと最後に表示されたページ。
    • Simple Decay(シンプルディケイ):直前6件分の表示済み外部ページ(最近のページほど優先)。
  • By Source(ソース別):コンタクトをウェブサイトに導いたチャネル。
    • All Sessions(すべてのセッション):すべてのソース。
    • First Touch(最初の接触):コンタクトの初回訪問時のソース。
    • Last Touch(最新の接触):コンタクトの直近の訪問時のソース。
    • First and last Touch(最初と最新の接触):コンタクトの初回訪問時および直近訪問時のソース。
    • Simple Decay(シンプルディケイ):直近のページになるほど大きく重みづけをした、最近6つのソース。

7.ボタンをクリックしてレポートを保存します。

関連記事:
アトリビューション(属性)レポートのデータを解析する方法
アトリビューション(属性)モジュール(スコアタイプ)の説明