Reports

HubSpotでイベントを作成するには、どうすればよいですか。

更新日時 November 28, 2016

イベントとは何ですか。

イベントはEnterprise版HubSpotのお客様が利用できる機能です。この機能により、お客様のウェブサイトでユーザーが特定のアクションをとったとき、お客様をトラッキングできるようになります。よくある例をご紹介しましょう。

  • 訪問者がトライアルに登録しました
  • 訪問者がホワイトペーパーをダウンロードしました
  • 無料のデモのボタンがクリックされました
  • ユーザーがログインしました
  • 見込み客がアカウントを作成しました
  • 価格表のページが表示されました

今すぐ開始するにはどうすればよいですか。

  • [Events(イベント)]ツールはEnterpriseパッケージのお客様専用です。
  • HubSpotトラッキングコードは、イベントのトラッキング対象ページに組み込む必要があります。

イベントを作成するには、どうすればよいですか。

  • [Reports(レポート)] > [Events(イベント)]の順に選択し、[Create new Event(新規イベントを作成)]するボタンをクリックします。
  • イベントタイプを選択します。

URL訪問イベント:訪問者が特定のURLを訪問すると、イベントがトリガーされます。
要素クリックイベント:ページの要素がクリックされると、イベントがトリガーされます。
フォーム送信イベント:訪問者がHubSpotのフォームを送信すると、イベントがトリガーされます。
カスタムイベント:カスタムJavaScriptまたはHTTP APIリクエストに基づいてイベントがトリガーされます。

イベントタイプとは何ですか。

URL訪問イベント

URL訪問イベント
訪問されたとき、URL訪問イベントをトリガーするURLを正確に入力します。
  • タグを追加してイベントを整理します。

SSLを使用している場合は、プロトコル(http対https)を念頭に置いてください。SSLを利用し、URLに「https」が含まれるウェブアドレスをトラッキングする場合は、必ずこちらに「https」と書き込みます。

:複数のページでイベントを開始するように、URL指定でワイルドカード(*)を使用することもできます。たとえば、URLの末尾に「*」を使用すると、URLの先頭部分がこのワイルドカードより前の部分と一致するすべてのページでイベントが開始されます。たとえば、ブログに使用している複数のURLが「http://blog.example.com/」で始まっている場合、「http://blog.example.com/*」と指定すると、ブログでこれに当てはまるすべてのページのURLでイベントが開始されます。たとえば、http://blog.example.com/amazing-blog-post、http://blog.example.com/more-awesome-blog-postなどのページでイベントが開始されることになります。

要素クリックイベント

要素クリックイベントの生成には、イベントのブックマークレットの使用をお勧めします。このセットアップについて、詳細な手順を確認してください。または、ID、クラス、jQueryセレクターを使用すると、要素クリックイベントを手動で作成できます。

要素クリックイベント
要素クリックイベント
  • ページクリックのトラッキング対象とするウェブサイトページの要素に対し、[ID]、[Class(クラス)]や[jQuery selector(jQueryセレクター)]を入力します。例:このというHTMLのページに画像が載っている場合、そのIDは「webinar-offer-image」となります。
  • 特定URLの要素をクリックした訪問者に対してトリガーするようイベントに制限をかける[Page URL(ページURL)]を指定します。あらゆるページでこのイベントが開始されるようにする場合は、ページURLを空のままにします。
  • このイベントでの投資利益率を測定する場合は、コンバージョン値を関連付け、イベントレポートに表示されるようにします。
  • タグを追加してイベントを整理します。

フォーム送信イベント

フォーム送信イベント
フォーム送信イベント
  • イベントをトリガーするHubSpotフォームを選択します。フォームのドロップダウンリストには、Forms APIからHubSpotに送信されたフォームも含まれます。
  • 特定ページでフォームを送信した訪問者に対してトリガーするようイベントに制限をかけるURLを指定します。あらゆるページでこのイベントが開始されるようにする場合は、ページURLを空のままにします。
  • タグを追加してイベントを整理します。

カスタムイベント

カスタムイベントの作成には、特定条件が満たされたときにHubSpotにイベントを送信するカスタムJavaScriptを開発者が作成する必要があります。Developers Forum(開発者フォーラム)には、カスタムイベントを作成するAPIドキュメンテーションが用意されています。カスタムイベントには、カスタムJavaScriptイベントとHTTP APIイベントの2種類があります。

  • カスタムJavaScriptイベント

ページが読み込まれ、HubSpotのトラッキングコードが実行されると、HubSpotは、お客様がトラッキング対象とするイベントをプッシュできるキューとして機能する_hsq変数を作成します。この_hsq変数を列に設定し、そこにイベントコールを入力すると、トラッキング対象のイベントを追加できます。メソッド名と引数を指定すると、メソッドを呼び出せます。例:_hsq.push(["メソッド", "引数1", "引数2"]); コンタクトのレコードに値を正しく表示するには、変数がコンタクトプロパティキーに対応している必要があります。

カスタムJavaScriptイベント
カスタムJavaScriptイベント
  • JavaScriptコードを追加してカスタムイベントを作成します。このJavaScriptは、HubSpotのトラッキングコードが読み込まれるたびに自動的に組み込まれます。
  • 特定ページへの訪問者に対してトリガーするようイベントに制限をかけるページURLを指定します。あらゆるページでこのイベントが開始されるようにする場合は、ページURLを空のままにします。
  • タグを追加してイベントを整理します。
  • HTTP APIを使用するカスタムイベント

カスタムHTTP APIイベントを作成するときに用意されたURLを使用してイベントをトラッキングすることもできます。さまざまなクエリパラメーターが組み込まれたURLをEventsツールが提供します。「track.hubspot.com」に対するリクエストは、GET(HTTPとHTTPSの両方をサポート)を使用して行ってください。

HTTP APIイベント
HTTP APIイベントをトリガーするには、HubSpotのトラッキングAPIにパス /v1/ eventをリクエストする必要があります。
  • 必須パラメーターは、「_n」(イベントの一意のID)と「email」(イベントをトリガーしたコンタクトのEメールアドレス)の2つです。
  • イベントのIDを作成する場合:[Event(イベント)]のボタンをクリックし、[Create Report(レポートを作成)] > 保存済みイベントの[View(表示)] > [Edit Event(イベントを編集)]の順に選択し、[Use the HTTP API(HTTP APIを使用)]へのリンクをクリックします。このIDは、リクエストURL内のパラメーターとして使用されることになります。

    IDを使用したHTTP APIイベント
    オプションパラメーターの完全なリストは、HubSpotの開発者向けフォーラムで取得できます。

以下のリンク先のリソースから、さらに役立つ情報が得られます。