お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
Reports

ソースレポートを使用する

更新日時 2月 21, 2019

対象製品

Marketing Hub  Professional, Enterprise
Basic

ソースレポートを見れば、トラッキング対象のウェブサイトにどのチャネルがトラフィックを生成しているかを詳細に把握することができます。ソースから、訪問者、コンタクト、または顧客が、1 回のクリックまたはコンバージョンを通じて初めてトラッキングされたときに、どのような方法でウェブサイトに到達したかを知ることができます。

ソースレポートに含まれるもの

  • HubSpotアカウントにて、[レポート] > [アナリティクスツール]の順に進みます。
  • [トラフィックアナリティクス] をクリックしてソースレポートを開きます。
  • 上部のドロップダウンメニューをクリックして、各指標のデータ視覚化チャートを切り替えます。バウンス率や、新規セッション、新しいコンタクト、顧客など、ウェブサイト上のアクティビティの指標を分析できます。
  • ソースレポートでは、ウェブサイトトラフィックが次のようなソースに分類されます
    • オーガニック検索: 検索エンジンからの訪問。
    • リファーラル: 他のウェブサイトからの訪問。
    • ソーシャルメディア: ソーシャルメディアサイトからの訪問。
    • E メールマーケティング: Eメールキャンペーンからの訪問。
    • 検索連動広告: PPC 広告からの訪問。
    • ソーシャル広告: 有料ソーシャル広告キャンペーンからの訪問。
    • 直接トラフィック: URL に直接入力してサイトに到達したユーザーによる訪問。
    • その他のキャンペーン:  トラッキング URL を実装する場合に、カスタムレポートに使用できる追加的なソース。
    • オフラインソース: ウェブサイト外から生成されたコンタクトと顧客 (手動で追加、インポート、API 経由)。
  • 各ソースは、チャートの上の色バブルでラベル付けされています。チャート上の特定のポイントにカーソルを置くと、各ソースの詳細を表示できます。

チャートの下には、各ソースの内訳が表示されます。[ソース] チェックボックスをオンまたはオフにして、上記チャートにどのソースを表示するかを調整します。各ソースをドリルダウンして、データをさらに分析する方法を学習します。

click-source-checkbox

 


新しいレポートを作成する

ソースレポートダッシュボードで、期間、頻度、アナリティクスビュー別にレポートをカスタマイズできます。既定では、HubSpot のトラッキング対象のすべてのドメインについて、当日までの今月のセッションのデータが表示されます。 

レポートをカスタマイズするには、ダッシュボードの上部にあるドロップダウンメニューを使用します。

  1. 日付範囲: レポートの期間を選択します。既定の日付範囲には、先月、前四半期、昨年などがあります。
  2. 期間: [特定の日付範囲] を選択すると、このドロップダウンメニューから期間を選択できます.
  3. 頻度: 頻度 
  4. アナリティクスビュー: HubSpot でホスティングされているドメインで絞り込み、ドメインマネージャーツールで [プライマリ] として設定するか、カスタムアナリティクスビューで絞り込みます。
  5. オフラインソースを含める: API やインポートなどのオフラインソースから HubSpot アカウントに追加されたコンタクトのアナリティクスアクティビティを表示するには、このチェックボックスをオンにします。
  6. エクスポート: レポートのコピーを自分またはチームメンバーに E メールで送信します。
  7. レポートとして保存: レポートツールにこのレポートを追加します。そこからレポートをダッシュボードに追加することができます。
  8. スタイル: データを棒グラフまたはエリアグラフで表示するには、このオプションをオンにします。

create-a-sources-report

チャートの下にある表の列に目的の指標が表示されない場合は、[列を編集] をクリックして、表示したい指標の [プロパティー] チェックボックスをオンにします。ソースレポートには、一度に最大 7 つのソースを表示できます。レポートからソースを削除するには、[選択済み列] の下のソースの横にある [X]  をクリックします。choose-column-properties

表の [ソース] チェックボックスをオンまたはオフにして、傾向を表示するソースを変更できます。チャートの大きさは、測定指標のサイズに合わせて調整されます。

HubSpot のヘルプ記事のスクリーンショット
 
 

カスタム分析ビューを作成する

Marketing Hub Professional または Enterprise のユーザーは、接続された任意のサブドメインのアナリティクスビューを作成できます。コンテンツとコンタクトのグループについて、ソースレポートでデータを絞り込むカスタムアナリティクスビューを作成することができます。ユーザーは最大 25 件のカスタムビューを作成できます。

注: ブランドドメイン追加機能を購入した場合、任意 のブランドドメインについて、25 件の追加のカスタム分析ビューを作成できます。

  • HubSpotアカウントにて、[レポート] > [アナリティクスツール]の順に進みます。
  • [トラフィックアナリティクス] を選択します。 
  • [アナリティクスビュー] のドロップダウンメニューをクリックします。 
  • リストからビューを選択するか、[ビューの管理] をクリックします。create-new-analytics-tracking-view
  • 既存のビューにカーソルを置いて、[編集] をクリックして変更を行います。
  • 新しいビューを作成するには、[別のビューを追加] をクリックします。
    • ビューの名前を入力します。 
    • アナリティクスビューのプロパティーを選択します:
      • 国: IP アドレスに基づいて訪問者を国別に絞り込みます。
      • サブドメイン: 閲覧されているページのサブドメインで絞り込みます。含める必要があるのは、wwwブログなど、ターゲットドメインのサブドメイン のみです。セッションのコンテキストで、このサブドメインで開始されるセッションがキャプチャされます
      • ブランドドメイン (追加機能ユーザーのみ): 1 つのブランドドメインで絞り込みます。
      • トップレベルドメイン: ブランドドメインの次に来るドメインの最後で絞り込みます。www.inbound.com では、トップレベルドメインは com で、www.inbound.cou.uk では、co.ukです。
      • URL パス: 閲覧されているページの URL パスで絞り込みます。URL パスの後には、ページ URL の「/」が続きます。 
    • 条件を設定して [フィルターを適用] をクリックします。 
    • [AND] をクリックして追加のプロパティを追加し、[保存] をクリックします。 

create%20custom%20analytics%20view

  • ソースレポートで、[アナリティクスビュー] ドロップダウンメニューをクリックして、ビューを選択します。 

カスタムアナリティクスビューを削除するには、次の手順を実行します。

  • HubSpotアカウントにて、ナビゲーションバーに表示される[設定アイコン settings]をクリックします。
  • 左のサイドバーメニューで、[レポート] > [トラッキングコード] の順に移動します。
  • [アナリティクスビュー] タブをクリックします。
  • [カスタムアナリティクスビュー] セクションで、ビューの名前にカーソルを置いて、[削除] をクリックします。
  • 削除済みビューを復元するには、[最近削除されたビュー] セクションでビューを探して、[復元] または [永久に削除] をクリックします。ビューは 30 日後に永久的に削除されます。 

delete%20custom%20analytics%20view