Account

HubSpotユーザー役割のガイド

更新日時 February 21, 2018

HubSpotアカウントで新規ユーザーの作成や権限の編集を行う場合、管理者アクセス権限のあるユーザーは、コンタクト、マーケティング投稿ツール、セールスツール、管理者アクションへのアクセスを許可したり制限することができます。それぞれの許可オプションについては、以下をご覧ください。

コンタクト、企業、取引、プロパティ

初期設定で、すべてのユーザーはコンタクトにアクセスできます。[Contacts(コンタクト)]タブにて、コンタクト、企業、取引、タスク、プロパティの詳細なアクセス許可と制限を設定することができます。

  • [View(表示)]:右側のドロップダウンメニューを使用して、ユーザーの所有権に基づき、表示できるコンタクト、企業、取引、タスク、プロパティの範囲を選択します。[Everything(すべて)]、[Team only(チームのみ)]、[Owned only(担当のみ)]から選べます。
  • [Edit(編集)]:右側のドロップダウンメニューを使用して、ユーザーの所有権に基づき、編集できるコンタクト、企業、取引、タスク、プロパティの範囲を選択します。[Everything(すべて)]、[Team only(チームのみ)]、[Owned only(担当のみ)]、[None(なし)]から選べます。

[Owned only(担当のみ)]の許可オプションは、HubSpot所有者プロパティに基づいて適用され、カスタム設定のHubSpotユーザー フィールドタイププロパティに基づきません。 [View(表示)]: [Owned only(担当のみ)]の表示許可が設定されているユーザーは、コンタクトダッシュボードとリストツールの所有するコンタクトのみ見ることができます。(Marketing のみ)ただし、コンタクトのレコードへの直接リンクが送信される場合は、所有していないコンタクトも表示されます。

  • [Bulk delete(一括削除)]:ユーザーが複数のコンタクト、企業、取引、タスクを一括削除できるようにするかどうかを選択します。
  • [Import(インポート)]:ユーザーがコンタクト、企業、取引をインポートできるようにするかどうかを選択します。
  • [Export(エクスポート)]:ユーザーがコンタクト、企業、取引をエクスポートできるようにするかどうかを選択します。
  • [Edit property settingst(プロパティ設定を編集)]: ユーザーがアカウント内でプロパティを作成または編集できるようにするかどうかを選択します。この設定によって、リードのスコアリングツールへのアクセスも制御されます。

マーケティング

HubSpot Marketingサブスクリプションでは、管理者アクセス権限を持つユーザーは、[Marketing Access(Marketingアクセス)]トグルスイッチをオンにして、各マーケティングツールに対して特定のアクセス許可を設定できます。

  • [Ads](Adsアドオンのみ):チェックボックスを使用して、ユーザーのAdsツールへのアクセス権限を、公開または読み取り から設定します。
  • [Blog(ブログ)]:チェックボックスを使用して、ユーザーのブログツールへのアクセス権限を、公開、書き込み、読み取りから設定します。書き込み権限を設定した場合、ユーザーはブログ内のコンテンツを作成できますが、 新しい投稿を公開したり、公開中の記事を更新することはできません。
  • [Email(Eメール)]:チェックボックスを使用して、ユーザーのEメールへのアクセス権限を、公開、書き込み、読み取りから設定します。書き込み権限を設定した場合、ユーザーはEメールを作成できますが、 1回限りのEメールを送信したり自動化用にEメールを保存してワークフローで使用することはできません(Marketing Professional およびEnterpriseのみ)。 
  • [Landing pages(ランディングページ)]:チェックボックスを使用して、ユーザーのランディングページへのアクセス権限を、公開、書き込み、読み取りから設定します。書き込み権限を設定した場合、ユーザーはランディングページを作成できますが、 新しいページを公開したり、公開中のページを更新することはできません。
  • [Website pages(ウェブサイトページ)]:チェックボックスを使用して、ユーザーのウェブサイトページへのアクセス権限を、公開、書き込み、読み取りから設定します。書き込み権限を設定した場合、ユーザーはウェブサイトページを作成できますが、 新しいページを公開したり、公開中のページを更新することはできません。
  • [HubDB]Websiteアドオンのみ):チェックボックスを使用して、PublishユーザーのHubDBへのアクセス権限を、公開、書き込み、読み取りから設定します。
    • 読み取り権限を設定したユーザーは、表の行内のデータ参照とデータのエクスポートができますが、データを追加することはできません。
    • 書き取り権限を設定したユーザーは、表への行追加、固定行のクローン、データのインポートとエクスポートができます。
    • 公開権限を設定したユーザーは、表への行追加、既存の行の編集、行の削除ができます。

注:CTAツールにアクセスするには、少なくとも1つのマーケティングツールへの書き込みまたは公開権限が必要です。

  • [Social publishing(ソーシャル投稿)]:ユーザーがソーシャルアカウントを持っている場合、右のドロップダウンメニューを使用して、ユーザーがソーシャルメッセージを公開する範囲を選択します。[All accounts(すべてのアカウント)][Their accounts only(自身のアカウントのみ)][None(なし)]から選択できます。
  • [Lists(リスト)]ユーザーにリストツールへのアクセスを許可するかどうかを選択します。
  • [Forms(フォーム)]ユーザーにフォームツールへのアクセスを許可するかどうかを選択します。
  • [Workflows(ワークフロー)](Marketing ProfessionalおよびEnterpriseのみ): ユーザーに ワークフローツールへのアクセスを許可するかどうかを選択します。

注:HubSpot Sales Professionalアカウントをお持ちで、Marketing Professional またはEnterpriseのサブクリプションをお持ちでない場合、アカウントのすべてのユーザーがワークフローツールへのアクセス権限を持ちます。アカウントのタイプによって利用可能なアクションについて詳しくは、こちらをご覧ください。

  • [Reporting(レポート)]:レポートホーム、ソースレポート、ページパフォーマンス、キーワード、競合他社、イベント (Marketing Enterpriseのみ)、レポート設定などのレポートツールへのアクセスを制御します。また、[Producitivty(生産性)] > [Campaigns(キャンペーン)]からアクセスできるキャンペーンツールへのアクセスも制御します。この設定では、レポートアドオン機能へのアクセスは制御しませんのでご注意ください。唯一のレポートアドオン機能アクセス権限は、[Edit reports ownership(レポート所有権の編集)]管理者セクションに記載されています。
  • [Edit code templates & modules(暗号テンプレート&モジュールを編集)]:ユーザーに、デザインマネージャーの[Coded Files(暗号化ファイル)]フォルダに表示される暗号化されたテンプレートとモジュールへの変更を許可するかどうかを選択します。暗号テンプレート&モジュールを編集の権限が与えられていないユーザーは、[Content(コンテンツ)] > [Marketplace(マーケットプレース)]のマーケットプレースにアクセスすることはできません。
  • [Content staging(コンテンツのステージング)]:ユーザーにコンテンツステージングツールへのアクセスを許可するかどうかを選択します。
  • [Edit content settings(コンテンツ設定を編集)]:ユーザーが[Content(コンテンツ)] [Content Settings(コンテンツ設定)]の設定を変更できるようにするかどうかを選択します。 

セールス

[Sales(セールス)]タブでは、管理者は[Sales Access(Salesアクセス)]トグルスイッチをオンにして、テンプレート、ドキュメント、コール、メッセージ(Sales Professionalのみ)、シーケンス(Sales Professionalのみ)のセールスツールへのアクセスをユーザーに許可することができます。利用可能なSales Professionalユーザー枠をお持ちの場合は、このタブの[Sales Pro]をオンにすることで、ユーザーに利用権限を割り当てることができます。 Sales Professionalのユーザー枠すべてを既に割り当てている場合は、[Purchase another User(新たにユーザー枠を購入)]をクリックして、Sales Professionalのユーザー枠を増やすことができます。

Please note that the prospects tool is available to any Marketing user who also has access to the HubSpot CRM as well as HubSpot Sales Starter and Professional users.

管理者

[Admin(管理者)]タブでは、他のユーザーにあなたのアカウントへのアクセス権を与えることができます。[Admin Access(管理者アクセス)]をオンにすると、ユーザーにアクセスを許可する管理者アクションを指定できます。 

  • [Add and edit users(ユーザーの追加と編集)]:ユーザーが他のユーザーを追加または編集できるようにするかどうかを選択します。そのユーザが権限を持っている事柄に関してのみ、他のユーザーに権限を与えることができます。たとえば、ユーザがSalesへのアクセス権限がない場合、Salesへのアクセス権限を他のユーザーに与えることはできません。
  • [Add and edit teams(チームの追加と編集)]ユーザーがあなたのアカウント内の特定のチームに他のユーザーを追加できるようにするかどうかを選択します。
  • [Edit account defaults(アカウント初期設定を編集)]:ユーザーが、[Account Menu(アカウントメニュー)] > [Settings(設定)][Account Defaults(アカウント初期設定)]にて、あなたのアカウントの名前、言語 タイムゾーン、通貨、日付と数字の既定書式を設定できるようにするかどうかを選択します。
  • [Modify billing & change name on contract(契約の請求と名前を変更)]:ユーザーがアカウントの請求情報を変更できるようにするかどうかを選択します。
  • [Edit reports ownership(レポートの所有権を編集)]:ユーザーがレポートのダッシュボードでレポートの所有権を変更できるようにするかどうかを選択します。
  • [Edit HubDB tables(HubDBテーブルを編集)]:[Edit hubDB tables(HubDBテーブルを編集)] スイッチをオンにして、ユーザーがテーブルの設定を編集できるようにし、HubDBテーブルの「作成」、「テーブル公開」、「削除」の権限を与えます。
  • 統合設定にアクセスして調整する。

注:ここに記載しているすべてのツールと設定にアクセスできるスーパー管理者の役割もあります。スーパー管理者だけが管理者に 新しい権限を与えることができます。スーパー管理者の設定の詳細については、こちらをご覧ください。

 

パートナーアカウント

HubSpotパートナーのアカウントをお持ちの場合は、新しいユーザーを作成する際にパートナーの権限タブも表示されます。ここでは、スイッチをオンにして、パートナー従業員としてユーザーを指定することができます。

パートナー従業員に指定され、Marketingアクセス権(上記参照)を与えられているユーザーは、HubSpotのパートナーツールにアクセスできます。またユーザーのHubSpot認定は、パートナーディレクトリプロファイルに記載されている認定数に計上されます。