Workflows

ワークフローで抑制リストはどのように動作しますか。

更新日時 December 1, 2016

ワークフローの抑制リストとは、ワークフローに含まないコンタクトのリストです。ワークフローの抑制リストは[Workflow settings(ワークフローの設定)]にあります。

  • [Contacts(コンタクト)] > [Workflows(ワークフロー)]の順に選択します
  • [Workflow(ワークフロー)]をクリックします
  • [Settings(設定)]を選択します
ユーザー追加画像
ユーザー追加画像

この設定でリストを追加すると、次の3つのうち1つが実行されます。

  1. リストのメンバーがワークフローに現在登録されていない場合は、登録されることはありません。この場合、該当するコンタクトが実際に登録していなくても、「登録が解除された」ことを説明する次のようなメッセージがワークフローの[History(履歴)]に表示されます。

    workflow_suppression_prevention_event.png
  2. メンバーがワークフローにすでに登録されており、抑制リストに新たに追加されたメンバーである場合、そのメンバーが次の手順に進もうとすると登録解除されます。
  3. メンバーがワークフロー内でアクティブであり、抑制リストのメンバーではない場合、コンタクトが抑制リストのメンバーになると、そのメンバーは直ちに登録解除されます。
コンタクトがワークフローへの登録を抑制された(上のシナリオ1)、またはワークフローから登録解除された(シナリオ2および3)あとで、抑制リストから除外され、抑制リストから除外されたときに開始基準を満たしていても、そのコンタクトがワークフローに自動的に登録されることはありません。コンタクトがワークフローに登録されるのは、コンタクトがワークフローの開始基準または再登録基準を満たした時点のみです。