お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
Workflows

ワークフローへの再登録トリガーの条件を選択できないのはなぜですか?

更新日時 1月 16, 2019

対象製品

Marketing Hub Professional, Enterprise

ワークフローをセットアップするときに、選択した再登録トリガーのいずれかをコンタクトが満たす場合にそのコンタクトをワークフローに再登録するかどうかを選択できます。ただし、プロパティーやフィルターに基づいた再登録はサポートされていません

たとえば、コンタクトのプロパティーが複数の値のいずれかに等しければ再登録できる場合、そのコンタクトのプロパティーに基づいた条件を使用することはできません。たとえば、コンタクトのプロパティー [州/地域] がカリフォルニア、コロラド、コネチカットのいずれかに等しい場合が考えられます[最近のコンバージョン] など、HubSpot が自動的に設定するプロパティーの中には、再登録トリガーで使用できないものもあります。取引および会社のプロパティーフィルターも再登録ではサポートされていません。

注: 上記の例はすべてを網羅しているわけではありません。他にも再登録に使用できないフィルターやプロパティーが存在する可能性があります。再登録トリガーを設定する場合、こうしたサポートされていない条件は、[次の登録条件は再登録には使用できません] というメッセージの下に表示されます。 

ただし、上記のロジックを使用してスマートリストを作成してから、そのスマートリストに基づいてワークフローにコンタクトを登録することはできます。この場合、ワークフローへの再登録の条件としてスマートリストを選択できるようになります。

または、以下で示しているように、OR フィルターを使用してプロパティーが等しくなる可能性がある各値について一意の登録トリガーを作成することもできます。 

この場合、再登録の各条件を選択することができます。