WordPressブログ記事をHubSpot COSブログにインポートする方法

更新日時 July 5, 2016

必要条件

ソフトウェア: HubSpot マーケティング
サブスクリプション: Basic, Pro, & Enterprise

以下の簡単な手順によって、既存のWordPressブログをHubSpot COSブログにインポートできます。

このBlog Importer(ブログインポーター)ツールは、現在、WordPress.comとカスタムWordPressブログにのみ対応しています。

手順

WordPressブログ記事をエクスポートして、HubSpot COSブログにインポートするには、以下の手順に従ってください。

1.WordPressウェブサイトにサインインして、ブログ記事をエクスポートします。

WordPressウェブサイトにWordPress Adminとしてサインインして、[Tools(ツール)] > [Export(エクスポート)]の順に選択して、エクスポートするブログ記事を選択します。

WordPress.comを使用している場合は、WordPress.comから記事をエクスポートする手順が説明されているこちらのサイトを参考にしてください。

または

カスタムのWordPressウェブサイトを使用している場合は、カスタムWordPressウェブサイトから記事をエクスポートする手順が説明されているこちらのサイトを参考にしてください。

エクスポートされたファイルに、ブログ画像の絶対URLが含まれていることを確認してください。Blog Importer(ブログインポーター)ツールは、相対URLでは画像をインポートできません。

また、Wordpressブログにサムネイル画像が使用されている場合、エクスポートした.xmlファイル内のブログ記事には、画像に対するサムネイル画像設定が含まれないので、これらの画像は、インポートしたブログ記事のサムネイル画像としては自動的に選択されません。ただし、絶対URLを使用すれば画像はインポートされるので、個々の記事に移動してから、サムネイル画像として使用する画像を選択し直すことができます。

2.[Content Settings(コンテンツ設定)]に移動する

WordPress記事をエクスポートしたら、HubSpotアカウントにサインインして、[Content(コンテンツ)] > [Content Settings(コンテンツ設定)]の順に移動します。

3.[Blog Importer(ブログインポーター)]に移動する

[Content Optimization System Tools(COSツール)]内の[Blog Importer(ブログインポーター)]リンクをクリックします。

4.HubSpotにインポートするWordPressエクスポートファイルを選択する

[Select Import File(インポートファイルを選択)]ボタンをクリックします。

[Select a Document(ドキュメントを選択)]ポップアップウィンドウの[Upload a file...(ファイルをアップロード)]ボタンをクリックします。

手順1でダウンロードしたWordPressエクスポートファイルを選択して、[Open(開く)]ボタンをクリックします。

最近アップロードしたファイルを選択して、[Use document(ドキュメントを使用)]ボタンをクリックします。

5.WordPress記事をインポートする先のHubSpot COSブログを選択する

次は、WordPress記事をインポートする先のHubSpot COSブログを選択します。[Select a Blog(ブログを選択)]ドロップダウンメニューからブログを選択します。

6.[Start Import(インポートを開始)]ボタンをクリックする

最後に、[Start Import(インポートを開始)]ボタンをクリックします。

ブログインポート処理画面が表示されます。数分待ってから、[Blog Importer(ブログインポーター)]リンクをクリックします。

HubSpot Help article screenshot

[Blog Import Manager(ブログインポートマネージャー)]に戻って、インポートの[Status(ステータス)][ready(準備完了)]になっていたら、[Import Posts(記事をインポート)]をクリックして、投稿するブログ記事を選択します。

HubSpot Help article screenshot

[Import Posts(記事をインポート)]ダッシュボードが表示されます。

HubSpot Help article screenshot

7.インポートする記事を選択する

各記事の隣のチェックボックスを使って、インポートしない記事の選択を解除します。全記事をインポートする場合は、列の一番上のチェックボックスをオンにします。

HubSpot Help article screenshot

8.インポートする記事の投稿ステータスを選択する

[Status(ステータス)]ドロップダウンメニューを使って、インポートする記事の投稿ステータスを選択します。

  • Default (Keep Publish Status)(デフォルト(投稿ステータスを保持 )) - このオプションは、WordPressブログの投稿ステータスを保持します。下書き記事は下書き記事として、投稿済み記事は投稿済みとして保持されます。
  • Published(投稿済み) - このオプションは、WordPressブログの投稿ステータスを上書きし、インポートした記事を自動的に投稿します。
  • Draft(下書き) - 同様に、このオプションは、WordPressブログの投稿ステータスを上書きします。インポートしたすべての記事を自動的に下書きブログ記事として保存します。
HubSpot Help article screenshot
インポートとステータス設定を一括処理するには、複数の記事のチェックボックスをまとめてオフにした状態で1回インポートして、もう一度手順7~11を同じインポートファイルに対して実行し、残りの記事をインポートします。

9.WordPressのカテゴリとタグをHubSpot COSブログトピックとしてインポートするかどうかを選択する

WordPressのカテゴリとタグをHubSpot COSブロックトピックとしてインポートして、記事の分類と構成を保持するかどうか選択できます。Topics(トピックス)ツールを使って、これらをより少ない数のトピックでグループ化することもできます。[Import(インポート)]ドロップダウンメニューからオプションを選択します。

HubSpot Help article screenshot

10.[Overwrite Existing Blog Posts(既存のブログ記事を上書きする)]を選択する

以前インポートしたブログ記事を、新しくインポートする記事で上書きする場合、このオプションをオンにします。

HubSpot Help article screenshot

11.インポート完了通知を受信するEメールアドレスを入力する

WordPressブログ記事がHubSpotアカウントにインポートされたら、その通知を受信するEメールアドレスを入力します。[Import Posts(記事をインポート)]ボタンをクリックして、WordPressからブログ記事をインポートします。

HubSpot Help article screenshot

12.旧ブログURLからHubSpot上の新しいブログURLへのリダイレクトをセットアップする

インポートが完了したら、[Import Status(インポートステータス)]ページが表示されます。このページで、インポート中に発生したすべてのエラーや警告をチェックできます。このページには、HubSpot URLマッピングのセクションもあります。ここには、インポートしたブログの旧ブログURLと、HubSpot上の対応する新しいブログURLのリストが表示されます。新しいURLは、ドメインマネージャーの設定に基づきます。

ウェブサイト(自社または他社のウェブサイト)上のリンクのほとんどがブログ記事の旧URLにトラフィックを転送するので、「リダイレクト」と呼ばれるURLマッピングが重要になります。URLマッピングを設定することにより、トラフィックを旧ブログ記事URLから新しいブログ記事URLにリダイレクトでき、訪問者が、探しているブログコンテンツを見つけることができるようになります。また、これは、既存のブログ記事に関連付けられているSEOランキングを保持するためにも非常に重要です。トラフィックがリダイレクトされない場合、検索エンジンは新しいブログ記事URLを「新しい」ページとして認識するので、旧URL時に構築してきたSEOランキングは引き継ぐことができません。

ウェブサイトがどのようにセットアップされているか、WordpressからHubSpotにウェブサイト全体を移行しているかブログのみを移行しているかによって、URLマッピングを設定する場所が異なります。

たとえば、ウェブサイトがWordpress上のwww.domain.comに配置されており、旧ブログURLがwww.domain.com/{rest-of-post}で、ブログのみHubSpotに移行して、新しいURLがinfo.domain.com/blog/{rest-of-URL}になるとします。旧ブログURLはwww.domain.comで、ウェブサイトの残りのコンテンツ(移行したブログコンテンツ以外)はWordpress上にあるため、URLマッピングはWordpress上で行う必要があります。これは、www.domain.com(旧ブログURL)へのトラフィックはWordpressに向かうので、このトラフィックを新しいブログ記事URLにリダイレクトできるのは、Wordpressのみだからです。つまり、「Wordpress上にあると思っていたトラフィックが実はこの新しいURLにある」という状態にできるのはWordpressのみです。

この例では、HubSpotのインポートステータス画面上のセクションからURLマッピングをコピーして、Wordpress上の該当する場所に貼り付けることができます。HubSpotユーザーでも、Wordpress上のこれらのURLマッピングを、Eggplant 301 RedirectsというWordpressプラグインを使って実行できることがわかっています。

HubSpot Help article screenshot

ウェブサイト全体をHubSpotに移動している場合は、ブログURLは変わらない可能性があります。この場合、URLマッピングをセットアップする必要はありません。

このようなリダイレクトをどのようにまたはどこでセットアップすればいいかわからない場合は、HubSpotポータルの右下にあるヘルプボタンをクリックしてください。HubSpotサポートにアクセスして、コールバックをリクエストしたり、Eメールチケットを送信したり、または直接お問い合わせいただくことができます。

前の記事

次の記事