お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
Calling

コールを確認する

更新日時 2021年 5月 11日

対象製品

Sales Hub  Enterprise
Service Hub  Enterprise

HubSpot CRMでコミュニケーションインテリジェンス(CI)を利用して、通話の録音、通話内容の文字起こし、コール分析を行うことで、効果的にチームをコーチングできると同時に、顧客に関する分析情報を入手できます。分析情報が利用可能になるコールは、HubSpotの通話ツールを介して行われたコール、HubSpotのZoom統合を使用して行われたコール、HubSpotに統合されたサードパーティー通話プロバイダーを利用して行われたコールです。

注:通話の自動文字起こしの対象となるコールは、「Sales Hub」または「Service Hub Enterprise」の有料シートが割り当てられているユーザーが行ったコールのみです。「Sales Hub」または「Service Hub Enterprise」アカウントのすべてのユーザーが、コーチングを目的として通話の録音および文字起こしにアクセスできます。

始める前に

注:HubSpotのCIを現在サポートしているサードパーティープロバイダーは、JustCall、Kixie、Zoom BusinessまたはEnterpriseです。これらのプロバイダーへのサブスクリプションで録音の文字起こしがサポートされます

通話の録音と文字起こしを確認する

コールごとに、通話の録音と文字起こしにアクセスしてスピーカートラックを確認し、コメントをコールに追加できます。

  • HubSpotアカウントにて、[コンタクト] > [コール]の順に進みます。
  • コールのタイトルをクリックします。
  • コール確認画面の左側で、録音にアクセスします。
    • 録音の再生を開始するには、playerPlay再生ボタンをクリックします。コントロールを使用してplayerFastForward早送りしたり、playerRewind巻き戻ししたりすることもできます。Zoomのクラウド記録を確認している場合も、再生、一時停止、早送りすることができます。
    • スピーカートラックでは、コンタクトの発話時間に相対したユーザーの発話時間をモニタリングできます。ハンドルをクリックしてスピーカートラック沿いにドラッグすることで、通話の特定の部分を聴くことができます。
move-speaker-track
    • 既存のメモを確認するか、[編集]をクリックしてコメントを追加します。
  • コール確認画面の右側で、通話の文字起こしにアクセスします。

注:通話の自動文字起こしには、HubSpotの既定のコンテンツ作成言語を利用できます。HubSpotはアカウントの設定で選択されている言語で、通話の文字起こしを行います。HubSpotの対応言語について詳細をご確認ください。

    • 検索バーを使用して、特定のキーワードを検索できます。検索結果として、そのキーワードが使用されている文字起こしの部分が表示されます。
search-transcript
    • 文字起こしの特定の部分を別のチームメンバーと共有するには、文字起こしのテキストの上にカーソルを重ねて[共有]をクリックします。表示されるダイアログボックスで、[リンクをコピー]をクリックします。これによってコピーされたリンクをEメールまたは他のメッセージに貼り付けて、チームメンバーに送信します。 
    • 別のチームメンバーに通知を送信するには、テキストフィールドに「@」に続けてユーザーの名前を入力し、コメントを入力してから[保存]をクリックします。

add-a-comment-to-call

  • コール受信者のコンタクト情報にアクセスするには、右上の[参加者]をクリックして、そのセクションを展開します。
    • レコードの名前をクリックすると、コンタクトの詳細がポップアップ表示されて、コンタクトの情報にアクセスできます。
    • 完全なレコードに移動するには、[レコードに移動]をクリックします。

コールを他のレコードに関連付ける

CRM内のコンタクト、会社、取引、またはチケットレコードに、コールを関連付けることができます。関連付けたレコードには、そのコールが表示され、コールの詳細にアクセスして詳しいコンテキストを確認できます。

  • HubSpotアカウントにて、[コンタクト] > [コール]の順に進みます。
  • コールのタイトルをクリックします。
  • 左上の[関連付け]をクリックします。
  • [関連付け]パネルで次の操作を行います。
    • 関連付けを追加するには、オブジェクトのカードで[追加]をクリックします。
    • コールを関連付けたレコードをプレビューするには、関連付けの上にカーソルを重ねて[プレビュー]をクリックします。
    • 既存の関連付けを削除するには、関連付けの上にカーソルを重ねて[X]をクリックします。
add-associations-to-call

コールをチームと共有する

ミーティングの前にチームメンバーとコールを共有しておくと、メンバーが通話の録音にアクセスしてミーティングに備えることができます。 

  • HubSpotアカウントにて、[コンタクト] > [コール]の順に進みます。
  • コールのタイトルをクリックします。
  • 右上の[共有]をクリックします。
  • 表示されるダイアログボックスで、[リンクをコピー]をクリックします。
  • これによってコピーされたリンクをEメールまたは他のメッセージに貼り付けて、チームメンバーに送信します。

コール インデックス ページでコールを検索、セグメント化する方法について詳細をご確認ください。