お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
Connected Email

HubSpot Sales拡張機能の設定を管理する

更新日時 2020年 10月 19日

Eメールを記録および追跡し、受信トレイでセールスツールにアクセスするために、HubSpot Sales拡張機能とEメールアドレスを使用している場合は、アカウントのEメール連携設定で拡張機能の設定の一部を管理できます。具体的には、拡張機能と同期するHubSpotアカウントを切り替え、別のシステムにログを記録するためにBCCアドレスを追加し、特定のIPアドレスの通知をブロックすることができます。 

拡張機能の設定にアクセスするには、次の手順を実行します。

  • HubSpotアカウントにて、ナビゲーションバーに表示される[設定アイコン settings]をクリックします。
  • 左側のサイドバーメニューで、[連携]>[Eメールの連携]の順に進みます。
  • [HubSpot拡張機能]タブをクリックします。

HubSpot Sales拡張機能のリストの下で、さまざまな拡張機能設定にアクセスできます。

manage-your-hubspot-extension-settings

拡張機能の同期

ユーザーアカウント(HubSpotへのログインに使用するEメールアドレス)に、複数のHubSpotアカウントへのアクセス権がある場合は、拡張機能を使用するときに正しいHubSpotアカウントにログインしていることを確認してください。ログとトラックデータは、拡張機能設定で指定されているHubSpotアカウントに関連付けられます。

注:有料のSales Hubシートがあるアカウントではなく、HubSpot CRMアカウントをセールスツールと同期する場合は、有料ツールは利用できません。これには、アクティビティフィードでの無制限の通知が含まれます。有料機能があるHubSpotアカウントを特定して切り替える方法についての説明を参照してください。

拡張機能と同期する別のHubSpotアカウントを選択するには、次の手順を実行します。

  • [拡張機能の設定]セクションで、[拡張機能の同期]ドロップダウンメニューをクリックして正しいアカウントを選択します。ドメインとHub IDから正しいアカウントを識別できます。

select-another-hubspot-account-to-sync-extension-with

  • ダイアログボックスでメッセージを確認し、[はい、変更します]をクリックします。

セールス拡張機能またはアドインを接続するHubSpotアカウントは、Chrome拡張機能Outlookデスクトップ設定、またはOffice 365の構成設定からも変更できます。

追加のBCCアドレス

Salesforceなど別のシステムにEメールを記録する場合は、BCCアドレスを追加できます。まず、別のシステムのEメールアドレスにアクセスする必要があります。Salesforceを使用している場合は、以下の手順に従ってSalesforceのアドレス宛のEメールにアクセスできます。

  • Salesforceにログインします。
  • 右上隅にある名前をクリックし、[私の設定]を選択します。
  • 左側のサイドバーで、[メール]>[私のメール to Salesforce]の順に選択します。
  • [あなたの[メール to Salesforce]アドレス]フィールドの値をコピーします。

次に、Eメール連携設定でこのアドレスをBCCアドレスとして追加します。

  • HubSpotのアカウントで、メインナビゲーションバーの設定アイコンsettingsをクリックします。
  • 左側のサイドバーメニューで、[連携]>[Eメールの連携]の順に進みます。
  • [HubSpot拡張機能]タブをクリックします。
  • [拡張機能の設定]セクションで、[追加のBCCアドレス]の横にある[管理]をクリックします。
  • このダイアログボックスで、他のシステムのEメールアドレスを貼り付けて[追加]をクリックします。 

add-email-to-salesforce-address

  • [保存]をクリックします。
さらに、HubSpot Sales拡張機能を使用してEメールアカウントから送信されたEメールをログに記録すると、BCCアドレスが追加され、Eメールが両方のシステムでログに記録されます。
追加のBCCアドレスは、HubSpot Sales拡張機能を使用して送信されるEメールのみに適用されます。HubSpotのレコードから1対1のEメールを送信する場合は適用されません。

ブロック中のIPアドレス

特定のIPアドレスの開封通知またはクリック通知を受信しない場合は、拡張機能の設定でそのIPアドレスをブロックできます。これは、以下の場合に便利です。

  • 自分のコンピューターやモバイルデバイスをブロックする (業務用 PC、ノート PC など)
  • 特定の相手の IP アドレスをブロックする
  • 同僚がEメールを開封したときに通知を受信しないようにする

注:最適な結果を得るため、最新バージョンのGoogle Chromeを使用していることを確認してください。 

自分のIPアドレスを確認するには、次のいずれかを実行できます。
  • http://whatismyip.comまたはhttp://ip4.me/に移動します。自分のIPアドレスが画面の一番上に表示されます。リモートで作業している場合、このアドレスは頻繁に変わる可能性があります。
  • この情報については、IT部門にお問い合わせください。
  • インターネットプロバイダーに、IP 範囲をお問い合わせください。
  • インターネットプロバイダーが会社のオフィスやホームネットワークに固定 IP を提供できるか確認し、その固定 IP を代わりに使用してください。
自分のIPアドレスまたはブロックしたいIPアドレスがある場合:
  • HubSpotのアカウントで、メインナビゲーションバーの設定アイコンsettingsをクリックします。
  • 左側のサイドバーメニューで、[連携]>[Eメールの連携]の順に進みます。
  • [HubSpot拡張機能]タブをクリックします。
  • [拡張機能の設定]セクションで、[ブロック中のIPアドレス]の横にある[管理]をクリックします。
  • ダイアログボックスでIPアドレスを入力し、[追加]をクリックします。email-extensions-add-a-blocked-ip-address
  • [保存]をクリックします。

注:アクティビティーがまだ絞り込まれていない場合、モバイルデバイス、コンピューター、または会社で動的IPアドレスが使用されている可能性があります。この場合、アドレスは常に変わります。引き続き、[ブロック中のIPアドレス]フィールドでIPアドレスを更新することはできます。

モバイルデバイスで E メールを読んでいるときにアクティビティーに関する通知を受信する場合、iPhoneのHubSpotモバイルアプリで通知を無効化できます。

リードの再訪問通知

リードがサイトに戻ると、HubSpotから通知が送られるので、アクションを実行してリードのフォローアップを行うことができます。アカウントの通知設定でリード再訪問通知の設定を管理できます。リード再訪問通知をセットアップする方法についての説明を参照してください。