HubSpotにコンタクトを追加する方法

更新日時 June 29, 2016

必要条件

ソフトウェア: HubSpot マーケティング
サブスクリプション: Basic, Pro, & Enterprise

HubSpotのコンタクトデータベースは、リードと自社ブランドとの間のすべてのタッチポイントから詳細情報を引き出し、1つのデータベースですべてを管理します。コンタクトデータベースはマーケティングエフォートの中核となるものです。この記事では、既存のコンタクトをHubSpotに追加し、インバウンドマーケティングファネルのさらに下層でリードのナーチャリングを開始する手順について説明します。

HubSpotにコンタクトを追加する方法は2つあります。

以下の手順に従って、HubSpotのコンタクトデータベースへのコンタクトの追加を開始します。

個々のコンタクトを手動で追加する

1.すべてのコンタクトに移動する

HubSpotダッシュボードから、[Contacts(コンタクト)] > [All Contact(すべてのコンタクト)]の順に移動します。

HubSpot Help article screenshot

2.新規コンタクトを追加する

右上にある青いボタン[New contact(新規コンタクト)]をクリックして、新規コンタクトを追加します。

HubSpot Help article screenshot

コンタクトを追加する

HubSpot Academy

ベストプラクティス

コンタクトデータベースはすべてのインバウンドコミュニケーション活動の中核に位置し、既存のコンタクトだけでなく、将来のすべての見込み客とどのように関わるべきかを教え、導いてくれるものです。HubSpotのツールはすべて、コンタクトデータベースと連携し、各見込み客の詳細情報と背景情報を一元的に格納します。これがコンタクトの記録です。 

コンタクトデータベースがマーケターにとって重要な理由については、Academyの詳細情報をご覧ください。

続きを読む

ポップアップウィンドウが表示されます。このウィンドウに表示されるいくつかのフィールドに個々のコンタクト情報を入力します。 

この時点では、新規コンタクトの作成に必要なものはそれぞれのEメールアドレスのみです。ただし、このポップアップウィンドウには、HubSpotに既に設定されている可能性があるスター付きプロパティや現在のプロパティもすべて表示されます。スター付きプロパティを作成すると、常にこのウィンドウとコンタクトの記録に表示されるため、スター付きプロパティをまだ設定していない場合は、その設定をお勧めします。ここをクリックし、現在のプロパティを設定する方法についての詳細をご覧ください。 

必須項目のEメールアドレスの他、必要であると思われる他のフィールドへの入力が終わったら、[Add(追加)]をクリックして新規コンタクトの記録を作成します。

コンタクトを表示する

新規コンタクト記録が正常に作成されました。[All Contacts(すべてのコンタクト)]で名前をクリックして、それぞれのコンタクト記録を確認できます。コンタクト記録は次のように表示されます。

HubSpot Help article screenshot

コンタクトのリストをインポートする

既存のコンタクトをインポートすると、既存のコンタクトの全データベースをマーケティングチームに提供できるだけでなく、独自のリードインテリジェンスをセールスチームに伝授し、営業サイクルでコンタクトを促進するプロセスを自動化できます。この操作により、コンタクトのインポートを後回しにした場合と比べて、速いペースでHubSpotからROIを獲得できます。

コンタクトのインポート時にコンタクトに適用されるライフサイクルステージを選択できるため、後でさらに進んだリードのセグメンテーションを行い、社内の全従業員がすべてのコンタクトにアクセスできるよう一元化できます。

インポートするファイルは.csvファイル形式であり、データをインポートするプロパティ(名、姓、Eメールアドレスなど)を表すヘッダー行を含んでいなくてはなりません。HubSpot CRMを使用していない限り、Eメールアドレスのないコンタクトはインポートされないため、列ヘッダーの1つに必ずEメールアドレスを含めてください。

HubSpotに.csvファイルをインポートする際のエラーを回避するため、.csvファイルはUnicode(UTF-8)エンコードで保存してください。

1.すべてのコンタクトに移動する

HubSpotダッシュボードから、[Contacts(コンタクト)] > [All Contact(すべてのコンタクト)]の順に移動します。

HubSpot Help article screenshot

2.インポート

右上にあるボタン[Import(インポート)]をクリックして、インポートします。

HubSpot Help article screenshot

3.コンタクトをインポートする

インポートのダッシュボードが表示されました。右上の青いボタン[Import contacts(コンタクトをインポート)]をクリックして、コンタクトをインポートします。

HubSpot Help article screenshot

4.ファイルからインポートする

ここでは、[Import from file(ファイルからインポート)]の横にあるラジオボタンにチェックが入っていることを確認したら、[Next(次へ)]をクリックします。 

HubSpot Help article screenshot

5..csvファイルを選択する

[Choose a file(ファイルを選択)]ボタンをクリックして、インポートする.csvファイルをアップロードします。または、ファイルを点線のボックスにドラッグしてアップロードします。

ファイルを選択したら、[Upload(アップロード)]をクリックします。

HubSpot Help article screenshot

6.ベーシックまたは詳細インポート

この時点で、ベーシックまたは詳細インポートのどちらを実行するかを選択できます。インポートツールのデフォルトはベーシックインポートです。このインポートでは、ライフサイクルステージが「購読者」に設定されたすべてのコンタクトをインポートします。コンタクトに特定のライフサイクルステージを設定するには、リンクをクリックして詳細ビューに切り替えます。詳細ビューに切り替えると、次のオプションが表示されます。

  1. [Import type for this file(このファイルのインポートタイプ)] - マーケティングを行うコンタクトのリストをインポートするか、Eメールを送信しないコンタクトのオプトアウトリストをインポートするかを選びます。
  2. [Also add contacts to this list (optional)(このリストにもコンタクトを追加(任意))] - 既存の静的リストを選択すると、インポートするコンタクトがその既存のリストに追加されます。
  3. [Lifecycle stage for new contacts(新しいコンタクトのライフサイクルステージ)] - インポートするコンタクトのライフサイクルステージを選択します(ベーシックインポートでは、コンタクトは自動的に「購読者」に設定されます)。 ライフサイクルステージは後退させることはできません。たとえば、すでに「顧客」に設定されたコンタクトを「リード」に戻すことはできません。 インポート内容にセールスサイクルのステージの異なるコンタクトが含まれている場合、「購読者」としてインポートし、後でコンタクトに応じてセグメンテーションする方法が最も安全です。
  4. [Choose a default format for date properties(日付プロパティのデフォルト形式を選択)] - 日付タイプのプロパティをインポートする場合は、インポートする日付形式を選択し、その日付がHubSpotに正しく保存されるようにします。
  5. [Email opt-in status for new contacts(新規コンタクトのEメールオプトインのステータス)] - ここでは、これらのコンタクトがマーケティング目的のEメールにオプトインしているかどうかを確認できます。これは、ダブルオプトインが有効になっている場合のオプションです。
HubSpot Help article screenshot

ベーシックと詳細インポートのどちらを行う場合でも、次のステップでは、.csvファイルの列をHubSpotのコンタクトプロパティにマッピングします。準備ができたら、[Next, map your properties(次にプロパティをマッピングする)]をクリックします。

HubSpot Help article screenshot

7.プロパティをマッピングする

[Map columns to your HubSpot properties(HubSpotのプロパティに列をマッピングする)]画面で、HubSpotのコンタクトプロパティとマッチングされた.csvファイルの列ヘッダーが表示されます。 HubSpotは、チェックの入ったすべてのプロパティのデータをインポートします

HubSpotはプロパティの名前に基づいて列ヘッダーをマッチングするため、インポートするデータの列にマッチングが表示されていない場合は、ドロップダウンメニューから既存のプロパティを選択できます。HubSpotにまだ存在しないプロパティの場合、そのプロパティにチェックを入れたままにして、ドロップダウンメニューから[一致しません]を選択すると、次のステップで新規プロパティとして作成できます。

[Next Step(次のステップ)]をクリックして続行します。

HubSpot Help article screenshot

HubSpotの新規プロパティを作成する(必要に応じて)

前述のようにマッピングの画面で新規プロパティにチェックを入れたままにして[No Match(一致しません)]を選択すると、[Create new HubSpot properties(HubSpotの新規プロパティを作成)]画面が表示されます。インポート時に新規プロパティを作成する必要がない場合は、[Confirm list validity(リストの有効性を確認する)]ページ(次のステップ)に自動的に移動します。

[Create new HubSpot properties(HubSpotの新規プロパティを作成)]画面で、[Edit Property(プロパティを編集)]をクリックし、フィールドタイプと設定を確認したら、[Save property(プロパティを保存)]をクリックし、[Next, confirm list validity(次にリストの有効性を確認する]を選択します。

HubSpot Help article screenshot

8.リストの有効性を確認する

リストをインポートする最後のステップは、コンタクトのプライバシー保護がリストで有効になっていることを確認し、現在ビジネス上のつながりのない人のリストをインポートしないよう注意することです。適切な回答を選択し、イニシャルをボックスに入力して、[Import contacts(コンタクトをインポート)]ボタンをクリックします。

購入したリストをインポートすることは、当社の利用規約に反しています。

HubSpot Help article screenshot
b

詳細情報

既存のコンタクトの重複除去はすべてEメールアドレスで行われますが、それ以外の含まれているフィールドでは既存のデータは上書きされます。フィールドへのインポートが行われなければ、そのコンタクトの既存のデータに影響はありません。
続きを読む

インポートのステータス画面にリダイレクトされ、インポートのステータスを確認できます。HubSpotへのリストのインポートが完了すると、Eメールを受信します。[Lists(リスト)]リンクをクリックして、インポートから作成または更新されたコンタクトの静的リストを確認できます。新規リストに移動する前にこのウィンドウを閉じた場合でも、[Contacts(コンタクト)] > [Lists(リスト)]に移動して表示できます。

HubSpotコンタクトデータベースに十分な数のコンタクトが格納されるまで、各.csvファイルにこの処理を繰り返します。 

HubSpot Help article screenshot

前の記事

次の記事