Become a HubSpot power user — join us for HubSpot Training Day 2017.

コンタクトプロパティと企業情報プロパティの作成方法

更新日時 June 29, 2016

必要条件

ソフトウェア: HubSpot マーケティング
サブスクリプション: Basic, Pro, & Enterprise

HubSpotのContacts(コンタクト)ツールは、会社と関係のあるすべての人との情報が格納されている強力なデータベースです。Contacts(コンタクト)ツールには標準コンタクトプロパティがあらかじめ用意されていますが、より業界に適したカスタムコンタクトプロパティを作成することにより、ツールをパーソナライズできます。実際、最大1,000のコンタクトプロパティを作成して、カスタムデータを格納できます。 

カスタムプロパティには、リードや顧客について把握するために、リードや顧客から得られたさまざまな質問の回答が格納されます。コンタクトプロパティには、さまざまなタイプの情報を格納できます。また、このような情報を取得する方法についても、数多くのオプションが用意されています。  

アカウント内のコンタクトプロパティと企業情報プロパティの利用法

  • Lists(リスト)ツールを使って、カスタムコンタクトプロパティに基づいてリードをセグメント化する。
  • HubSpotのフォームを使って、カスタムコンタクトプロパティに格納する情報を取得する。
  • パーソナライゼーショントークンを使って、コンタクト別にEメールをパーソナライズして、コンタクト固有の情報をEメールに挿入できるようにする。
  • パーソナライゼーショントークンとスマートコンテンツを使用して、HubSpotサイトへの訪問者のエクスペリエンスをパーソナライズする。
  • コンタクトプロパティ値に基づいて、コンタクトのリードスコアを自動的に加点または減点するリードスコアリングルールを作成する。
  • 特定プロパティのコンタクトをマーケティングオートメーションアクションに登録するワークフローをトリガする。
  • これらのプロパティに基づいたコンタクトレポートを作成する(Enterprise版のお客様のみ)。

1.Contacts Settings(コンタクト設定)に移動する

HubSpotアカウントにログインしてから、[Contacts(コンタクト)] > [Contacts Settings(コンタクト設定)]の順に移動します。
HubSpot Help article screenshot

2.新規プロパティを作成する

[Contact Properties(コンタクトプロパティ)]編集画面が表示されます。この画面上の[Create new property(新規プロパティを作成)]ボタンをクリックして、新規コンタクトプロパティの作成を開始します。

HubSpot Help article screenshot

企業情報プロパティを追加する

この時点で、コンタクトプロパティではなく新しい企業情報プロパティを追加する必要がある場合は、左側のナビゲーションメニューの[Company Properties(企業情報プロパティ)]をクリックしてから、[Create new property(新規プロパティを作成)]をクリックします。

HubSpot Help article screenshot

3.コンタクトプロパティの詳細を入力する

新しいプロパティの情報を入力できるコンタクトプロパティ情報画面が表示されます。

HubSpot Help article screenshot

以下のフィールドに適宜入力します。

Label(ラベル名)

Label(ラベル名)は、コンタクトプロパティプロフィール上に内部的に表示されるプロパティの短い説明です。

HubSpot Help article screenshot

HubSpotのフォームフィールドとして使用する場合には、そのプロパティの外部的なデフォルトのフォームフィールドラベルにもなります。ただし、フォームフィールドの編集時、Label(ラベル)オプションを使ってそのプロパティのフォームラベル名を変更することができます。この変更は、コンタクトプロパティのラベルには反映されません。

HubSpot Help article screenshot

Internal Name(内部名)

Internal Name(内部名)は、プロパティのAPI識別子です。これは一意の名前で、いったん作成したら編集はできません。また、コンタクトプロパティの元のラベルに基づいて、自動的に作成されます。 Salesforceコネクタによりカスタムプロパティが作成されている場合、HubSpotは自動的に、HubSpotのプロパティ名の末尾に「__c」を付けます(Salesforceカスタムフィールド名の命名規則も同じです)。

HubSpot Help article screenshot

Description(説明)

Description(説明)は、プロパティに関する短い説明で、内部でのみ使用されます。 この説明は、個々のコンタクトのContacts Overview(コンタクト概要)上の該当するコンタクトプロパティの隣にある情報アイコン(i)をクリックすると表示できます。

HubSpot Help article screenshot

Group(グループ)

データベース上で保管しやすいように、コンタクトプロパティはすべてグループ別に分類されます。デフォルトのコンタクトプロパティグループには、Contact Information(コンタクト情報)、Company Information(企業情報)、Social Media Information(ソーシャルメディア情報)、Email Information(Eメール情報)、Web Analytics History(ウェブ分析履歴)、Conversion Information(コンバージョン情報)があります。[Contacts(コンタクト)] > [Contact Settings(コンタクト設定)]の画面上部にある[Create new property group(新規プロパティグループを作成)]ボタンをクリックすると、新しいグループを作成できます。

HubSpot Help article screenshot

プロパティグループに名前を付けて、[Create(作成)]ボタンをクリックしたら、そのグループ内に新しいコンタクトプロパティを作成できるようになります。

HubSpot Help article screenshot

Field Type(フィールドタイプ)

コンタクトプロパティは、格納する情報のタイプに応じて、フィールドタイプが決まります。

  • Single Line Text(単行テキスト) - 単行テキストプロパティには、単語、フレーズ、センテンスなど、1行の英数字文字列を格納できます。
  • Multi-Line Text(複数行テキスト) - 複数行テキストプロパティには、段落テキストや、箇条書きリストなど、複数行の英数字文字列を格納できます。
  • Drop-down select(ドロップダウン選択) - ドロップダウン選択には、複数のオプションを含めることができ、訪問者はここからオプションを1つだけ選択できます。
  • Radio Select (Select a single option)(ラジオボタン) - ラジオボタンは、外観が異なっているだけで、ドロップダウン選択と同じ機能になります。ラジオボタンも、複数のオプションで構成でき、訪問者はそこからオプションを1つだけ選択できます。
  • Checkboxes (Select multiple options)(複数のチェックボックス) - 通常は関連のある複数のオプションで構成されるチェックボックスです。「該当するものをすべて選択してください」というヘルプテキストとともに使用されることがよくあります。
  • Single On/Off Checkbox(単一のチェックボックス) - 単一のチェックボックスは、On/Off(オン/オフ)の2つのオプションでのみ構成されます。通常これは、Salesforceと統合していて、オンかオフかを選択するフィールドが必要な場合に使用されます。
  • Number Field(数値) - 数値フィールドには、数字、十進法の数字、科学記号を格納できます。
  • File Upload(ファイルアップロード) - ファイルアップロードフィールドは、訪問者がファイルをアップロードしたり、フォーム送信を通して、リンクを提供するために使用します。アップロードされたファイルのリンクは、各コンタクトレコードから利用できます。
  • Date Picker(日付選択カレンダー) - 日付選択カレンダーフィールドを使って、訪問者はセグメンテーションのベースになる日付を標準形式で入力できます。

Use in Forms?(フォームで使用しますか?)

プロパティは、必ずしも、HubSpotフォームビルダー使用時に、表示しなければならないわけではありません。内部使用目的のプロパティもあります。このようなプロパティは公開フォーム上に表示されないようにします。プロパティをフォームフィールドとして使用する場合は、[Use in Forms?(フォームで使用しますか?)][Yes(はい)]に設定します。

HubSpot Help article screenshot

このプロパティは、フォームビルダーの[Fields(フィールド)]タブに表示されます。

HubSpot Help article screenshot

Drop-down select(ドロップダウン選択)Checkboxes (Select multiple options)(複数のチェックボックス)Radio Select (Select a single option)(ラジオボタン)のような特定のフィールドタイプでは、フォーム上で訪問者が選択できる複数のオプションを追加するように促されます。訪問者用のドロップダウンメニューを編集するには、[Edit Options(オプションを編集)]をクリックします。各オプションに対してラベルを設定します。このラベルは、このプロパティを使用するすべてのフォーム上、およびHubSpotアプリケーション全体で表示可能なオプションとして表示されます。また、インテグレーション目的で使用されるInternal value(内部値)も設定する必要があります。

HubSpot Help article screenshot

Internal value(内部値)は、HubSpotコンタクトAPIでのプロパティの値として使用されます。ユーザーの反応を、特定の製品SKUといった内部的に意味のある何かに変換して、外部システムに渡すことができるように、ラベルとは異なる値を設定することが必要になる場合があります。その値をAPIインテグレーションが正しく解釈できるように値を特定の形式で入力する必要がある場合、この機能は便利です。

フォーム上に表示されないプロパティに対してオプションを作成することもできます。非表示のオプションを作成したい場合は、目のアイコンをクリックして、このプロパティをフォームに表示されないようにします。

HubSpot Help article screenshot

4.プロパティを保存する

新しいコンタクトプロパティに対する情報をすべて入力できたら、[Save property(プロパティを保存)]ボタンをクリックして、プロパティの作成または編集を終了します。

HubSpot Help article screenshot

前の記事

次の記事