コンタクトと会社のプロパティを使用する方法

更新日時 June 29, 2016

必要条件

ソフトウェア: HubSpot マーケティング
サブスクリプション: Basic, Pro, & Enterprise

HubSpotのプロパティは、コンタクトに関連付けられた個々のコンタクト記録または会社に適用できます。この記事では、HubSpotでコンタクトと会社の両方のプロパティを使用する方法について説明します。コンタクトプロパティと会社プロパティの違いや、どちらかを選択する理由について学びます。 


コンタクトプロパティ

コンタクトプロパティは、フォーム上のコンタクトとフィールドに関する情報を整理しやすいように、いくつかの異なるプロパティグループに分かれています。デフォルトのコンタクトプロパティグループは、コンタクト情報、ソーシャルメディア情報、Eメール情報、ウェブ分析履歴、コンバージョン情報、およびSalesforce情報(HubSpotアカウントがSalesforceと統合されている場合)です。

コンタクト情報プロパティグループには、コンタクトの名前、Eメール、住所などの個人に関する重要な情報が含まれています。以下のガイドでは、コンタクトデータベースでのコンタクトプロファイルの作成方法、コンタクト情報プロパティグループ内のさまざまなフィールド、およびプロパティとともに収集されたデータの使用方法について説明します。

会社プロパティ

会社プロパティを使用して、コンタクトのグループに関する情報を収集できます。カスタムの会社プロパティを作成することも、HubSpotのデフォルトの会社プロパティを使用することもできますが、この点については下記で説明します。

会社プロパティ機能は、コンタクトの会社に関する情報を整理しやすいように、いくつかの異なるプロパティグループに分かれています。デフォルトの会社プロパティグループは、会社情報、ソーシャルメディア情報、Eメール情報、ウェブ分析履歴、コンバージョン情報、およびSalesforce情報(HubSpotアカウントがSalesforceと統合されている場合)です。

 

次のリンクのいずれかをクリックすると、この記事の特定の場所にジャンプします。

コンタクトと会社のプロパティおよび情報グループにアクセスする方法

HubSpotダッシュボードから、[Contacts(コンタクト)] > [Contacts Settings(コンタクト設定)]の順に進み、コンタクト情報プロパティグループにアクセスします。

HubSpot Help article screenshot

ここには、コンタクト情報プロパティグループ内のすべてのプロパティが表示されます。これには、HubSpotの標準フィールドや、作成したカスタムフィールドが含まれています。ステップのテキストを入力してください。

HubSpot Help article screenshot

コンタクト設定のこの場所から、左側のメニューの[Company Properties(会社プロパティ)]をクリックして会社のプロパティとグループを表示することもできます。

HubSpot Help article screenshot

コンタクトと会社のプロパティを編集する方法

HubSpotダッシュボードから、[Contacts(コンタクト)] > [Contacts Settings(コンタクト設定)]の順に進み、コンタクトおよび会社の情報プロパティグループにアクセスします。

HubSpot Help article screenshot

コンタクトプロパティと会社プロパティのどちらを編集するかに応じて、左側にあるメニューから対応するオプションをクリックします。各セクション内で編集するプロパティが見つかったら、プロパティの横にあるギアアイコンをクリックし[Edit(編集)]を選択します。

HubSpot Help article screenshot

各プロパティに「ラベル」と「内部名」の2つがある理由

ラベルは、フォームにプロパティを追加する場合のように、コンタクトプロファイル内や公開状況下などでプロパティがソフトウェア全体にどのように表示されるかを表します。名前は、(インテグレーション内で使用する)コンタクトAPIのプロパティの一意の識別子であり、いったん作成した後に編集することはできません。ラベル、名前、およびフィールドタイプの詳細は、この記事を参照してください。

デフォルトのコンタクトプロパティ

下記リンクをクリックすると、デフォルトのコンタクトプロパティのリストを確認できます。これには、ラベル、内部名、これらのプロパティの使用目的、およびそこに表示される値の例が含まれます。

デフォルトのコンタクトプロパティを表示するには、ここをクリックしてください。

デフォルトの会社プロパティ

下記リンクをクリックすると、デフォルトの会社プロパティのリストを確認できます。これには、ラベル、内部名、これらのプロパティの使用目的、およびそこに表示される値の例が含まれます。

デフォルトの会社プロパティを表示するにはここをクリックしてください。

コンタクトと会社のカスタムプロパティの例

コンタクトのカスタムプロパティの例

ここでは、コンタクト情報プロパティグループの下で作成できるプロパティの例をいくつか示します。プロパティに最適なフィールドタイプ(ドロップダウンの選択、複数行テキスト、チェックボックスなど)を選択できます。これらのプロパティは、フォームでのみ使用できるか、内部でのみ使用できます。コンタクトプロパティの作成方法については、この記事をご覧ください。

コンタクトの基本設定:コンタクトの優先連絡方法。

営業担当の所有者のLinkedIn:コンタクトの営業担当のLinkedInアカウント名。

営業担当の所有者のTwitter:コンタクトの営業担当のTwitterアカウント名。

興味のある製品またはサービス:コンタクトが興味のある製品またはサービス。

ペルソナ:ビジネスに合わせてカスタマイズしたコンタクトのペルソナ。

誕生日:コンタクトの誕生日。

会社のカスタムプロパティの例

ここでは、会社プロパティグループの下で作成できるプロパティの例をいくつか示します。プロパティに最適なフィールドタイプ(ドロップダウンの選択、複数行テキスト、チェックボックスなど)を選択できます。


設立年:コンタクトの会社が設立された日。

月間マーケティング予算:コンタクトの会社がマーケティング用として毎月割り当てている予算。

ターゲットマーケットの潜在的な顧客の数:コンタクトの会社のターゲットマーケット内の潜在的な顧客の数。

ターゲットマーケットの地理的な範囲:コンタクトのターゲットマーケットの地理的な範囲。

個々のコンタクトのコンタクト情報プロパティの値を更新する方法

1.[All Contact(すべてのコンタクト)]に移動

HubSpotダッシュボードから、最初に[Contacts(コンテンツ)] > [All Contact(すべてのコンタクト)]の順に移動します。

HubSpot Help article screenshot

2.コンタクト記録 > プロパティをすべて表示

編集するコンタクト記録を選択し、その名前をクリックします。これにより、個々のコンタクト記録に移動します。

HubSpot Help article screenshot

コンタクト記録内で、[View all properties(プロパティをすべて表示)]を選択します。

HubSpot Help article screenshot

3.値を更新

表示されたポップアップメニューから、変更したいプロパティを検索します。プロパティが見つかったら、フィールド内をクリックしてプロパティの値を変更し、[Save(保存)]をクリックします。

HubSpot Help article screenshot

個々のコンタクトのプロファイルのコンタクト情報プロパティを編集する方法

情報を分類する方法や情報を表示する方法を改善するには、プロパティを手動で編集すると便利です。特定のコンタクトの特定のプロパティの履歴を表示するか、コンタクトのプロファイルからコンタクトプロパティを編集するには、プロパティの上にマウスカーソルを置いたときにプロパティの横に表示される時計アイコンをクリックします。

HubSpot Help article screenshot

次のウィンドウで、右下にある[Edit Property(プロパティを編集)]リンクを選択します。

HubSpot Help article screenshot

これで、コンタクト設定からプロパティを編集できます。プロパティ自体に加えたい変更を行います。たとえば、[Edit Options(オプションを編集)]をクリックし、このプロパティに表示されるドロップダウンオプションを編集します。この作業は、すべてのコンタクトのコンタクトプロパティに影響します。作業が完了したら、[Save property(プロパティを保存)]ボタンをクリックします。

HubSpot Help article screenshot

前の記事

次の記事