Become a HubSpot power user — join us for HubSpot Training Day 2017.

リードまたは顧客のインテリジェンスにコンタクトプロファイルを使用する方法

更新日時 June 29, 2016

必要条件

ソフトウェア: HubSpot マーケティング
サブスクリプション: Basic, Pro, & Enterprise

HubSpotのコンタクトプロファイルは、リードがサイトのどこにいたのか、リードがどのようなフォームに入力したかなどを特定できる便利な機能です。リードが興味を持っているものについて、フォームに直接の記載がなかった場合でも把握できるようになります。たとえば、HubSpotのマーケティングチームは、コンタクトツールを使用してコンタクトを調査したうえで、その結果に基づいてマーケティングペルソナと戦略を絞り込んでいます。ペルソナの作成方法を復習するには、このガイドの1つ前のセクションをご覧ください。

HubSpotのコンタクトプロファイルは、リードの調査だけでなく、誰が上顧客であるかを特定する上でも役に立つ機能です。プロファイルを介して、顧客がウェブサイトで閲覧しているコンテンツや、顧客が開いたEメールを確認できます。したがって、顧客とのインタラクションを確認するだけで顧客が何に興味を持っているのかが分かります。たとえば、HubSpotのマーケティングチームは、コンタクトツールを使用して、顧客がどのようなEメールを開いて読んでいるかを確認しています。これにより、顧客の興味とニーズを理解し、顧客の興味が失われないようにすることができます。

コンタクトプロファイルを分析する場合は、常に上顧客を探すようにしましょう。上顧客はウェブサイトと一貫したインタラクションがあり、ソーシャルストリームの結果に一致し(彼らはあなたの会社について話をしています)、ペルソナにぴったり適合しています。週に一度コンタクトを分析できれば理想的ですが、少なくとも月に一度はコンタクトを確認し、コンタクトインテリジェンスを最大限に活用してください。

 

[All Contact(すべてのコンタクト)]に移動

HubSpotダッシュボードから、[Contacts(コンタクト)] > [All Contact(すべてのコンタクト)]の順に移動します。 

HubSpot Help article screenshot

コンタクト記録を選択

編集するコンタクト記録を選択し、その名前をクリックします。これにより、個々のコンタクト記録に移動します。

HubSpot Help article screenshot

概要を使用してコンタクトとのインタラクションを表示

コンタクト記録には、コンタクトの名前、Eメール、最新のアクティビティなど、コンタクトの最も重要な側面に関する簡単な概要が表示されます。 タイムラインは、コンタクトから最初に連絡を受けた日付から始まり、コンタクトとの最新のインタラクションで終わります。コンタクトがメンバーに含まれるリストが左側に表示されるほか、ワークフローのメンバーシップや会社の関連付け情報も表示されます。

顧客インテリジェンスのためには、上顧客とのインタラクションがどのようなものであるか、そのインタラクションがソーシャルメディア経由であるかどうか、上顧客のクリックパターン、または上顧客によるウェブサイトの訪問回数について特に注意して確認してください。

HubSpot Help article screenshot

タイムラインの表示内容は、タイムライン設定で情報をフィルタリングすることによって簡単に調整できます。これを行うには、[Filter timeline...(タイムラインをフィルタリング...)]を選択し、タイムラインに表示したいインタラクションにチェックを付けます。

インタラクションのフィルタリングは、さまざまな役割のユーザーの役に立ちます。たとえば、マーケターがコンタクトのニーズを確認したい場合には、ウェブサイトの訪問回数とフォーム送信数を表示するようなフィルタリングを行います。アカウントマネージャーであれば、フィルタリングを使ってウェブサイトの訪問回数とEメールを表示し、顧客が興味を持つコンテンツを確認できます。サポート担当者であれば、イベントとフォーム送信をフィルタリングして会社に対する顧客の関わりのレベルを確認することにより、顧客をサポートする上で最善の取り組み方が分かります。

HubSpot Help article screenshot

インタラクションの各種タイプは、次のとおりです。

  • Lifecycle changes(ライフサイクルの変化):コンタクトのライフサイクルステージの変化の履歴。
  • Salesforce syncs(Salesforceの同期):Salesforceの更新と同期に基づくプロパティ変更の履歴(Salesforceの統合アカウントのみ)。
  • Website visits(ウェブサイトの訪問数):コンタクトが訪問したページの履歴。ページタイトルをクリックすると、実際のウェブページを参照できます。 タイムラインには、訪問者のウェブサイトでのアクティビティの概要が表示されます。 アクティビティのセッションはグループにまとめられているため、タイムラインにすべてのページが表示されない場合があります。
  • Emails(Eメール):コンタクトに送信したEメールの履歴。ここには、配信済、開封済、クリック済など、コンタクトとEメールとのインタラクションのステータスが表示されます。
  • List memberships(リストメンバーシップ):コンタクトが属するアカウント内の静的リストおよびスマートリストの履歴。
  • Form submissions(フォーム送信):コンタクトが送信したフォームの履歴。タイムライン上の送信の詳細を表示すると、コンタクトがフォームの質問にどのように答えたかを確認できます。
  • Automation events(自動イベント):コンタクトが有効であるワークフローの履歴(ProfessionalアカウントおよびEnterpriseアカウントの場合のみ)。
  • Twitterイベント:コンタクトが完了したTwitterイベントの履歴。
  • Twitter events(イベント):コンタクトが完了したイベントの履歴(エンタープライズアカウントの場合のみ)。
  • Webinar Events(ウェビナーイベント):ウェビナーへの登録など、コンタクトが完了したGoToWebinarイベントの履歴(GoToWebinar統合アカウントの場合のみ)。
  • Survey Events(アンケートイベント):アンケートへの入力など、コンタクトが完了したSurveyMonkeyイベントの履歴(SurveyMonkey統合アカウントの場合のみ)。

コンタクトのアクションを実行

このほか、コンタクト記録の先頭には、HubSpot CRMとシームレスに動作するよう意図された実行可能なアクションがいくつかあります。これにより、セールスチームとマーケティングチームが1つのコンタクト記録内に存在しながら、お気に入りの同じ機能を使用できるようになります。

  • New note(新しいコメント):このフィールドは、簡単なコメントを記述するための場所です。たとえば、コンタクトと最近話した電話の内容や、将来的に覚えておく価値がある内容などを記述します。
  • Email(Eメール):コンタクト記録から直接コンタクトにEメールを送信できます。これは、コンタクト記録を見ているときに、コンタクトのフォローアップを送信する必要があったことを思い出した場合に便利です。
  • Call(電話):ビジネス用としてSidekickによって提供されるツールを使用して、記録からコンタクトに直接電話できます。これを設定および使用する方法について詳しくは、こちらの記事をご覧ください
  • Log activity(アクティビティをログ記録):このアクションでは、電話、会議、またはEメールをログに記録できます。日付と時刻を変更し、このアクティビティのログ時間を記録に反映させることができます。 
  • Create task(タスクを作成):このコンタクト記録に関連付けられたタスクを作成して割り当てることができます。これにより、たとえば、セールス担当者がこのコンタクトをフォローアップできるようになります。
  • Schedule(スケジュール):このアクションから、カレンダーイベントを設定できます。これにより、コンタクトがゲストとしても追加されるため、コンタクトと将来再びチャットすることを決めた場合に記録からカレンダーでの招待をコンタクトに直接送信できます。 
HubSpot Help article screenshot

概要カードにコンタクトプロパティを追加

コンタクト記録の概要カードにコンタクトプロパティを追加すると、そのプロパティをコンタクト概要内ですぐに参照できるようになります(つまり、見たいプロパティを探すためにすべてのプロパティを表示しなくても済むようになります)。これを行うには、概要カード内のギアをクリックし、[Manage properties(プロパティを管理)]を選択します。

HubSpot Help article screenshot

表示されるポップアップの右側では、概要カード内の現在のプロパティを確認できます。左側では、プロパティ情報グループをクリックして概要カードに追加するプロパティを検索することも、検索バーを使用して検索することもできます。プロパティが見つかったら、プロパティをクリックして現在のプロパティのエリアに追加し、変更を保存します。これにより、コンタクト記録の概要カードにプロパティが正常に追加されます(また、現在のプロパティの横にある[X]をクリックすると、プロパティを概要カードから削除できます)。

HubSpot Help article screenshot

コンタクトのソースを表示

コンタクトの元のソースを表示するには、タイムラインの下部に移動します。このコンタクトが当初直接トラフィックを介してサイトにアクセスしたことや、約1年前に作成されたことが分かります。

HubSpot Help article screenshot

コンタクトプロパティを更新

コンタクト記録のプロパティを編集するには、左側の概要カードですでに表示されているプロパティを直接編集します。フィールドをクリックして変更を行い、作業が完了したら[Save(保存)]をクリックします。

HubSpot Help article screenshot

すべてのプロパティを表示、編集、および保存

概要カードに表示されていないプロパティを更新するには、概要カード内のギアに移動し[View all properties(すべてのプロパティを表示)]を選択します。ここから、プロパティを探してフィールドをクリックして変更を行い、変更後に[Save(保存)]をクリックします。

HubSpot Help article screenshot

コンタクトをワークフローに登録

コンタクトが現在いるワークフローを表示し、そのコンタクトを左側にあるワークフローメンバーシップカード内の新しいワークフローに登録することができます。まず、[View All(すべて表示)]をクリックし、コンタクトが現在いるワークフローを表示します。

HubSpot Help article screenshot
コンタクトを新しいワークフローに登録するには、ワークフローメンバーシップカード内で、ドロップダウンからワークフローを選択し[Enroll(登録)]をクリックします。
HubSpot Help article screenshot

リストにコンタクトを追加

HubSpot Help article screenshot

リストメンバーシップについても、ワークフローメンバーシップの場合と同じアクションを実行できます。[View All(すべて表示)]をクリックし、コンタクトが現在メンバーになっているすべてのリストを表示します。リストにコンタクトを追加するには、ドロップダウンをクリックして静的リストを選択し、[Add to List(リストに追加])をクリックします。

コンタクトに関する追加アクションを実行

コンタクト記録の上部には、コンタクトに対して実行できる追加のアクションがあります。コンタクトの名前カード内のギアをクリックすると、次のオプションが表示されます。

  • Delete(削除):コンタクトは、そのコンタクトがあってはならないデータベースや、関連リードとしてもう必要のないデータベースに入ってしまうことがあります。そのようなコンタクトの記録は、ここで削除できます。
  • Merge(マージ):このアクションを使用すると、特定のコンタクト記録を別のコンタクト記録とマージできます。これは、同じコンタクトをデータベースに2回登録しており、このコンタクトがどちらかのEメールアドレスをもう1つのアドレスより優先して使用することを望んでいる場合などに役に立ちます。
  • Send opt-in email(オプトインメールを送信):このオプションを使用すると、ダブルオプトイン機能が設定されている場合にオプトインEメールを送信できます。詳細は、こちらをご覧ください。 
  • Opt out of email(Eメールをオプトアウト):すべてのEメールからのオプトアウトを顧客からリクエストされた場合や、あなた自身の理由によってそのようにしたい場合には、ここで行うことができます。
  • Close as customer(顧客としてクローズ):コンタクトのライフサイクルステージを顧客に変更するには、ここでこのアクションを実行できます。
HubSpot Help article screenshot

前の記事

次の記事