お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
Contacts

カスタムプロパティーの作成

更新日時 2019年 11月 21日

HubSpotでは、コンタクト、会社、取引、チケットに関する情報はプロパティーに保存します。HubSpot アカウントには、デフォルトでいくつかのコンタクト会社取引チケットのプロパティーが含まれています。ただし、ビジネスのマーケティング、セールス、サービスプロセスの情報を収集するための追加のプロパティーが必要な場合があります。HubSpotで提供された既定のプロパティを含む、オブジェクトごとに最大 1,000 件のプロパティーを設定できます

新しいカスタムプロパティを作成するには次の手順を実行します: 

  • HubSpotアカウントにて、ナビゲーションバーに表示される[設定アイコン settings]をクリックします。
  • 左のサイドバーメニューの中から[プロパティー]を開きます。
  • オブジェクトタイプのタブをクリックしてプロパティーを作成します。
  • 右上の[トピックを作成] をクリックします。
  • 右側のペインで、プロパティーを設定します。
    1. ラベル:レコード内部に表示されるプロパティーの名前を入力します。HubSpotフォームのフィールドとして使用する場合には、そのプロパティーの外部的なデフォルトのフォームフィールドラベルにもなります。
    2. 内部名:プロパティーの API 識別子を編集します。これは一意であり、プロパティーの作成後には編集できません。コンタクトプロパティーに設定した元のラベルに基づいて自動的に決定されます。Salesforceコネクタによりカスタムプロパティーが作成されている場合、HubSpotは自動的に、HubSpotのプロパティー名の末尾に「__c」を付けます(Salesforceカスタムフィールド名の命名規則も同じです)。
    3. 注: エラーがその名前のコンタクトのプロパティーが既に存在する場合。別の名前をお試しください。現在の内部名が既に使用されているようです。現在のプロパティーの内部名を更新して新しいプロパティを保存します。
    4. 説明:プロパティーの簡潔な説明を入力します。これは内部でのみ使用されます。
    5. グループ:既定のグループまたはカスタムグループを選択します。プロパティーは、整理しやすいようにすべてグループ別に保存されます。
    6. フィールドタイプ: 収集する情報のタイプに基づいて、プロパティーのフィールドタイプを選択します。
    7. 注: スコア計算済み日付または複数行のプロパティーが作成された場合、そのフィールドタイプは編集できません
    8. フォームで表示:フォーム、ポップアップフォーム、ボットで使用できるプロパティを使用したくない場合は、[フォームで表示] ボックスをクリアにします。これは既定で有効になっています。
    9. 検索に追加(Enterprise のみ)単行テキスト、複数行テキスト、または数値プロパティーの場合、ユーザーがこのプロパティーの値を検索できるようにするには、[検索に追加] チェックボックスをオンにします。
  • [作成] をクリックして下さい。

また、デフォルトでレコードの[概要]セクションに表示されるカスタムプロパティーを設定することもできます。

/jp/contacts/how-can-i-create-a-custom-property?hs_ungate__cos_renderer_combine_all_css_disable=true&hsSkipCache=true