お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
Inbox

ウェブサイト訪問者とのチャット

更新日時 2019年 11月 6日

コミュニケーション受信トレイをセットアップしてチャットチャネルを接続するとライブチャットウィジェットまたはボットを通じて送信されたメッセージに返信して返信できます。ライブチャットプロファイルをセットアップして、チャットの空き状況をカスタマイズし、会話受信トレイ内の訪問者に対応する方法を確認してください。

チャットプロファイルをセットアップする

チャットプロファイルは、訪問者があなたとのチャットを開始して、アバター、名前、およびミーティングリンクを追加したときに表示されます。

  • HubSpotアカウントにて、ナビゲーションバーに表示される[設定アイコン settings]をクリックします。
  • 左のサイドバーメニューで、[コミュニケーション] > [プロファイル]の順に進みます。
  • アバターを変更するには、画像の上にカーソルを置き、[写真を変更]をクリックします。
  • 名前を編集するには、名前の右側にある鉛筆アイコンedit をクリックします。
  • チャットプロファイルに表示するミーティングリンクを選択するには、[ミーティングリンクを表示]スイッチをクリックしてそのオン/オフを切り替えます。
    • [ミーティングリンクを選択]ドロップダウンメニューをクリックし、優先ミーティングリンクを選択します。
    • ミーティングリンクと一緒に表示するテキストを [ミーティングリンクテキスト]フィールドに入力します。

conversation-profile-edit

  • [保存]をクリックします。

チャット会話に対応する

会話受信トレイでテキストエディターを使用してチャット応答を作成することができます。コンタクトレコードは、会話全体のすべてのコンテキストで右側のサイドバーに表示されます。

  • HubSpotアカウントにて、[コミュニケーション] > [受信トレイ]の順に進みます。
  • 左のサイドバーで、チャット会話をクリックします。
    1. 新しい所有者に会話を割り当てる場合、または、ボット会話を引き継ぐ場合は、左上の [アサイン対象者] ドロップダウンメニューをクリックします。
    2. 会話の下部にあるテキストエディターに回答を入力します。
    3. 別のチームメンバーでループする場合は、[コメント]タブをクリックします。@とチームメンバーの名前を入力し、[コメントを追加]をクリックします。
    4. リンクをコンタクトと共有するには、[リンクアイコン] link を使用します。
    5. ページクリップアイコン attachを用いて、デバイスまたはファイルマネージャーからの添付ファイルをコンタクトと共有します。
    6. 応答でセールスツールまたはサービスツールを使用する場合は、[挿入] をクリックしてから、次のいずれかを選択します。
    7. 各回答を送信する準備ができたら、[チャットを送信]をクリックします。
    8. チャットがクローズされると、 success [クローズ済みとしてマーク]をクリックしますrespond-to-a-chat-conversation-1

チャットの終了

チャット会話を終了するには、次の 3 つの方法があります。

  1. ユーザーが success[クローズ済みとしてマーク]をクリックすることにより、受信トレイからチャットを終了します。
  2. 訪問者はボットとのチャットを開始した後の期間に無効になります。時間はボットのセッションタイムアウト設定によります。
  3. 訪問者が自動ボットとチャットしています。ボットの設定で、[ユーザー入力を収集] チェックボックスがオンになっていません。この設定を無効にすると、訪問者がボットとのチャットを続行できません。

コミュニケーションが終了すると、訪問者は[新規チャットを開始]をクリックして新しいコミュニケーションを開始できます。conversations-start-new-chat

チャット履歴のE メール送信

既定でチャットが終了すると、チャットが終了すると、チャット履歴は自動的にコンタクトに送信されます。その後、その他のコンタクトに手動で記録を送信できます。

ご注意ください:コミュニケーションの終了後は、ボットコミュニケーションの履歴は自動的に送信されません。以下の手順に従って、手動で記録を送信できます。

  • HubSpotアカウントにて、[コミュニケーション] > [受信トレイ]の順に進みます。
  • 受信トレイで、クローズ済みチャットコミュニケーションを選択します。
  • クローズ済みチャットのウィンドウで、[続き] ドロップダウンメニューをクリックし、[チャット履歴を E メールで送信する] を選択します。

manually-send-transcript-from-inbox

  • [E メールアドレス] ドロップダウンメニューをクリックして、コンタクトのEメールアドレスを選択します。
  • [件名]フィールドで、件名のテキストを編集します。
  • [字幕を送信] をクリックします。 select-transcript-recipients

履歴は、コミュニケーションのタイムスタンプやチャットが発生したウェブサイトへのリンクも含めて、訪問者の受信トレイに直接送信されます。

chat-transcript

チャットウィジェットを自動的に開く

チャットウィジェットは、ウェブサイト訪問者が特定のページ URL を読み込むと、自動的に開きます。訪問者に送信する E メール、ランディングページ、その他マーケティングキャンペーン内のこれらの URL は、チャットウィジェットに直接リンクできるので、チームメンバーの 1 人とすぐにチャットできます。

チャットウィジェットの起動をトリガーするには、URL の終わりに#hs-chat-open を追加します。たとえば、マーケティング Eメールの CTA www.yourcompany.com/pricing/#hs-chat-open にリンクします。ページが読み込まれると、チャットウィジェットがすぐに開き、訪問者はセールスチームのメンバーとチャットを開始できます。open-chat-window