お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
Inbox

コミュニケーションルーティング ルールを管理します

更新日時 2019年 10月 31日

コミュニケーション受信トレイで受信メッセージの特定のルーティングルールを設定します。

ルーティングルールを編集します

ルーティングルールを設定すると、受信コミュニケーションを自動的に割り当てるか、受信トレイに未割り当てのコミュニケーションを手動でトリガーすることもできます。

注意:着信メッセージは、有料シートを持つユーザーにのみルーティングできます。ユーザーが有料の Sales Hub シートまたは Service Hub シートへのアクセス権を所有していない場合、ルーティングルールに含めることはできません。

Eメール

  • HubSpotアカウントにて、[コミュニケーション] > [受信トレイ]の順に進みます。
  • 左下の [受信トレイ設定] をクリックしてから、[チャット] を選択します。
  • 受信トレイの上にカーソルを置き、[編集] をクリックします。
  • 左のサイドバーメニューで、[自動化]を選択します。
  • [コミュニケーションを自動的に割り当て]スイッチをクリックしてオンに切り替えます。
  • [着信コミュニケーションを自動的に割り当て]ドロップダウンメニューをクリックし、ルーティングオプションを選択します。
    • 特定のユーザーおよびチーム:受信したコミュニケーションを選択したユーザーまたはチームにルーティングする。 [特定のユーザー]および[チーム] ドロップダウンメニューからユーザーまたはチーム名を選択します。
    • コンタクト所有者: 受信コミュニケーションをコンタクトの所有者にルーティングします。コンタクトには、レコードに割り当てられている所有者があり、cookie でトラッキングする必要があります。所有者がオフラインの場合、メッセージは訪問者の所有者に E メールで送信されます。
    • 未割り当て: 着信コミュニケーションは自動的に割り当てられません。ユーザーは、受信トレイからコミュニケーションを手動でトリガーすることができます
  • [保存]をクリックします。

ご注意ください:[特定のユーザーとチーム]ルーティングオプションを選択した場合、E メールコミュニケーションは[特定のユーザーとチーム]ドロップダウンメニューで指定されたエージェントにランダムに割り当てられます。

ライブチャット

  • HubSpotアカウントにログインした状態で[コミュニケーション]>[チャットフロー]を選択します。
  • チャットフローの上にカーソルを置き、 [編集]をクリックします。
  • 左側の [作成] タブをクリックします。
  • [受信コミュニケーションを自動的に送信] ドロップダウンメニューをクリックし、ルーティングオプションを選択します。:
    • 特定のユーザーおよびチーム:受信したコミュニケーションを選択したユーザーまたはチームにルーティングする。 [特定のユーザー]および[チーム] ドロップダウンメニューからユーザーまたはチーム名を選択します。複数のユーザーを選択した場合、新しいコミュニケーションは空いているユーザーにルーティングされます。
    • コンタクト所有者: 受信コミュニケーションをコンタクトの所有者にルーティングします。コンタクトには、レコードに割り当てられている所有者があり、cookie でトラッキングする必要があります。所有者がオフラインの場合、メッセージは E メールで訪問者の所有者に送信されます。所有していないコンタクトから既定のユーザーにメッセージを転送するには、[新規訪問者フォールバック]ドロップダウンメニューをクリックしてユーザーを選択します。
    • 未割り当て: 着信コミュニケーションは自動的に割り当てられません。ユーザーは、受信トレイからコミュニケーションを手動でトリガーできます
  • [保存]をクリックします。

ご注意ください:チャットが最も少なく、最も忙しくないユーザーが割り当てられます。2 人以上のユーザーが最も忙しくないと関連付けられている場合、過去 2 分間に受信トレイを使用したユーザーにチャットが割り当てられます。関連付けまだが存在する場合、チャットを最近割り当てられていないユーザーに割り当てられます

トリージ未割り当てのコミュニケーション

自動ルーティングルールを設定しない場合は、ユーザーは受信トレイの[未割り当て]ビューから E メールとチャット会話を手動で割り当てることができます。

  • HubSpotアカウントにて、[コミュニケーション] > [受信トレイ]の順に進みます。
  • 左のサイドバーメニューで、[未割り当て]ビューを選択し、未割り当てのコミュニケーションをクリックして開きます。
  • 左上の[アサイン対象者]ドロップダウンメニューをクリックして、名前を選択します。または、返信エディターに回答を入力し、[送信]をクリックして自分自身自身にコミュニケーションを自動的に割り当てます。
  • コミュニケーションを別のユーザーに再割り当てするには、自分自身に割り当てたコミュニケーションを開きます。左上の [アサイン対象者] ドロップダウンメニューをクリックし、別のユーザーを選択します。conversations-inbox-reassign-a-conversation

チャットコミュニケーションを再割り当てします 

コミュニケーションを別のユーザーに再割り当てするには、自分自身に割り当てたコミュニケーションを開きます。左上の [アサイン対象者] ドロップダウンメニューをクリックし、別のユーザーを選択します。conversations-inbox-reassign-a-conversation

離れている間、チャットコミュニケーションを自動的に再オープンしたときに再オープンすることもできます。 

  • HubSpotアカウントにて、[コミュニケーション] > [受信トレイ]の順に進みます。
  • 左下のアバタードロップダウンメニューをクリックします。
  • クリックして[離席中モード] スイッチをオンに切り替えてから、クリックして[返信を再割り当て] スイッチをオンに切り替えます。

away-mode