お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
Website Pages

GoogleタグマネージャーのコードをHubSpotページに追加する

更新日時 2019年 11月 21日

対象製品

Marketing Hub  Professional, Enterprise
Basic
HubSpot CMS

Googleタグマネージャーでは、HubSpot設定でページに追加できるコードスニペットを提供します。Googleタグマネージャーの詳細については、Googleのスタートガイドを参照してください。一般的な質問のページが含まれています。

Googleタグマネージャーからコードをコピーする

  • Google タグマネージャーアカウントにログインします。
  • [Admin(管理者)]のタブをクリックします。
  • [Container (コンテナ)]で、ドロップダウンからタグを含むコンテナをクリックします。
  • [Install Google Tag Manager (Google タグマネージャーをインストール)]をクリックします。 
  • 次の画面で、Google タグマネージャーコンテナのコードスニペット(1)と(2)をコピーできます。

Google タグマネージャーのコードを HubSpot ページに追加する

Googleは、JavaScriptコードスニペット(上記のスクリーンショットの「1」)を、 できるだけページの高い位置に置くことを推奨しています。これは、サイトヘッダー HTML フィールドの設定で実行できます。

また、Googleは<noscript>スニペット(上記のスクリーンショットの「2」)を、 開始<body>タグの後ろに置くことを推奨しています。ただし、ウェブサイトの設定に応じて、ページの他のセクションに追加できます。詳細については、Google タグマネージャーのドキュメントを参照してください。

HubSpotページのサイト全体の本文にコードを追加する場合は、終了タグの直前のみにコードを追加できます。</body>これは、[サイトフッターHTML]フィールドの設定で実行できます。

  • HubSpotアカウントにて、ナビゲーションバーに表示される[設定アイコン settings]をクリックします。
  • 左のサイドバーメニューで [ウェブサイト] > [ページ] の順に移動します。
  • [修正中]ドロップダウンメニューを使用してドメインを選択するか、すべてのドメインを選択して、HubSpot がホストしているすべてのドメインにコードを追加します。

注:コードを特定のドメインのヘッダーまたはフッターHTMLに追加すると、すべてのドメインのヘッダーおよびフッターHTMLに配置したすべてのコードが上書きされます。詳しくは、コードがページに適用される順序について参照してください。

  • Google タグマネージャーからコピーしたコードスニペットを追加します。
    1. Javascript コードスニペットを[サイトヘッダー HTML]フィールドに追加します。
    2. <noscript>コードスニペットを[サイトフッターHTML]セクションに追加します。
  • [保存] をクリックして変更を適用します。
/jp/cos-general/how-do-i-add-the-google-tag-manager-code-to-my-hubspot-pages