Call-to-Action(CTA)のベストプラクティス

更新日時 July 5, 2016

必要条件

ソフトウェア: HubSpot マーケティング
サブスクリプション: Basic, Pro, & Enterprise
このガイドでは、Call-To-Action(CTA)について説明し、CTAを用いてウェブサイト、ブログ、Eメールなどを最適化する方法についてご紹介します。

Call-To-Action(CTA)とは?

Call-To-Action(CTA)とは、ウェブサイトに設置するボタンやリンクのことで、見込み客をランディングページのフォームへの記入などへと導き、リードとなるよう誘導します。CTAは、潜在的な顧客が興味を持っている通常のコンテンツから、より付加価値の高いオファーを掲載したランディングページへと誘導するリンクです。リンク先は、サイトの訪問者がショートフォームに情報を入力したくなるような興味深い内容にします。

CTAには、有望な見込み客の関心を引くような、さまざまなフレーズが使われます。以下はその例です。

  • eBookを無料で今すぐダウンロード
  • 無料トライアルを開始
  • 予約はこちらから
  • 無料コンサルテーションを受ける

アカウントの種類に応じた製品の機能

CTAツールは、HubSpotアカウントの種類(ベーシック版、プロ版、エンタープライズ版)に応じて、さまざまな機能を提供しています。利用できる機能は以下のとおりです。

ベーシック版:標準CTA

プロ版:標準CTA、スマートCTA

エンタープライズ版:標準CTA、スマートCTA、CTAのA/Bテスト

HubSpotのウェブサイトでも、数多くのCTAが使われています。たとえば、このような感じです。

ベストプラクティス

定評のあるベストプラクティスに基づいてCTAを作成するには、以下のガイドラインに従ってください。

効果的なCTAにするには:

  • 思わずクリックしたくなるようなフレーズを用い、視覚的に目立たせる
  • 簡潔にする。単語数はなるべく少なくすること
  • 行動を促す表現を使う。「ダウンロード」や「登録」などわかりやすい表現がよい
  • ウェブページのフローに合った見やすい場所に設置する
  • ウェブページの配色と対比する色を使いながらも、全体のデザインや雰囲気に合うようにする
  • 離れた位置からも見えるような大きさにする。ただし、ページのメインコンテンツから注意がそれるほど大きくならないようにすること
  • わかりやすく明確に。CTAをクリックしてランディングページに行くと何ができるのかをはっきりと示す

HubSpotのCTAツール

HubSpotダッシュボードから、[Content(コンテンツ)] > [Calls-to-Action(CTA)]の順に進みます。

これがCalls-to-Action(CTA)ダッシュボードです。

CTAの用途

CTAには、さまざまな形やサイズ、色があります。リードや顧客の関心を引く、イベントの参加者を増やす、などあらゆる状況に応じた豊富な選択肢があります。CTAの活用方法のアイデアについては、以下のCTAに関するヒントをご覧ください。さらなるアイデアを得るための情報については、こちらのブログ記事をご覧ください。

1.リードを生み出すCTA

このCTAの目的は、訪問者の関心を引いてリードに変えることです。そのため、初めてウェブサイトを訪れる大勢の人が見るページ、たとえばブログなどにCTAを設置するとよいでしょう。設置するのに最適なのは、投稿の最後、サイドバー、画面の隅のフローティングバナーなどです。

これがリードを生み出すCTAの例です。

2.ソーシャルシェアリングCTA

当たり前のことのようですが、TwitterやFacebookなどのソーシャルネットワークへのシェアボタンを使うと、効果的かつ簡単に訪問者とつながりを持つことができます。このCTAはブログ記事やランディングページに置きましょう。ただし、個人情報を送信するような箇所には設置しないよう、注意が必要です。

どのように表示されるか、具体例をご覧ください。

3.リードナーチャリングCTA

製品を購入してもらえるようリードを誘導するには、まず、製品のデモや無料トライアルなど、製品に直接関連するオファーを提示することが必要です。このタイプのCTAは、リードが定期的に訪れる、戦略的な場所に設置してください。ブログ記事や、他のオファーのサンキューページにスマートCTAを表示させるのもよいでしょう。

どのように表示されるか、例をご覧ください。

4.販売や契約につなげる

CTAの活用は、リードを顧客に変えるのに効果的です。このCTAの目的は、潜在的な顧客がCTAをクリックするかどうかを考えているその瞬間に、その場で製品やサービスを購入してもらうよう誘導することです。フレンドリーで明確なCTAを用意し、見込み客があなたの企業とつながりを持つことに抵抗を感じないようにしましょう。このタイプのCTAは、製品ページに設置するとよいでしょう。スマートCTAをブログ記事の最後に設置するのも効果的です。

販売に重点を置いたCTAの例をご覧ください。

5.イベントの宣伝

イベント宣伝用のCTAを使って、イベントについて周知し、訪問者の関心を引きましょう。CTAによって、イベントの情報入手や登録を簡単に行えるようになります。このCTAをウェブサイトのどこに設置するかについては、無限の選択肢があります。あらゆるタイプのターゲットに向けてメッセージを発信することができます。

イベントの宣伝を目的とするCTAの例をご覧ください。

前の記事

次の記事