ライフサイクルステージに基づいたスマートCall-to-Action(CTA)の作成方法

更新日時 July 5, 2016

必要条件

ソフトウェア: HubSpot マーケティング
サブスクリプション: Pro & Enterprise

Call-To-Action(CTA)とは、ウェブサイトに配置するボタンやリンクのことで、ランディングページのフォームを通じて見込み客のリードへのコンバージョンを誘導するものです。

スマートCTAでは、訪問者がどのコンタクトリストに属しているかに応じて異なるボタンを表示することができます。 スマートCTAは、Professional版Enterprise版のお客様のみご利用いただけます。

一般的な使用例

  • 見込み客、リード、顧客向けにそれぞれ異なるメッセージを作成する:コンタクトのニーズは時間とともに変わります。そして、マーケティングもその変化に対応する必要があります。スマートCTAを使用することにより、訪問者のライフサイクルステージに基づいて異なるメッセージを設定することができます。初期ステージのCTAはTOFU (Top Of The Funnel)オファー用とし、さらにステージを進んだ場合には、リードをデモやセールスコンサルテーションへと誘導することができます。
  • 業種、マーケティングペルソナ、関心レベル、地域、その他のコンタクトプロパティによってメッセージをカスタマイズする:Professional版およびEnterprise版では、コンタクトリストに属しているかどうかに基づいてスマートCTAを割り当てることができます。コンタクトプロフィール内のあらゆるプロパティを含めることができる幅広い条件を使ってスマートコンタクトリストを作成できます。つまり、複数の業種にそれぞれ異なるマーケティングペルソナを設定した場合、そのペルソナの関心対象をサイトに反映することができます。特定地域のリードまたは顧客に特別なサービスを提供する場合、そのコンタクト向けにメッセージを変えることができます。または、最もエンゲージメントが高い顧客に特別なオファーを提供することもできます。

手順

訪問者のライフサイクルステージ基づいたスマートCTAを作成する方法については、以下の手順に従ってください。

1.[Content(コンテンツ)] > [Calls-to-Action(CTA)]に移動する

ダッシュボードから、[Content(コンテンツ)] > [Calls-to-Action(CTA)]の順に移動します。

2.スマートCTAルールを作成する

[Create a smart CTA(スマートCTAルールを作成)]ボタン内の下向き矢印をクリックして、[Create a Smart CTA(スマートCTAルールを作成)]を選択します。

3.スマートCTAのタイプを選択する

ポップアップウィンドウで、[Lifecycle Stage(ライフサイクルステージ)]ボタンをクリックして、訪問者のライフサイクルステージに基づくCTAを作成します。[Create Smart CTA(スマートCTAを作成)]ボタンをクリックして、プロセスを完了します。

4.スマートルールを選択する

特定のライフサイクルステージにいるコンタクトにこのCTAが表示されるようにするスマートルールをCTAに追加します。 ドロップダウンメニューからこのルールの対象とするライフサイクルステージを選択します。ライフサイクルステージは好きなだけ追加できます。 ライフサイクルステージを選択したら、[Next Step(次のステップ)]ボタンをクリックします。

5.新しいルールを適用するCTAを選択する

新しいルール条件を満たす訪問者に対して使用するCTAボタンを選択します。使用できる既存のCTAがない場合は、[Create a new CTA(新規CTAを作成)]を選択します。CTAを選択したら、[Use Selected CTA(選択したCTAを使用)]ボタンをクリックします。

6.デフォルトのスマートCTAを選択する

次のポップアップウィンドウでは、デフォルトのCTAとして使用するCTAを選択します。デフォルトのCTAは、どの条件も満たさない訪問者に対して表示されます。使用できる既存のCTAがない場合は、[Create a new CTA(新規CTAを作成)]を選択します。CTAを選択したら、[Done(完了)]ボタンをクリックします。CTAの作成方法を再確認するには、ここをクリックしてください。

7.スマートCTAルールを表示する

これで、スマートCTAルールは完成しました。設定したスマートCTAルールを確認してください。コンタクトが指定のライフサイクルステージにいる場合、このスマートCTAが表示されます。そして、コンタクトがどのスマートCTAルールにも一致しないライフサイクルステージにいる場合、デフォルトのCTAが表示されます。

スマートCTAルールの内容は、ギアアイコンをクリックして、[Edit smart rules(スマートルールを編集)]を選択することにより確認できます。 

スマートCTAルールページでは、次のことを行うことができます。

  • ルールの追加
  • CTAの編集
  • 別のボタンへのCTAボタンの交換
  • 既存のスマートルールの削除

8.新しいスマートCTAのパフォーマンスを分析する

メインCTAダッシュボードの[Details(詳細)]リンクをクリックすると、スマートCTAのパフォーマンスを確認できます。

ここでは、各CTAの閲覧数とクリック数、そのCTAによって誘導されたフォーム送信率と送信回数を確認できます。スマートCTAボタングループ全体のパフォーマンスを確認することもできます。さまざまなルールについてパフォーマンスが低い場合、CTAボタンの編集または交換を検討してみてください。+アイコンをクリックして、使用中のCOSコンテンツ別に各CTAのパフォーマンスの内訳を表示することもできます。Enterprise版のお客様は、A/Bバリエーションテストを実行できます。A/Bバリエーションテストを作成する方法については、このガイドを参照してください。

CTA詳細ページからスマートルールを編集することもできます。

前の記事

次の記事