メインコンテンツにスキップ
お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
Deals

取引レコードを操作する

更新日時 2021年 6月 11日

対象製品

すべての製品とプラン

HubSpotでは取引を使用して収益の可能性を追跡できます。取引の作成は、製品やサービスに関するミーティングの約束など、収益につながり得る何らかのアクションをプロスペクトが起こしたタイミングで行います。

作成したら、やりとりするコンタクトと会社に取引を関連付ける必要があります。これにより、コンタクトと会社のレコードの該当する情報を取引レコードに取り込むことができます取引レコードを使用して、取引に関する情報を分析、理解および記録できます。

取引レコードを表示する

  • HubSpotアカウントにて、 [セールス] > [取引]の順に進みます。
  • 取引のインデックスページで、操作する取引を見つけ、その名前をクリックします。そのレコードが表示されます。

概要とアクション

左側のパネルには、取引レコードのプロパティーと、実行できるアクションが表示されます。詳しくは、管理者アクセス権が付与されているユーザーがすべてのユーザーとチームに対して表示される左側のサイドバーをカスタマイズする方法についての説明を参照してください。

  • 上部で、レコードのプライマリープロパティーを表示して編集します。edit(鉛筆アイコン)をクリックして名前を編集し、[クローズ日]ドロップダウンメニューをクリックして新しいクローズ日を選択し、[ステージ]ドロップダウンメニューをクリックして取引ステージを更新できます。
  • 左側のパネルの右上にある[アクション]ドロップダウンメニューをクリックします。
    • [フォロー]:レコードをフォローする場合にクリックします。既定では、所有するすべてのレコードをフォローします。レコードをフォローすると、レコードの更新に関する通知が送信されます。
    • [すべてのプロパティーを表示]:レコードのすべてのプロパティーを表示する場合にクリックします。
    • [プロパティーの履歴を表示]:レコードのプロパティー値の履歴を表示する場合にクリックします。
    • アクティビティーを復元クリックすると過去90日以内に削除された関連エンゲージメントを表示し、復元します。

取引タイムラインでアクティビティーを記録および表示する

中央のパネルには、取引に関連するアクティビティーが時系列順に表示されます。最新のアクティビティーが一番上に表示されます。以下の方法でアクティビティーを絞り込むことができます。

  • レコードの上部で、[すべて展開]または[すべて折りたたむ]をクリックして、すべてのタイムラインアクティビティーの詳細を展開するか、折りたたみます。

    expand-or-collapse-all
  • アクティビティーをタイプによってすばやく絞り込むには、上部のタブをクリックします。

  • さらに特定のアクティビティーに絞り込むには[絞り込み条件]ドロップダウンメニューをクリックします。
  • [すべてのユーザー]または[すべてのチーム]ドロップダウンメニューをクリックし、ユーザーまたはチームを選択すると、そのユーザーまたはチームが所有するアクティビティーに絞り込まれます。

  • 特定のアクティビティーを検索するには、右上のsearch(検索アイコン)をクリックします。入力した条件に基づいて、ツールはタイムラインアクティビティーで以下のフィールドを検索してアクティビティーを取得します:
    • タスクの件名
    • タスク本文
    • メモ本文
    • コール本文
    • Eメールの件名
    • ミーティング本文
  • 特定のアクティビティーの詳細を折りたたむには、アクティビティーの左上にあるdown下矢印をクリックします。詳細を展開して編集するには、アクティビティーの左上にあるright右矢印をクリックします。

collapse-activity-on-contact-record

関連レコードと追加ツール

右側のパネルで、レコードに関連付けられている他のレコードとツールを表示します。セクションをドラッグして再配置できます。

関連レコード

これらの関連付けは、各レコードタイプのセクション(「コンタクト」、「会社、「チケット」など)の下に表示されます。詳しくは、異なるレコード間の関連付けについての説明を参照してください。

取引レコードを別のレコードに関連付けるには、次のようにします。

  • 関連レコードタイプセクションで[追加]をクリックします。
  • コンタクトに関連付ける新しいレコードを作成することも、既存のレコードをコンタクトに関連付けることもできます。
    • チケットを関連付ける新しいレコードを作成するには、[Create a new[record](新しい[レコード]を作成)]タブで、フィールドに情報を入力し、[作成]をクリックします。
    • 既存のレコードを関連付けるには、[既存の[レコード]を追加]タブをクリックして、レコードを検索し、検索結果の該当するレコードの横にあるチェックボックスをオンにします。[保存]をクリックします。

プレイブック(「Sales Hub」または「Service Hub Professional」および「Enterprise」のみ)

コンタクトとコミュニケーションする際には、プレイブックをクリックして、特定の事前定義の質問またはステップを表示できます。これによりコミュニケーションに備えて適切に準備できます。

商品項目(「Professional」と「Enterprise」のみ)

製品ライブラリー商品項目または新規に作成された商品項目を取引に関連付けることができます。これにより、ユーザーが取引での販売内容とその価格を確認できます。

  • 取引レコードに関連付けられた商品項目が存在しない場合は、[商品項目を追加]をクリックします。取引レコードに関連付けられた既存の製品はあるがそれを変更したい場合は、[商品項目を編集]をクリックします。
  • 製品ライブラリーにすでに作成されている製品を関連付けるには、[ライブラリーから追加]をクリックします。 
  • 新しい製品を関連付けるには、[品目を作成]をクリックして、右側のパネルに詳細を入力し、[保存]をクリックします。
  • 関連付けられている各製品の数量を入力します。
  • [保存]をクリックします。

製品商品項目の使用方法を確認してください。 

見積もり

販売が成立したら、見積もりドキュメントを作成できます。このドキュメントは、取引に関連付けられているコンタクトに送信できます。レコードの商品項目に関する詳細を含む見積もりを作成するには、取引レコードで[見積もりを作成]をクリックします。

添付ファイル

[ファイルをアップロード]または[ファイルを追加]をクリックして、取引レコードにファイルを添付することができます。記録されたEメールの一部として、取引レコードに関連付けられているコンタクトに送信された添付ファイルを表示することもできます。

Salesforce同期(「Professional」および「Enterprise」のみ)

[Salesforceの同期]セクションは、HubSpotとSalesforceの連携がインストールされている場合にのみ表示されます。取引レコードがSalesforceと同期されているかどうかが示されます。取引がSalesforceと同期されていない場合、または取引が確実にSalesforceの商談レコードと同期されているようにしたい場合は、[今すぐ同期]をクリックします。

アトリビューション(「Marketing Hub Enterprise」のみ)

 [アトリビューション]セクションで、マルチタッチ収益アトリビューションレポートを作成できます。