System Templates(システムテンプレート)を使用してエラー、購読、パスワード入力ページをカスタマイズする方法

更新日時 July 1, 2016

必要条件

ソフトウェア: HubSpot マーケティング
サブスクリプション: Basic, Pro, & Enterprise

HubSpotを使用すると、デザイナーとマーケターは、複数のタイプのシステムテンプレートを構築および作成できます。システムテンプレートは、HubSpotによって自動的に生成される特定のタイプのページのベースとして使用されます。

システムページテンプレートには、以下のものがあります。

  • エラーページ - 存在しないページに到達したか、技術的な問題が発生したことをユーザーに通知する404および500エラーページ。
  • パスワード入力ページ - パスワードを使用してロックしたコンテンツのパスワード入力画面。
  • 購読ページ - すべてのEメールのうち、どのEメールを購読し、どのEメールを購読解除するかをEメール受信者が管理できる購読設定ページ。
  • 購読解除バックアップページ - 購読解除しようとしているEメール受信者に対して、HubSpotがそのEメールアドレスを判断できない場合に表示されるページ。
  • 購読更新ページ - Eメール受信者が購読設定を更新するときに表示される確認ページ。

各システムテンプレートには、標準のHubSpotモジュールに加えて、そのテンプレートタイプにのみ追加できる特別なモジュールがあります。たとえば、パスワード入力モジュールは、パスワード入力テンプレートを作成する場合のみ利用できます。 モジュールの一覧については、こちらの記事をご覧ください

手順

以下では、新しいシステムテンプレートを作成および設定する手順を説明します。

デザインマネージャーに移動

テンプレートビルダーを使用して、システムページの新しいテンプレートを作成します。この例では、404エラーページ用のテンプレートを作成します。以下の手順に従って、テンプレートビルダーでサイトを構築する方法を確認してください。

[Content(コンテンツ)] > [Design Manager(デザインマネージャー)]の順に進みます。

HubSpot Help article screenshot

新規テンプレートを作成

新しいテンプレートを作成するには、アプリの右側の青いボタンをクリックします。 テンプレートフォルダーとコードファイルフォルダーのどちらが選択されているかによって、ボタンには[New template(新規テンプレート)]または[New coded file(新規コードファイル)]と表示されます。 どちらにしろ、ボタンをクリックした後からでも、テンプレートと新規コードファイルのどちらを作成するかはいつでも選択できます。

すでにテンプレートファイルやコードファイルを開いている場合は、新しいタブ([+Tab(+タブ)])をクリックします

Create System template

システムテンプレートのタイプを選択

[Template Builder(テンプレートビルダー)][System(システム)]を選択し、作成するシステムページのタイプを選択します。いくつかのシステムページには特別なモジュールタイプがあることに注意してください。この例では、エラーページを作成します。

[Create(作成)]をクリックし、テンプレートに名前を付けてから保存します。

Create system template

テンプレートをカスタマイズ

HubSpot Academy

ベストプラクティス

システムテンプレートを構築する際には、気を付けた方がよい点がいくつかあります。

エラーメッセージのテンプレートは、好ましくない状況下でユーザーとの信頼関係を構築する機会を提供するものです。404テンプレートを使って他のコンテンツを提案したり、検索モジュールを提供したりしてください。500エラーページでは、状況に由来するイライラを和らげるためのユーモアも発揮できます。 Twitterで処理能力を超えるなどの障害が発生したときに表示される「クジラ」は、この代表的な例です。

Eメール受信者が、特定のEメールタイプまたはすべてのEメール通信からのオプトアウトを選択する場合もあります。購読ページを上手に使えば、そのような場合に再び受信者と接触する機会を得ることができます。たとえば、購読更新テンプレートでは、ユーザーが購読解除した後で考えを変えた場合に備えて、特定のEメールタイプまたはすべてのEメールにオプトインし直す方法を通知できます。

続きを読む

テンプレートを保存したら、テンプレートを構成して、デフォルトのコンテンツをカスタマイズできます。編集したいモジュールのギアアイコンをクリックし、[Edit Options(オプションを編集)]を選択します。 これにより、そのモジュールのデフォルトのコンテンツを編集できるようになります。

このテンプレートからはページを作成しません。代わりに、ユーザーがこれらのページの1つを見たときに、システムがユーザーに合わせてページを作成します。このため、デフォルトのコンテンツによって、エンドユーザーに表示されるコンテンツが決まります。

デフォルトのコンテンツの編集の詳細については、こちらの記事をご覧ください

コンテンツ設定でシステムテンプレートを選択

サイト用のパスワード入力テンプレートやエラーページテンプレートを選択するには、[Content Settings(コンテンツ設定)] > [Content Settings(コンテンツ設定)] > [Page Publishing(ページの公開)]に移動します。ここには、404および500エラーテンプレートや、パスワード入力テンプレート用のオプションが含まれます。

HubSpot Help article screenshot

購読設定ページを設定するには、[Content(コンテンツ)] > [Content Settings(コンテンツ設定)] > [Email(Eメール)]に移動します。 [Subscription Settings(購読設定)]という見出しの下で、購読ページテンプレートを選択できます。

HubSpot Help article screenshot

前の記事

次の記事