ショッピングカートの統合について

更新日時 November 6, 2017

必要条件

ソフトウェア: HubSpot マーケティング
サブスクリプション: Basic, Pro, & Enterprise
eコマースストアからHubSpotにデータを送信する統合が完了したら、次にすることは何でしょうか。この記事では、ショッピングカートの統合の動作について概要を紹介し、eコマースストアからHubSpotにどのデータが取り込まれるのかを説明します。

コンタクトのインポート開始

ショッピングカートの統合を完了すると、コンタクトとデータを含むショッピング カート データベース全体がHubSpotアカウントに一括インポートされます。 

統合によって新たに追加されたコンタクトを確認するには、[Contacts] > [All Contacts]をクリックします。この画面では、既定の設定では、コンタクトが最も新しいものから順番に表示されます。

HubSpot Help article screenshot

eコマースのデータベースからHubSpotに、コンタクトとそれに関するすべてのデータが取り込まれたら、既存顧客についてセグメント化、分析、マーケティングを始めることができます。

コンタクトには、簡単にセグメント化できるように、一意のeコマース コンタクト プロパティーが付与されます。

前述したように、ショッピングカートの統合が完了すると、既存のコンタクトがeコマースのデータベースからHubSpotにインポートされます。

eコマースデータベースで新しいコンタクトを作成すると、わずかな時間差でコンタクトデータベースにも新しいコンタクトが作成されるようになります。 コンタクトは、チェック アウト プロセスの進行に応じて、ショッピングカートからリアルタイムに同期されます。

[Contacts] > [All Contacts]をクリックすると、[Recent Conversion]列でステータスを確認できます。統合に応じて、「Order complete」、「Last Order Summary」、「Abandoned Cart」といったステータスが表示されます。

HubSpot Help article screenshot

ここで、ショッピングカートに進んだコンタクトをクリックし、左にある[View all properties]ボタンをクリックします。

HubSpot Help article screenshot

この画面には、HubSpotのコンタクトのプロパティーのうち、ポータルで現在利用可能なものがすべて表示されます。下にスクロールすると、[Contact Information]、[Email]、[Social]などのプロパティーグループが並んでいます。さらにスクロールすると、ショッピングカートに関連するプロパティーグループがあります。Magentoのプロパティーグループを持つコンタクトの例を以下に示します。

HubSpot Help article screenshot

これらのプロパティーには、コンタクトの最新の購入に関するデータ、全期間の顧客データ、購入が中断されたカート(かご落ち)のデータなどが含まれています。この情報は、HubSpotで次の用途に利用できます。

このガイドの次の記事では、ショッピングカートの統合をさらに活用し、このデータをもとにコンタクトをセグメント化する方法について、より詳しく説明します。

前の記事

次の記事