メインコンテンツにスキップ
お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
Connected Email

HubSpot Sales Office 365アドインのトラブルシューティング

更新日時 2022年 5月 17日

対象製品

すべての製品とプラン

下記の情報は、Office 365アドインの特定の問題をトラブルシューティングするためのものです。

ご注意:HubSpot Sales Outlookデスクトップアドインを使用している場合は、代わりにこちらの記事を参照してください。

Office 365アドインをインストールできない

アドインのインストールで問題が発生している場合、次の要件を満たしていることを確認してください。

  • サポートされるするバージョンのOutlookを使用していること。

ご注意:MicrosoftストアからインストールされたOutlookはHubSpot Sales Office 365アドインと互換性がありません。Outlookバージョンを確認してClick-to-runであるかどうかを確認してください。 

  • Microsoftストアにアクセスできること。
  • 受信トレイでサードパーティーのアドインを使用するために必要な権限をEメール管理者から付与されていること。
  • 複数の受信トレイを使用する場合、それぞれの受信トレイでアドインを追加していること。
  • 受信トレイを接続していること

アドインがOutlookデスクトップでグレーアウトされている

Outlook for PCまたはOutlook for Macを使用していて、閲覧ウィンドウが無効または非表示になっている場合、アドインはグレーアウトされます。Outlook for PCの場合はこちらのMicrosoftの記事Outlook for Macの場合はこちらのMicrosoftの記事に従い、閲覧ウィンドウを有効化してください。

Outlook for PCのOffice 365アドインがメインのOutlook受信トレイリボンとOutlookメッセージリボンの両方でまだグレーアウトされたままになっている場合は、Outlookプログラム自体で問題が発生しています。Outlookを閉じてもう一度開いてみてください。

grayed-out-add-in

アドインがメインのOutlook受信トレイリボンでは有効だがOutlookメッセージリボンではグレーアウトされている場合は、下記の手順をお試しください。  

grayed-out-compose-window

  • 最初に、Eメールが暗号化されているかどうかを確認します。そのためには、ITチームに問い合わせる必要がある場合があります。
  • Eメールが暗号化されていない場合は、Outlookの修正を試みてください。
    • Windowsの[スタート]メニューを開きます。
    • [Uninstall a program(プログラムのアンインストール)]または[Add or remove programs(プログラムの追加と削除)]を検索して選択します。
    • [Outlook]または[Microsoft Office]プログラムを見つけてクリックし、[Modify(修正)]または[Change(変更)]をクリックします。
    • ダイアログボックスが表示され、[Repair(修復)]モードを選択するよう要求されます。[Online Repair(オンライン修復)]を選択し、[Repair(修復)]をクリックします。

Outlook on the webでアドインが非表示になっている 

アドインはOutlook on the webのメニューで非表示になる場合があります。アドインがツールバーで常に表示されるように、メニューでアクションをカスタマイズする方法を参照してください。

受信トレイ接続ループから抜け出せない

アドインで受信トレイを接続するように指示されるがループに入る場合、受信トレイがエイリアスになっている可能性があります。Officeではエイリアスを使用してサインインできますが、HubSpotに接続できるのはプライマリーEメール受信トレイアカウントのみです

Office 365アドインをインストールするときにサインインを要求された場合は、プライマリーEメールアドレスを使用してサインインする必要があります例えば、tom@acme.comのEメール エイリアス アカウントを持っているがプライマリーEメールアドレスがtom.anderson@acme.comである場合は、tom.anderson@acme.comを使用して接続する必要があります。プライマリーEメールアドレスが不明な場合は、ITチームにご確認ください。

プライマリーEメールアドレスを確認したら、次の手順に従います。

  • こちらの手順に従い、Outlookでプロファイルを変更し、現在のEメールアドレスをプライマリーEメールアドレスに更新します。
  • エイリアスではなくプライマリーEメールアドレスをアドインに接続します。

プライマリーEメールアドレスが接続されたら、Outlookで引き続きエイリアスを使用できるようになり、受信トレイ接続ループが終了します。

ログインのループにはまる

Web上のOutlookでOffice 365アドインを使用していて、HubSpotアカウントへのログインを繰り返し求められる場合は、Webブラウザの設定を確認し、サードパーティCookieをブロックしていないことを確認してください。お使いのブラウザに対応したドキュメントを以下に示します。

アドインのペーンが読み込まれない

デバイスでmacOS CatalinaSafari 13を実行している場合に、Outlook on the webまたはOutlook on the desktopを使用していると、Office 365アドインのサイドペーンが読み込まれないことがあります。この原因はSafariのセキュリティー設定にあり、この設定は下記の手順に従って更新できます。

  • デバイスでSafariを開きます。 
  • 画面上部のメニューバーで、[Safari] [設定]をクリックします。 
  • [プライバシー]タブをクリックします。 
  • [サイト越えトラッキングを防ぐ]チェックボックスをオフにします。

disable-cross-site-tracking

Eメールがトラッキングされていない

Office 365アドインを使用しているときにEメールがトラッキングされない場合は、いくつかの理由が考えられます。

office-365-tracking-turned-off

Azure Active Directoryの設定エラー

このアプリケーションは設定が間違っているため、アクセスできません」というエラーが表示されることがあります。IT 部門に連絡して、次の情報を含めてください: アプリケーション 'HubSpot Sales' のサインオン URL が未定義です」。これは、お客様の会社のメールプロバイダーのAzure Active Directoryの設定に問題があることを示しています。

このメッセージはHubSpotからではなく、Azure Active Directoryの設定から送信されます。この問題を解決するには、ITリソースと連携する必要があります。この場合、HubSpotでは、ITチームまたはOffice 365管理者がHubSpotへのアクセスを許可することをお勧めします。アドインを集中的に導入している場合は、
マイクロソフトのこのヘルプドキュメントを参照してください。

デバッグログ

HubSpotサポートと協力してO365アドインをトラブルシューティングしているときに、デバッグログを提供するように指示されることがあります。アドインをインストールすると、レポートログに情報が保存されます。アドインが正常に動作しないときには、これらのログはサポートチームがアドインの動作を詳しく調べるのに役立ちます。

  • Office 365受信トレイで、左上の[+新規メッセージ]をクリックします。
  • Eメール作成ウィンドウの右下にあるHubSpotスプロケットアイコンをクリックします。 
  • 右側のパネルで[その他]セクションまでスクロールして、[アドイン設定]をクリックします。 
  • [ヘルプ&トラブルシューティング]を選択します。
  • [さらにヘルプが必要ですか?]を選択し、[デバッグログを送信]をクリックします。これにより、デバッグログの内容がEメール作成ウィンドウに入力され、[宛先]フィールドに既定のEメールアドレスが入力されます。
  • ログをサポートスペシャリストに送信するには、[宛先]フィールドにEメールアドレスを入力し、[送信]をクリックします。

send-debug-logs-o365-2